本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 最強の男・大谷内泰久の重賞分析 > サトノラーゼンがダービーにつながるV、新潟ではダコールが重賞制覇


コラム

大谷内 泰久
大谷内 泰久

最強の男・大谷内泰久の重賞分析

プロフィール・関連コンテンツ


2015年05月11日

サトノラーゼンがダービーにつながるV、新潟ではダコールが重賞制覇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サトノラーゼンがダービーにつながるV、新潟ではダコールが重賞制覇

■5月に入って、天皇賞(5/3)ではフェイムゲーム◎で馬連6,060円ヒット! 京都新聞杯(5/9)では特別ゲスト予想で3連単1万3,160円、谷川岳S(5/3)では3連複1万9,930円&馬連1万3,760円、天王山S(5/2)では3連複1万570円が的中しています。1月にはアレキサンドライトS(1/24)で3連単99万850円、3連複13万1,910円(200円購入)のビッグヒットを達成しました。15年は高配当ヒットを連発しています!
※詳しい的中実績は当ページの下部に掲示しています

■PCサイトもメルマガも入会月無料
・高配当狙いの【最強3連単予想】、回収率重視の【厳選勝負レース予想】など、多彩なコンテンツを用意しています
入会月無料です(適用には条件があります。詳しくはサイト内でご確認ください)
・料金は月額3,240円(税込)です
・どなたでもに簡単に入会できます

★PCサイト『大谷内泰久の最強3連単予想
★メルマガ『大谷内泰久の厳選勝負レース予想
※PCサイトとメルマガの予想の内容、および料金は同じになります
※継続利用で入会月無料になります。5月16日までに登録すると、5月(残り6日間)+6月(8日間)の開催14日間の予想を1ヵ月分の料金で見ることができます(日曜にも登録できます)。ヴィクトリアマイル、オークス、ダービー、安田記念、宝塚記念など、注目のレースが目白押しです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【京都新聞杯(GII)】 京都芝2200m(外)・良
1着 ▲サトノラーゼン    2分11秒3
2着 △ポルトドートウィユ   1/2馬身
3着 ×アルバートドック    ハナ

 京都の外回りの芝2200mで争われた3歳のGII競走。トライアルには指定されていないが、2着に入って賞金を加算すればダービーに出走できる可能性が出てくる。芝はCコース3週目で、内めに少し悪いところがあったようだが、基本的には“高速馬場”と言える状態だった。

 レースを引っ張ったのはスピリッツミノル。2ハロン目が10秒7と速くなり、3ハロン目から12秒台前半のラップを刻んでいった。3ハロン通過は35秒2で、1000mは59秒4だった。

 6ハロン目から12秒6−12秒5と少しラップが落ち、後半の4ハロンは11秒9−11秒4−11秒9−11秒6になった。全体には緩みがなく、底底力を要求される競馬だった。勝ったのはディープインパクト産駒の関西馬サトノラーゼン。勝ち時計は2分11秒3と速めの数字になった。

◆1着 サトノラーゼン(2番人気・4番枠) 川田将雅
 4番枠からのスタート、ヤネは同馬に乗って(2.0.1.0)だった川田将雅。ゲートが開いてポンと好スタートを切り、行き脚も良くて流れに乗る。好位で馬群の中に入り、川田が軽く抱えるぐらいの行きっぷりだった。

 中盤もしっかりと脚をタメ、後半のコーナーに入って下り坂はゆっくりと慎重に走らせる。直線に向いて少し外に出し、進路がひらけてスムーズに追い出すことができた。

 ラーゼンは川田の追いに応えて脚を使い、残り200mで先頭に出て渋太く抜ける。最後は後続に詰め寄られたが、バテている感じはなく、半馬身差の1着でゴールに飛び込んだ。前出の通り勝ち時計は2分11秒3(良)。自身の上がりは34秒5だった。

 500万下の勝ちの前のレースでは、阪神で少し湿った馬場という状況の中、スローだったといえ内から抜けてラスト1ハロンを11秒2で駆けている。今回の競馬と合わせ、大きく力をつけているのは間違いない。

 ダービー出走が決定的になり、ローテーション的には中2週になる(施行日は5月31日)。西への輸送もあるから楽でないのは確かだが、今の充実ぶりなら状態を維持して挑めるかもしれない。2400mという距離は微妙に長い気はする。でも、競馬がうまくなっているるし、見せ場があっていいだろう。なお、川田はダービーで青葉賞勝ちのレーヴミストラルに騎乗する予定である。 

◆2着 ポルトドートウィユ(1番人気・2番枠) 武豊
 内の2番枠からのスタート、ヤネは3戦連続の騎乗となった武豊。ゲートの出は五分で、ユタカが無理には出さずに抑えていく。先頭とは離れた中位のインの追走になり、落ち着いて感触の良い追走ぶりだった。

 3コーナーを過ぎ、坂の下りで少し外に動かす。ラーゼンの後ろに入り、直線はラーゼンを追いかける形になった。大跳びでシュッと加速しないところがあるので少し離されたが、外のアルバートドックと並んでしっかりと伸びる。ラーゼンとの差を詰めてアルバートと同体でゴールし、写真判定でハナだけ勝っていた。

 2着賞金を加算し、ダービーへの出走が確実になった。父がディープインパクト、祖母がエアグルーヴで血統的な背景がしっかりしている。良血馬にありがちな弱さがないし、本番でも楽しみだ。2400mには対応できる。

◆3着 アルバートドック(6番人気・15番枠) 藤岡康太
 外の15番枠からのスタート、ヤネは主戦の藤岡康太。五分にゲートを出て行き脚もつき、康太が抑えて内の様子をうかがう。都合良くガラッと開いてくれて、大きく内に寄せることができた。

 道中はポルトから2馬身ほど後ろにつける形になり、折り合ってリズム良く走っていた。4コーナーに来て外に動かし、直線は外めを追っていく。ポルトに早めに並んで一緒に伸びたが、最後でハナだけ負けていた。

 賞金を加えられなかったのは痛いが、地力があるところはしっかりと示した。ラーゼン、ポルトと同じディープインパクト産駒。2400mで500万下を快勝していて、今後は菊花賞に向けて歩みを進めることになりそうだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【新潟大賞典(GIII)】 新潟芝2000m(外)・良
1着 ※ダコール     1分59秒6
2着  ナカヤマナイト  1馬身1/4
3着  アルフレード    クビ

 新潟の外回り芝2000mで争われたGIII競走。ハンデ戦になり、上下差は3キロと大きくなかった。芝はBコース2週目。前日に降った雨の影響が少し残っていて、馬場の中ほどを通った馬がよく伸びる感じだった。

 徹底先行馬が不在という顔ぶれで、ゲートが開いて序盤はみなが行こうとしない。内の2番枠からクランモンタナが押し出されてハナに立ち、最初の200mは13秒1という遅い入りになった。

 2ハロン行くと外からアーデントが交わし、これが後ろを少し離す。それでも、3ハロン通過は37秒2、1000mが61秒5で、ずっとスローで流れることになった。

 残り800mからラップが上がり、後半の4ハロンは11秒8−11秒5−10秒9−11秒5となった。勝ったのはハンデ57キロのダコール。重賞で多くの好走歴がありながら1着がなかったが、7歳の春にようやくタイトルを手にした。

◆1着 ダコール(5番人気・6番枠) 小牧太
 トップハンデタイの57キロ。6番枠からのスタートで、ヤネはテン乗りで小牧太だった。ゲートが開いてしっかりと五分以上に出、無理に出したわけではなくジワッと流れに乗る。好位の後ろの内めを進み、ラチ沿いは避けていた。折り合いがつき、理想的な形で脚をタメることができた。

 コーナーもスムーズで、直線はみなが外に動いて馬群の後ろでやはりじっくりと待つ。周りは仕掛けていたが、小牧の手はまったく動かぬまま。緩めれば弾けそうなムードで、残り300mに来てようやく追いに入った。

 ダコールはしっかりと反応してギアを上げ、内めの馬群を割りにかかる。新潟の外回りでバラけていたので捌きに大きく手間取ることはなく、200mを過ぎて先頭に立っていたナカヤマナイトを内から抜いた。

 そして、最後まで脚を使い、危なげなく1馬身1/4差の1着でゴール板に到達した。勝ち時計はスローの分で1分59秒6(良)と遅い数字。代わりに自身の上がりが32秒9と特別に速くなった。

 昨年の秋にオープン特別を勝ったことで、57キロのハンデを課せられるようになっていた。それでも重賞初制覇を果たした。前のレースの福島民報杯では別定の58キロで2着したし、7歳になって地力を底上げしている。今後も活躍してくれそうだ。

◆2着 ナカヤマナイト(13番人気・4番枠) オールプレス
 ダコールと同じでハンデは57キロ。4番枠からのスタートで、ヤネはニュージーランドで活躍している女性ジョッキーのリサ・オールプレスだった。

 ゲートの出は上々で、オールプレスが手を押して出していく。好位に上がったが、押したこととペースが緩んだことで行きたがってしまった。抑えて引いて下げる形になり、中盤に来ても少し力んで走っていた。

 直線は外めに出て脚を使う形になった。残り300mで先頭に立ち、一頭になった分があったか外を向いて少しモタれている。それでも渋太く脚を使い、内からダコールに抜かれながらも頑張りを見せて2着で入線した。

 重賞を3勝している7歳馬。3歳時にはダービーで4着に健闘した。最近は押しを欠く競馬が多かったが、この中間はウッドで楽に64秒台を出すなど迫力ある攻めを見せていて、それが実戦に結びついた。全体の時計が少しかかる競馬になれば、まだまだやれるということだろう。

◆3着 アルフレード(6番人気・5番枠) 津村明秀
 ハンデは56キロ。5番枠からのスタートで、ヤネはテン乗りで津村明秀だった。ゲートの出はあまり速くなく、出す気もなくて抑えていく。後方のインでじっくりと脚をタメる競馬になった。

 コーナーもじっくりと構え、直線に向いて内めで追い出しを待つ。津村は時にハミをかける手の動かした方をしていて、残り250mのあたりから強く追い出した。内めからしっかりと脚を使ったが、外のダコールとナカヤマナイトも伸びが良く、最後は周りと同じような脚になって3着に終わった。

 自身の上がりはメンバー中で最速となる32秒7。特殊な競馬だったので決めつけられないところはあるが、2000mの距離にも対応していくことができそうだ。2歳時に朝日杯フューチュリティSを勝っているGI馬。6歳になって勢いを取り戻している。

◆13着 デウスウルト(1番人気・3番枠) 川田将雅
 ハンデは55キロ。内の3番枠からのスタートで、ヤネは主戦の川田将雅だった。ゲートの出は五分で、行き脚もついてスーッと流れに乗る。3番手につけ、3コーナーで2番手に上がった。抑えつつの手応えだったが、息が入っていないことはない感じだった。

 直線に向いて川田が気合を入れにかかったが、デウスの方は頭を上げて集中していない。重心が下がらず、尻尾も振っていた。少し抵抗していたものの、徐々に下がって馬群に飲まれる。最終的に13着に落ちた。

 栗東の坂路では51秒4の好時計でしっかりと動いていたし、デキの問題ではないと思う。もともと気の悪いところがあり、スローの展開でリズムが狂ったのかもしれない。最近は馬群の中で行きたがるのを抑えて進むという競馬が多く、確かにいつもと形が違った。次は陣営も騎手も作戦を考えてくるだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆最近の的中実績
メルマガ『大谷内泰久の厳選勝負レース予想』&PCサイト『大谷内泰久の最強3連単予想

六波羅特別(5/9)
3連複 5,270円
馬 連 3,890円

緑風S(5/9)
馬 連 3,400円

京都新聞杯(5/9)
3連単 1万3,160円
3連複  2,860円
馬 連  1,110円
<プロ馬券師S・T>

天皇賞(春)(5/3)
馬 連 6,060円
◎フェイムゲーム2着(7人気)

谷川岳S(5/3)
3連複 1万9,930円
馬 連 1万3,760円
メイショウヤタロウ2着(13人気)

天王山S(5/2)
3連単 4万6,060円
<プロ馬券師S・T>
3連複  1万570円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

駿風S(5/2)
3連複 4,170円

東京12R(5/2)
3連複 3,180円

青葉賞(5/2)
3連単 1万2,990円
3連複  2,920円
馬 連  1,190円
<プロ馬券師S・T>

フローラS(4/26)
3連複 1,970円
馬 連 1,120円
◎○×でヒット

上賀茂S(4/26)
3連複 7,900円
馬 連 1,170円
◎○※でズバリ

あずさ賞(4/26)
3連複 7,070円
馬 連 2,450円
◎△▲でヒット

皐月賞(4/19)
3連複 3,110円
馬 連  790円
<3連単は不的中>

千種川特別(4/19)
3連複 1万200円
馬 連 4,750円

陽春S(4/19)
3連複 4,170円

アンタレスS(4/18)
3連複 4,380円
馬 連 2,860円
◎クリノスターオー1着(6人気)

利根川特別(4/18)
3連複 7,420円
馬 連 1,450円
◎○×でヒット

ニュージーランドT(4/11)
3連単 2万9,660円
<プロ馬券師S・T>
3連複 3,340円
馬 連 2,940円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

阪神12R(4/11)
3連複 1万1,750円
馬 連 6,750円

阪神12R(4/5)
馬連 6万3,790円
◎サンライズネガノ1着(12人気)

大阪杯(4/5)
3連単 1万6,620円
<プロ馬券師S・T>
3連複  1,980円
馬 連   840円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

ダービー卿CT(4/5)
馬 連 1,640円
<プロ馬券師S・T>

伏竜S(4/5)
3連複 2,120円
   2,330円
馬 連 2,310円
○◎×・○◎▲

船橋S(4/4)
3連複 3万9,550円
◎サトノデプロマット1着(4人気)

阪神12R(4/4)
3連複 1万5,000円

コーラルS(4/4)
3連単  5,640円
<プロ馬券師S・T>

鹿島特別(3/29)
馬 連 3万1,270円

阪神12R(3/29)
馬 連 8,490円

マーチS(3/29)
3連複 7,410円
<プロ馬券師S・T>

毎日杯(3/28)
3連複 6,280円
馬 連 5,690円
◎△▲でヒット

日経賞(3/28)
馬 連 2,190円
<3連単は不的中>

スプリングS(3/22)
3連複 1,180円
馬 連 1,090円
▲◎○でヒット

阪神大賞典(3/22)
馬 連 1,720円

阪神7R(3/22)
3連単 1万6,790円
<最強3連単予想>

韓国馬事会杯(3/21)
3連複 4,910円
◎○▲で本線ズバリ

須磨特別(3/21)
馬連 6,510円

なにわS(3/21)
3連複 4,500円

中山12R(3/15)
3連単 4,820円
<最強3連単予想> 200円購入

フィリーズレビュー(3/15)
3連複 4,790円
馬 連 3,260円
◎○×でヒット

中山牝馬S(3/15)
3連複 4,410円

房総特別(3/15)
3連複 3万640円

中日新聞杯(3/14)
3連単 5万580円
3連複 9,580円
馬 連 1,810円
<プロ馬券師S・T> ◎○※

潮来特別(3/8)
3連複 3,300円
▲△◎でヒット

千里山特別(3/7)
3連複 1万7,210円
馬 連  1,670円
◎○×で高配当ヒット

チューリップ賞(3/7)
馬 連 5,780円
3連複 4,020円
<3連単は不的中>

阪急杯(3/1)
馬 連 3,390円
◎ダイワマッジョーレ1着

中山記念(3/1)
3連単 7,520円
3連複 1,860円
馬 連  880円
<プロ馬券師S・T>

伊丹S(3/1)
3連複 9,440円

アーリントンC(2/28)
3連複 3万6,580円

皿倉山特別(2/28)
3連複 1万2,770円

阪神12R(2/28)
馬 連 4,550円

ダイヤモンドS(2/21)
3連複 6,780円
馬 連  960円
△◎○でヒット

斑鳩S(2/21)
3連複 8,850円
馬 連  990円
◎○×でヒット

調布特別(2/21)
3連複 2万1,040円

@niftyオススメコンテンツ

大谷内泰久の厳選勝負レース予想

大谷内泰久の厳選勝負レース予想

厳選勝負レース予想、最強3連単予想、メインレース予想、後半&最終レース予想など、多彩な情報を具体的な買い目とともにお届けします。

大谷内泰久の最強3連単予想

大谷内泰久の最強3連単予想

専門紙『競馬研究』で本紙予想をつとめた大谷内泰久が展開する、予想&情報提供サイト。大谷内が破壊力ある3連単の買い目を伝達する【最強3連単予想】含め、5つのコンテンツで構成されます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ