本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 直結式コース戦略講座 > 菊花賞につながるレースでこの穴馬の激走が!


コラム

奥田 隆一郎
奥田 隆一郎

直結式コース戦略講座

プロフィール・関連コンテンツ


2014年09月25日

菊花賞につながるレースでこの穴馬の激走が!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
単行本『「直結コース」の激走馬を買うだけで高配当が鮮やかに当たる「直結式」馬券術』担当編集者(以下、編) 奥田さん、先週のトライアル2鞍はガチガチ決着と大荒れ決着。なんか両極端な結末となりましたね。

奥田隆一郎(以下、奥) ん〜、でもセントライト記念も3着には10番人気の穴馬が突っ込んできているからね。上位2頭がガチガチだっただけに配当は全然ハネなかったけど。

編 ああ、たしかに。

奥 ただ、ローズSはホントに荒れたね。

編 ええ。奥田さんが◎リラヴァティ(9人気3着)を本命に推してきたのを知って、「あ、もしかして大荒れ決着?」とは思ったんですけど、まさかあそこまでとは。それにしてもよく3着激走のリラヴァティを上位に推せましたね。

奥 まあ、先週もこの対談で最初に取り上げた馬だから覚えている方も多いと思うけど、直結コースで行われたチューリップ賞の3着激走もそうだったんだけど、得意の外回りコースで走れるというのは大きなポイントだったよね。

編 ああ、メルマガでも言ってましたよね。

奥 前走の小回りコースでの負けで人気も落としてくれていたし、勝ち切れなかったとはいえ評価のできる3着激走だったよね。

編 そうですね。これで秋華賞が俄然楽しみになってきました。

奥 菊花賞もね。

編 菊花賞も楽しみにしてていいんですか?

奥 失礼か(笑)。外れる気マンマンだろ。

編 そんなことはありませんって! そういう意味じゃなくて。ほら、今年のセントライト記念って新潟芝2200mだったじゃないですか。いつもと違う状況なので難しいんじゃないかなと。

奥 そんなことないよ。だって適性を見ればいいだけだもん。それに新潟芝2200mは菊花賞が行われる京都芝3000mの直結コースではあるんだけど、ランクはAなんだ。

編 へ〜。いつものセントライト記念が行われる中山芝2200mは直結コースのSランクですよね。

奥 そうそう。それがどういうことを意味するかわかる?

編 いえ、さっぱり。

奥 ちょっとは考えろ(笑)。これはね、いつものセントライト記念ほどコース間の繋がりは深くないということ。もちろん非直結コースよりは断然激走度は高いんだけど。

編 で?

奥 で?って、ちょっとは自分で考えろ(笑)。今年のセントライト記念は穴党にとって厳しい結果だったわけでしょ? でもそのセントライト記念の結果がいつもよりは菊花賞との繋がりが弱いとなれば……

編 ああ、そういうことか!

奥 そういうこと。ま、詳しくは菊花賞の週に話すよ。ただ誤解しないでほしいのはSランクがAランクになったというだけで、直結コースということには変わりない。あんまりナメてかかっちゃダメだよ。

編 そこらへんは大丈夫です。僕は奥田さんの菊花賞予想を鵜呑みにするだけですから(笑)。

奥 出たよ(笑)。まあ、いいか。今週末にも菊花賞トライアルがあるし、その結果も見ないとね。

編 神戸新聞杯ですね。

奥 そう。神戸新聞杯が行われる阪神芝2400mは京都芝3000mの直結コースSランクだし、そういう意味でも注目のレースだからね。

編 じゃあ、その注目のトライアルで奥田さんはどの馬を狙ってるんですか?

奥 現時点ではまずはヴォルシェーブに注目。

編 前走で同距離のレースを勝っているのは心強いですよね。

奥 そうだね。まだ距離経験の少ない3歳馬だけに、それは大きな強みとなるよね。それに東京芝2400mは直結コースだけにさらに高く評価できるよ。

編 ですよね〜。

奥 それに近5年の神戸新聞杯3着以内馬の前走成績を見ると、日本ダービー連対か、古馬混合1000万下連対、もしくはラジオNIKKEI賞出走という馬が15頭中12頭。

編 ああ、ホントだ。しかも今年はラジオNIKKEI杯出走組がいないじゃないですか。

奥 そうなんだよ。それだけに前走で古馬1000万クラスで連対、というか勝ち切ったヴォルシェーブはいいよね。

編 休養を挟んで連勝している勢いも感じますしね。

奥 勢いというよりも、夏を迎えて本格化した印象を受けるよね。繰り返しになるけど、古馬1000万クラスの1番人気1着、しかも直結コースでの結果だけに3歳限定戦なら重賞でも好勝負できるよ。

編 そうですね。かなり期待できそうです。

奥 続いてはサトノアラジン。

編 サト……

奥 人気じゃないかって言いたそうだけど(笑)、この馬も前走で古馬1000万クラスを圧勝しているでしょ?

編 たしかに人気じゃんって言いかけました(笑)。でも前走で古馬相手に3馬身差の圧勝ですもんね。

奥 そう、評価を下げるわけにはいかないよね。2歳時から直結コースの阪神芝2000mで行われたラジオNIKKEI杯2歳S(G3)を3着に好走したんだけど、ここにきて連勝しているようにこの馬もかなりの成長を感じる。

編 たしかに。2走前も楽勝でしたしね。

奥 そう、その中京芝2000mも直結コースだし、このコースに対する適性は非常に高い。引き続き注目しておきたいね。

編 わかりました。あと1頭はどうしましょう?

奥 そうだな、ジャンパーニュもいいよ。

編 前走は古馬相手の1600万特別で惨敗しちゃってますけど。

奥 小回りの2000mはいかにも忙しかったよね。

編 たしかに長距離で結果を出してきている馬ですからね。

奥 そうだね。さっき言った「前走」ではないけど、2走前にすでに古馬1000万クラスを勝ち上がっているし、さっきの2頭と同様の評価ができるというのはわかるはず。もうちょっと遡っても4走前に同コースの阪神芝2400mで行われたゆきやなぎ賞を勝っていて、しかも当時の2着馬がさっきのサトノアラジンだったよね。

編 ああ、ホントだ。その実績と前走からの距離延長はこの馬にとっては大きなプラスですよね。

奥 その通り。人気はないけど大駆けを警戒しておかないとね。

編 わかりました。菊花賞につながるこのレースでどういう結果になるのか、楽しみですよね〜。

奥 ホントだね。ダービー馬ワンアンドオンリーがどういう競馬を見せるのか、そしてそれに対抗する馬が出てくるのか。本番を占う意味でも重要なトライアルだけに、結果だけじゃなくて内容まできっちり把握しておきたいね。

編 ええ、そうします。では週末のメルマガもよろしくお願いしますね。どうもありがとうございました。


【直結式 勝負予想】 http://foomii.com/00055
【直結式 重賞対談】 http://foomii.com/00054


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ