本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 直結式コース戦略講座 > 小倉記念の激走穴馬はこちら!


コラム

奥田 隆一郎
奥田 隆一郎

直結式コース戦略講座

プロフィール・関連コンテンツ


2014年08月07日

小倉記念の激走穴馬はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
単行本『「直結コース」の激走馬を買うだけで高配当が鮮やかに当たる「直結式」馬券術』担当編集者(以下、編) 奥田さん、さすがですね。

奥田隆一郎(以下、奥) なにが?

編 先週は札幌開幕から2週目だったわけですけど、きっちり馬場の傾向を掴んで札幌は3戦3的中(札幌日刊スポーツ杯3連単・3連複・馬連、クイーンS3連複・馬連、HBC賞3連複・馬連)。とくに日曜日のHBC賞はかなり難解というか混戦レースだったように思うんですけど。

奥 ああ、上位人気で決まったわりにはね。単勝10倍台(4人気以降)がけっこう割れていて、みんな相手選びに苦労していた感じだね。確定オッズを見ても上位人気陣もそんなに信用されてなかったんだな〜と思うし。結果的には難しかったのかもね。

編 予想の段階ではどうだったんですか?

奥 ん〜、まあ、【直結式 勝負予想】の見解でも書いたけど、モーニングムーン(5人気3着)は直結コースでの実績も豊富だし、洋芝実績は抜群なわけだからね。難しいと言うか、直結理論のまんまなんだよね。

編 やっぱりこういう混戦になると、適性がものを言うという?

奥 それは大いにあるね。とくに札幌はコース初挑戦の馬も多いし。

編 ああ、たしかに。改修工事で1年開催がなかった分、初めて札幌コースを走るという馬は今後も多く出てきそうですもんね。

奥 そういう未知のコースでの適性をはかるには直結がベストだと思うし、それは今週以降の結果をご覧いただければ実感していただけるんじゃないかと。

編 僕はもう身をもって知ってま〜す。

奥 そうあってほしいよ。もうこの対談相手を何年やってるんだという話だからね(笑)。

編 たしかに(笑)。まあそれにしても1年休んだ馬場をたった1週で掴み切っちゃうんですからねぇ。今週は大雨の影響が心配ではありますけど、小倉と新潟が開催2週目となります。

奥 そうだね。先週の【直結式 重賞対談】にも書いたけど、新潟はエアレーションなんかの影響もあるので、そのあたりをしっかりと見極めて配信できればと。

編 はい、よろしくお願いします! ではその辺りも踏まえつつ、そろそろレース見解に移ろうと思うんですが、日曜日には小倉記念とレパードSが予定されています。どちらのレースを取り上げますか?

奥 やっぱり皆さん小倉記念に期待してるんじゃないかな?

編 そうですね、僕も含めて。やっぱり夏の名物ハンデ重賞ですから。

奥 OK。じゃあ、さっそく始めよう。

編 では現時点ではどの馬に注目しておきましょうか?

奥 まずはミキノバンジョーに注目。

編 よしっ! 人気薄から名前が挙がるとテンションが違いますね。

奥 大げさな。

編 でもミキノバンジョーは近走が冴えないですけど、どのあたりを評価したんでしょう?

奥 なんと言っても小倉実績だね。

編 ああ、たしかに相性はいいですよね。全7勝中4勝が小倉芝コースでの勝利ですから。

奥 そうなんだよ。同コースの小倉芝2000mで1000万特別を2勝しているし、去年の夏には直結コースの小倉芝1800mで行われた小倉日経OPを5番人気ながら勝利。実績通りの小倉に対する適性の高さだよね。

編 ええ、同コース+直結コースの激走馬ですし、適性は相当ですよね。約3カ月ぶりだった前走を叩かれた上積みも期待できますし、注目ですね。

奥 続いてチェックするのはマーティンボロ。

編 お、この馬も小倉巧者ですよね。全6勝中3勝が小倉芝コースじゃなかったでしたっけ?

奥 その通り。同コースの小倉芝2000mで未勝利、500万下(2勝)を制しているんだよね。直結コースでも京都芝2000mで1000万下を勝っているしね。

編 つまりこの馬も同コース+直結コースの激走馬ということになりますね。

奥 うん。しかもただそれだけじゃなくて、前走は重賞初挑戦ながら直結コースの中京芝2000mで行われた中日新聞杯も勝っているでしょ?

編 格の問題もないということですね。直結コースの重賞勝ち馬だけに。

奥 そういうこと。これまでの戦績が示すように平坦コースの2000mはもっとも得意な条件だし、好勝負必至と言えるよね。

編 なるほど。

奥 あとはダコールも挙げておこう。

編 前走は七夕賞で惜しくも4着でしたが。

奥 そうなんだよ。もともと2、3着が多い馬でイマイチ勝ち味に遅い部分があるのはたしか。

編 それでも今回は好勝負できると。

奥 そうだね。同コースの小倉芝2000mで行われた釜山S(1600万下)と直結コースの京都芝2000mで行われたドンカスターC(1000万下)を勝っているように、小回りの2000mは得意だからね。

編 たしかに。勝ち味に遅いわりには小倉コースでも2勝を挙げていますし。

奥 うん、このコースならあえてアタマ候補としても一考の余地があるんじゃないかな。

編 じゃあ、そのあたりの結論は週末の【直結式 勝負予想】でお願いしますね。

奥 もちろん。このところ大雨に台風も来てるんでしょ? まだ今日(月曜日)の段階じゃどうなるかわからないけど。

編 そうみたいですね。馬場状態の把握も大切になってくるんじゃないですか?

奥 まあ、とことん降っちゃえば馬場もへったくれもないんだけど、思ったよりも乾くのが速かったり、逆に急に降り出されたりするとね。ま、そのあたりも踏まえて配信するので、乞うご期待。

編 は〜い。楽しみにしています。よろしくお願いします。


【直結式 勝負予想】 http://foomii.com/00055
【直結式 重賞対談】 http://foomii.com/00054


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ