本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 直結式コース戦略講座 > いよいよ今年もラスト1開催! 一気にプラス収支確定だ!


コラム

奥田 隆一郎
奥田 隆一郎

直結式コース戦略講座

プロフィール・関連コンテンツ


2014年12月04日

いよいよ今年もラスト1開催! 一気にプラス収支確定だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
単行本『「直結コース」の激走馬を買うだけで高配当が鮮やかに当たる「直結式」馬券術』担当編集者(以下、編) 奥田さん、久々に中山での競馬が見られますね。

奥田隆一郎(以下、奥) そうね。果たしてどんな馬場になってるのか。あ、そうだ。先週ちょっと違うこと言っちゃって。

編 え、どのことですか?

奥 中山はスタンド改修のみでコースはいじってないって言ったけど、芝コースの路盤を改造したのを忘れてた。水はけを良くしてるんだよね。

編 あ、そうなんだ。

奥 今週の開催は(改修の影響で)もともと時計がかかるだろうなと思っていたから大した影響はないけど、今後は水はけのことも念頭に置いておかないとね。

編 たしかに、今年の中山ずっと雨や雪にたたられて大変でしたからね。ちょっとでも水はけが良くなれば、春ももうちょっといい馬場が維持できるでしょうし。

奥 故障馬も減るだろうから。

編 そうですね。こういう初めての馬場というのは予想も大変だと思うんですけど、さっそく土曜日にはステイヤーズSが行われますし、よろしくお願いしますね。

奥 大丈夫だよ。どういう馬場になるのかは大体わかるから。

編 まあ、奥田さんがそう言うときは大丈夫なんで、任せます(笑)。そうそう、それで本題。初めてと言えば、ジャパンCダート改めチャンピオンズCが中京ダ1800mを舞台に行われるんですよね。

奥 そうなんだよね。第1回ってなんか意地でも当てたくなるよね(笑)。

編 ああ、わかります。第1回ダービーとか、第1回天皇賞とか。

奥 いくつだよ(笑)。

編 たしかに(笑)。でもアレですね。直結理論は施行コースが替わっても、慌てる必要がないからいいですね。僕の知り合いの予想家さんはけっこう面倒みたいですよ。

奥 そうね。各馬の適性を把握できているというのと、その馬が中京ダ1800mのGIで走れるかどうかはわかるからね。その点はラクかな。

編 なにかほかに面倒なことがあるんですか?

奥 え〜と、クセでついつい阪神ダ1800mの直結コースを見ないように注意するとか。

編 はい、頑張って下さい。そんなくだらない話より、さっさと予想をお願いしますね。

奥 人には厳しいね〜、相変わらず(笑)。

編 お願いします!

奥 はいはい。じゃあ、まずはグレープブランデーをチェック。

編 あら、意外なところから名前を挙げてきますね。あ、でも前走、久々に好走したのか。

奥 そう。武蔵野Sね。近走は凡走続きだったんだけど、前走、直結コースの東京ダ1600mで久々に3着に激走。直結コースで復調気配を見せたよね。

編 ええ。近走の戦績からさすがに11番人気まで人気を落としてましたけど、正攻法の競馬で3着激走はさすがだなと。

奥 そうだね。その東京ダ1600mではフェブラリーSも勝っているし、その前には同コースの中京ダ1800mで行われた東海Sも勝っている。

編 つまり同コース+直結コースの激走馬ということですね。

奥 その通り。しかも重賞のね。当然ながらこのコースに対する適性は非常に高い。ある意味中京にコースが替わって、最も恩恵を受けるのはこの馬なんじゃないかな。

編 いいですね〜! 全然人気なさそうだし。

奥 続いてはクリソライトをチェック。

編 このところ地方交流重賞への出走が多くて、イマイチ掴み切れてないんですが。

奥 だから盲点になりやすいんだよね、こういう馬って。でもね、ローテーションなんかはすごくこのレース向きだよ。

編 へ〜。

奥 このレースの前身ジャパンCダートがそうだったんだけど、前走でJBCクラシックか、みやこSを好走した馬が活躍することが多いんだよね。

編 ああ、たしかにそうでした。

奥 今年は両レースのうち、JBCクラシックのほうがレベルが高く感じたからね。

編 それでクリソライトと。

奥 うん。もともと能力は高い馬で、ジャパンダートダービーを勝ったりもしているんだけどね、その後ちょっと気の抜けた走りが多くて人気も手頃でしょ。

編 たしかに。

奥 2走前の日本テレビ盃で完全復調とみて、好走を期待したいね。

編 なるほどね〜。中央での走りが少なくても、そのあたりをチェックすればよかったんですね。

奥 あとはホッコータルマエもいいね。

編 こちらはJBCクラシック4着馬。

奥 そうそう。ドバイ遠征からの復帰緒戦としては上々の結果でしょう。7カ月ぶりの競馬でもあったしね。

編 叩いた上積みは大きいですよね。

奥 そうだね。もちろんそれだけじゃなくて、この馬は、地方交流G1を5勝、中央でも直結コースの東京ダ1600mのフェブラリーS2着とか、同じく直結コースの阪神ダ1800mのジャパンCダート3着の実績があるんだ。要は適性×実績の両面から高く評価できるんだ。

編 それにさっきのグレープブランデーが勝った東海Sでも3着に好走していますよね。

奥 そうなんだよ。今回も一緒に馬券に絡む可能性は十分。セットでチェックしておくのもいいよね。とりあえず現時点ではこの3頭に注目ということで。

編 わかりました。なかなか最終結論が楽しみなメンバーが集まりましたよね。

奥 僕は馬券が当たるのが楽しみだよ(笑)。最終結論は、まあ、ほぼ決まってるのでね。

編 あ、もう決まってるんだ〜。

奥 いやいや、絶対にまだ教えないから。

編 ちぇっ。じゃあ、しょうがない、週末まで待つか。

奥 そうして下さい。


【直結式 勝負予想】 http://foomii.com/00055
【直結式 重賞対談】 http://foomii.com/00054


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ