本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 直結式コース戦略講座 > 適性馬がガンガン激走中! マイルCSでスカっと大的中だ!


コラム

奥田 隆一郎
奥田 隆一郎

直結式コース戦略講座

プロフィール・関連コンテンツ


2014年11月20日

適性馬がガンガン激走中! マイルCSでスカっと大的中だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
単行本『「直結コース」の激走馬を買うだけで高配当が鮮やかに当たる「直結式」馬券術』担当編集者(以下、編) くぅ〜!

奥田隆一郎(以下、奥) まあ、気持ちはわかるよ(苦笑)。僕も昨日(日曜日)は、くぅ〜!な感じだったからね。

編 あ、やっぱり。そりゃ、そうですよね。昨日のエリザベス女王杯は単勝10番人気のフーラブライドを本命◎指名。あそこまで走ったのに最後差されて僅差の4着とか。もう、なんとかならないのかと(笑)。

奥 脱力ものだよね。ちゃんと重い印を打った馬が上位に走ってきているだけに、余計にね。

編 ですよね〜。

奥 ただ、当たり外れがあってその点は申し訳ないんだけど、全体の勝負の流れというか、とくに重賞に関しての予想にはばっちり手応えを感じているんだよね。

編 ああ、たしかに。このところ【直結式 勝負予想】で重い印を打った馬って、きっちり上位を独占しているんですよね。

奥 そう。言い換えれば、適性の高い馬がちゃんと適性通りに走れる状況は整っているということでもあるよね。

編 だから天皇賞(秋)でも、「なんでこの馬が本命!?」と思った◎ラブイズブーシェが16人気ながら4着に好走したりしてるのか〜。

奥 本音が出たな(笑)。「なんでこの馬が本命!?」って。

編 いや、それは普通に驚くでしょ(笑)。見解を読んだら納得できるんですけど。

奥 まあ、たしかに16番人気だったからねぇ。

編 ただ、奥田さんがいつも言ってますけど、ふたケタ人気の穴馬が馬券圏内を争うのは「適性の高さ」の証明なんですよね。

奥 そうだよ。さっきも言ったけど、そういう馬(適性馬)がちゃんと走っているということは、これを続けていれば高配当だろうがなんだろうが、的中のチャンスはすぐそこにあるということ。自信を持って馬券を買ってもらいたいなと。

編 そうですよね。ま、重賞だけでも↓これだけ印上位の馬が走ってりゃ、今週末で一気に収支を伸ばす可能性も十分だと実感しますよね。

天皇賞(秋)
◎ラブイズブーシェ……4着(16人気)
○ジェンティルドンナ……2着
▲イスラボニータ……3着
(1着スピルバーグは△評価)

アルゼンチン共和国杯
◎クリールカイザー……2着(4人気)
○フェイムゲーム……1着
▲スーパームーン……3着

エリザベス女王杯
◎ フーラブライド……4着(10人気)
○ ヌーヴォレコルト…2着
▲ ラキシス……1着

奥 今週は3日も競馬があるし、楽しみは大きいよね。

編 あ、3日間開催か。いつもよりいっぱいレースがあるのか〜。

奥 ニヤニヤしすぎ(笑)。

編 あ、メルマガの配信スケジュールを教えてもらえます?

奥 はい。まずは【直結式 勝負予想】。こちらは土、日、月と3日間とも配信があります。3日で8レース以上、たぶん10レースくらいの配信になるかな。

編 【直結式 勝負予想】は3日間、8レース以上と。【直結式 重賞対談】のほうは?

奥 【直結式 重賞対談】は、土曜日分と日曜日分の2日間配信。月曜日分の配信はなしということで。

編 了解です。G1のマイルCS を含む配信、楽しみにしています!

奥 で、今日の本題はそのマイルCSね。このレースは直結コースの中山芝1600mで行われるG1朝日杯FSの連対馬が激走しやすいなんだよね。

編 へ〜、っていきなり本題に入るんですね(笑)。たしかに11年のマイルCSの1着エイシンアポロンと2着フィフスペトルはともに朝日杯FSの2着馬ですし、一昨年のマイルCSを勝ったグランプリボスは朝日杯FSの1着馬なんですよね。

奥 そうそう。2歳で直結コースのマイルG1を制した馬が、その後ダービーとか中長距離路線で活躍できずに。古馬になって距離適性のあるマイル戦に戻って激走するパターンだよね。

編 3歳はクラシックがあるからそういうケースが増えるんですよね。

奥 そうだね。今回、穴馬として注目したいロゴタイプもまさにそのタイプ。

編 この馬はクラシックでも活躍できましたよね。

奥 そう。朝日杯FSを制したあとに皐月賞も勝利。ダービーでも掲示板確保だからね。距離が合わないにもかかわらず。

編 そうですよね。マイルに適性のある馬が2400mのG1でも善戦なんて、能力が高くなければできませんよね。しかもそのあとは海外遠征なんかもあって、イマイチ万全の状態で走っていないような。

奥 うん、ただ今回は海外遠征明けを2度叩かれて状態面の上昇が見込めるし、なんといっても得意のマイル戦なら適性の高さを活かした大駆けが期待できるよ。

編 勝った朝日杯FS以来のマイル戦ですからね。どんなレースぶりを見せてくれるのか、ホントに楽しみです。

奥 続いてチェックするのはグランプリボス。

編 さっきもちょっと名前が挙がりましたけど、この馬も朝日杯FSの勝ち馬なんですよね。

奥 その通り。それに加えて直結コースの東京芝1600mで行われたNHKマイルCも勝っているんだ。

編 そうか、複数の直結コースのG1激走馬になるのか〜。

奥 それだけじゃないよ。古馬になってからも直結コースの安田記念、そして同コースの京都芝1600m外で行われるマイルCSでそれぞれ連対しているでしょ?

編 ああ、そうでした! めちゃくちゃ適性高いじゃないですか。

奥 そう、めちゃくちゃ高いのよ。去年のマイルCSは間隔を詰めて出走して失敗に終わったこともあって、今年はきっちり間隔をあけて出走してくる。この点も好感が持てるしね。

編 なるほどね〜。その割には人気しなさそうで。

奥 そうね。勝ち負けまで狙える適性×能力に加えて、馬券的妙味もあるというのは相当珍しいからね。ここでしっかり仕留めておきたいよね。

編 そうですね。

奥 あとはワールドエースもチェック。

編 3走前に同コースの重賞を勝っていますもんね。

奥 マイラーズCね。当然高く評価できるよ。

編 ただ、前走の大敗は気になるところですが。

奥 まあ、休み明けでもあるし、それにさっきのマイラーズCを勝つ前も東京コースで行われた白富士Sも凡走してたからね。今回もきっちり巻き返してくるでしょ。

編 たしかに。京都巧者でもありますしね。

奥 うん、マイラーズCの他にも直結する京都芝1800mできさらぎ賞を勝っているように、京都外回りコースで2戦2勝というのは強調材料だよね。皐月賞2着の実績からもG1で勝ち負けできるだけの能力は証明済みだし、得意のコースに替わるここは激走が期待できるよ。

編 わかりました。現時点ではこの3頭に注目ということで。

奥 そうね。あと何頭か穴馬がいるので、その馬も含めた最終結論は週末のメルマガをお待ちいただければと。

編 はい、スカっとする配信を待ってま〜す!


【直結式 勝負予想】 http://foomii.com/00055
【直結式 重賞対談】 http://foomii.com/00054


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ