本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 直結式コース戦略講座 > G1レース3連勝中! 宝塚記念も直結で大的中だ!


コラム

奥田 隆一郎
奥田 隆一郎

直結式コース戦略講座

プロフィール・関連コンテンツ


2017年06月22日

G1レース3連勝中! 宝塚記念も直結で大的中だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
単行本『「直結コース」の激走馬を買うだけで高配当が鮮やかに当たる「直結式」馬券術』担当編集者(以下、編) 奥田さん、いよいよ春のオーラス宝塚記念ですね。

奥田隆一郎(以下、奥) 11頭立てとちょっと寂しいレースになっちゃったけど、配当は賑やかにいきたいね。

編 賑やかになりますかね、この頭数で。

奥 堅い可能性はあるけど、荒れないとも言い切れないんだよね。いままでの宝塚記念の結果を見ればわかるけど、断トツの1番人気に支持された馬って、このレース勝ってないんだよ。

編 たしかに単勝1倍台の馬って、ダメですよね。ゴールドシップとか、去年のデュラメンテも負けましたし。

奥 でしょ? そもそも1番人気馬自体の勝率がすごく低いレースなんだけど、その理由も明快。

編 え、なんでですか?

奥 まず1番人気に支持されるってことは、基本的には春の成績が良かったということだよね。

編 そうですね。

奥 天皇賞とかを目一杯走って、疲れが残っている、調整が難しいという体調面があるよね。それに加えて、雨が多い季節で馬場が向かなかったり、あとは内回りコースというのもあって、まぎれやすい。外回りで強い勝ち方をした馬が人気になりやすいというのもあるけど。

編 体調面。馬場、適性と不安があるのか。

奥 そう。だから、おそらくキタサンブラックが断トツの人気になると思うけど、そのあたりもちゃんと見極めたうえで勝負しないとね。

編 伏兵馬に食われちゃう可能性もあると。

奥 もちろん。

編 お〜、いいですね。なんと言っても奥田さんは現在G1レース3連勝中ですからね。

奥 ああ、オークス、ダービー、安田記念か。

編 ええ。特に安田記念では3連単28万3,000円と超高配当をゲット! あれはシビれたわ〜。宝塚記念もあれくらいの配当だと嬉しいんだけどな。

奥 さすがにそれはどうかと思うけど(笑)、まあ、可能性がゼロじゃない限りは狙っていきますよ。もちろん的中を第一に考えたうえでね。

編 よろしくお願いします! では、そのキタサン崩しの一角を担う、現時点での注目馬を教えていただきましょうか。

奥 そうね。じゃあ、まずはサトノクラウンに注目。

編 いままでG1で勝ち切れなかったのがウソかのように、サトノのG1ラッシュですよね。

奥 そうね。そういう流れもあるよね、競馬って。

編 それに加えて、適性的にもチャンスありと。

奥 もちろん。直結コースの京都芝2200mで行われた京都記念を2年連続で勝っているしね。

編 同距離の重賞ですもんね。

奥 そうね。3歳時には直結する東京芝2400mで行われた日本ダービーで3着という実績もあって、距離巧者ということに加えて、複数の直結コースの重賞激走馬になるんだ。

編 たしかに。

奥 去年の宝塚記念は海外遠征帰りの緒戦で調整が難しかったけど、今回は大阪杯からの直行で、かなり調整しやすかったと思うんだ。

編 緒戦から動ける状態にあるということですね。

奥 そういうこと。前走からの1ハロン延長は好材料だし、ベストの距離で変わり身が期待できるよ。

編 なるほど。

奥 続いてチェックするのはミッキークイーン。

編 一昨年のオークス馬ですね。あ、日本ダービーが直結コースということは、オークスもそうか。

奥 もちろん。それに3走前には直結コースの中山芝2500mで行われた有馬記念を5着に好走しているんだけど、牡馬の強豪を相手にしてあの競馬は善戦したと言っていい。

編 ですよね。

奥 ここ2走はマイル戦に出走したけど、本来は中距離千を得意とする馬だしね。

編 そうですよね。ミッキークイーンが勝ったG1って2000mと2400mなわけで。

奥 そうそう。前走で凡走したマイル戦よりも今回のほうが向いた条件なので巻き返しを警戒しておかないと。それに宝塚記念はここ4年連続で牝馬が馬券圏内に好走しているし。

編 おお、たしかに。今年はミッキークイーンが紅一点ですから。要チェックですね。

奥 11頭立てでもあるし、現時点ではこの2頭に注目かな。

編 わかりました。今期G1のラスト、期待しています! では週末の【直結式 勝負予想】よろしくおねがいしま〜す。


【直結式 勝負予想】 http://foomii.com/00055
【直結式 重賞対談】 http://foomii.com/00054


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ