本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 最強の男・大谷内泰久の重賞分析 > 桜花賞は歴史に残る異常なスローに…、レッツゴードンキが逃げ切って戴冠!


コラム

大谷内 泰久
大谷内 泰久

最強の男・大谷内泰久の重賞分析

プロフィール・関連コンテンツ


2015年04月13日

桜花賞は歴史に残る異常なスローに…、レッツゴードンキが逃げ切って戴冠!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桜花賞は歴史に残る異常なスローに…、レッツゴードンキが逃げ切って戴冠!

■4月は阪神12R(4/5)で馬連6万3,790円、船橋S(4/4)で3連複3万9,550円、阪神12Rで馬連1万1,750円、ニュージーランドT(4/11)で3連複3,340円&馬連3,940円などをヒットしています。1月にはアレキサンドライトS(1/24)で3連単99万850円、3連複13万1,910円(200円購入)のビッグヒットを達成しました。15年は高配当ヒットを連発しています!
※詳しい的中実績は当ページの下部に掲示しています

■PCサイトもメルマガも入会月無料
・高配当狙いの【最強3連単予想】、回収率重視の【厳選勝負レース予想】など、多彩なコンテンツを用意しています
入会月無料です(適用には条件があります。詳しくはサイト内でご確認ください)
・料金は月額3,240円(税込)です
・どなたでもに簡単に入会できます

★PCサイト『大谷内泰久の最強3連単予想
★メルマガ『大谷内泰久の厳選勝負レース予想
※PCサイトとメルマガの予想の内容、および料金は同じになります
※継続利用で入会月無料になります。4月18日までに登録すると、4月(残り4日間)+5月(10日間)の開催14日間の予想を1ヵ月分の料金で見ることができます(日曜にも登録できます)。皐月賞、天皇賞(春)、NHKマイルC、ヴィクトリアマイル、オークス、ダービーなど、注目のレースが目白押しです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【桜花賞(GI)】 阪神芝1600m(外)・良
1着 ▲レッツゴードンキ   1分36秒0
2着 ×クルミナル       4馬身
3着  コンテッサトゥーレ   3/4馬身

 阪神の外回り芝1600mで争われた牝馬三冠の第一戦。芝は連続開催の7週目になり、Bコース使用2週目だった。金曜に降った雨は乾いてきて良馬場になったが、水を含んでいる状態ではあった。内めは掘れてボコボコしていた。

 レースは意外な展開になった。ハナを奪ったのは岩田康誠のレッツゴードンキ。ドンキ自身が前向きな気性であること、また、他が強く主張しなかったことで岩田が行かせた。

 岩田が引っ張って抑えてペースを落とし、テンの3ハロンは12秒7−11秒7−12秒7の37秒1と異常に遅いラップになった。4ハロン目は12秒9とあわや13秒台。5ハロン目は12秒5で、1000m通過は62秒5だった。ちなみに昨年は3ハロンが33秒8で1000mが57秒0。昨年は速すぎた例だが、1000m通過は今年の方が何と5秒5も遅かった。

 そんな桜花賞の結末は“ドンキの逃げ切り勝ち”だった。上がりの3ハロンを11秒3−10秒7−11秒5の33秒5で走り切り、終わってみれば後続に4馬身もの差をつけていた。一方で、断然の1番人気に推されたルージュバックは、伸びを欠いて9着に敗れている。

◆1着 レッツゴードンキ(5番人気・6番枠) 岩田康誠
 6番枠からのスタート、ヤネは主戦の岩田康誠。ゲートが開いて好スタートを切り、序盤は内をうかがいつつ手綱を抑えていた。ドンキに気持ちが乗り、内がピッチを上げなかったことで岩田が行かせてスーッとハナに立った。

 単騎の形が確定して岩田が手綱を引っ張って息を入れようとする。そこ光景は、まるで中距離戦のようだった。あの流れながら何かがマクッてきそうなものだが、後続も魅入られたかのように抑え合ってしまう。結果、歴史に残る超々スローの桜花賞ができあがった。

 後半のコーナーは適度にリラックスしてスタミナを温存することができた。直線に向いて岩田は、すぐにはしごかず、時に追いを強くする。それでも後ろはジリジリと離れていった。

 ビッシリ追ったの残り200mの前から。ドンキはしっかりと脚を使い、後続に近寄らせない。そのまま最後まで伸び、余力が残っている状態で1着でゴール板を駆け抜けた。着差は4馬身で、勝ち時計は1分36秒0(良)。自身の上がりは前出の通り33秒5だった。

 ペースに恵まれたのは確かだが、直線の走り、上がりの速さは非凡な脚力を示すものである。チューリップ賞(3着)を使ったあとは栗東の坂路で鍛え、パワーアップした姿で桜の女王の座を射止めた。

 父がキングカメハメハで、母が短距離のダートで5勝したマルトクという血統。母系はあまり目立たない。このあと、NHKマイルC(5月10日)を使うのか、それともオークス(5月24日)に進むのかは未定。気性を考えるとマイル路線がいいだろうが、三冠もかかってくるわけで、慎重に決められることになりそうだ。

◆2着 クルミナル(7番人気・7番枠) 池添謙一
 7番枠からのスタート、ヤネは主戦の池添謙一。ゲートが開いてトモが入らずに置かれたが、すぐに行き脚がつき、開いていた内めからジワッと追い上げた。道中は息が入ってリズム良く追走していた。

 3コーナーを過ぎると少しずつ外に出していき、直線でさらに外にいって広いところを伸ばす。ギアが上がってから切れる脚を使い、外からしっかりと3着に上がった。自身の上がりは33秒4だった。

 ディープインパクト産駒の牝馬としてはめずらしく、490キロ級と体が大きい。その分だけ緩いところはあるが、高い素質を持っているのは確かだ。体の方は徐々にでもしっかりしてくるだろう。

◆3着 コンテッサトゥーレ(8番人気・1番枠) ルメール
 最内1番枠からのスタート、ヤネは新馬勝ち以来の騎乗となったルメール。過去3戦はトモが入らないところがあったが、今回はポンと五分に出ることができた。好位のインで前半は行きたがるところがあり、抑えて下げて落ち着いて走るようになった。

 コーナーは動かずにタメ、直線は内めを捌きながら伸ばす。最内に入って残り100mで2番手に上がったが、最後は鈍って3着に落ちた。

 父はディープインパクトで、母は阪神牝馬Sを勝ったエアトゥーレ。そして、兄に皐月賞を逃げ切ったキャプテントゥーレがいる。まだ体が頼りなく、そんな状態でGIで好走することができたのだから力がある。今後のさらなる成長に期待したい。

◆9着 ルージュバック(1番人気・8番枠) 戸崎圭太
 8番枠からのスタート、ヤネは主戦の戸崎圭太。ゲートの出は上々で、戸崎が無理には出さずに自然と下がる。前半は中位馬群で、3コーナーに来ると戸崎がタイトな状態を嫌ったか、引いて下げて後方のポジションになった。

 4コーナーからは外めを追っていくが、反応はひと息だった。直線に入ってからも気持ちが乗らない感じでギアが上がらない。最後は脚を使ったものの、見せ場をつくれずに9着に終わった。

 2月8日にきさらぎ賞を勝ったあとは放牧に出され、美浦に戻って少し細く見せていた。さらにウッドの最終追いでは途中でスイッチが入ってしまい、時計が予定より3秒も速くなった。

 そのあと西への長距離輸送が入ったわけで、当日は前走比6キロ減の444キロという馬体になった。毛ヅヤは良かったし、筋肉が付いてはいたが、やはり腹が巻き上がっていて細い。万全とはいえない状態だった。

 肉体面の問題が精神面に影響を与えたか、実戦では前向きに走ろうという意志が感じられなかった。今後の動向は流動的ということになりそう。体を立て直すには時間が必要で、煮詰まっているであろう心のケアも重要になる。しっかりと静養して本来の力を取り戻してもらいたいものだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆最近の的中実績
メルマガ『大谷内泰久の厳選勝負レース予想』&PCサイト『大谷内泰久の最強3連単予想

ニュージーランドT(4/11)
3連単 2万9,660円
<プロ馬券師S・T>
3連複 3,340円
馬 連 2,940円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

阪神12R(4/11)
3連複 1万1,750円
馬 連 6,750円

阪神12R(4/5)
馬連 6万3,790円
◎サンライズネガノ1着(12人気)

大阪杯(4/5)
3連単 1万6,620円
<プロ馬券師S・T>
3連複  1,980円
馬 連   840円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

ダービー卿CT(4/5)
馬 連 1,640円
<プロ馬券師S・T>

伏竜S(4/5)
3連複 2,120円
   2,330円
馬 連 2,310円
○◎×・○◎▲

船橋S(4/4)
3連複 3万9,550円
◎サトノデプロマット1着(4人気)

阪神12R(4/4)
3連複 1万5,000円

コーラルS(4/4)
3連単  5,640円
<プロ馬券師S・T>

鹿島特別(3/29)
馬 連 3万1,270円

阪神12R(3/29)
馬 連 8,490円

マーチS(3/29)
3連複 7,410円
<プロ馬券師S・T>

毎日杯(3/28)
3連複 6,280円
馬 連 5,690円
◎△▲でヒット

日経賞(3/28)
馬 連 2,190円
<3連単は不的中>

スプリングS(3/22)
3連複 1,180円
馬 連 1,090円
▲◎○でヒット

阪神大賞典(3/22)
馬 連 1,720円

阪神7R(3/22)
3連単 1万6,790円
<最強3連単予想>

韓国馬事会杯(3/21)
3連複 4,910円
◎○▲で本線ズバリ

須磨特別(3/21)
馬連 6,510円

なにわS(3/21)
3連複 4,500円

中山12R(3/15)
3連単 4,820円
<最強3連単予想> 200円購入

フィリーズレビュー(3/15)
3連複 4,790円
馬 連 3,260円
◎○×でヒット

中山牝馬S(3/15)
3連複 4,410円

房総特別(3/15)
3連複 3万640円

中日新聞杯(3/14)
3連単 5万580円
3連複 9,580円
馬 連 1,810円
<プロ馬券師S・T> ◎○※

潮来特別(3/8)
3連複 3,300円
▲△◎でヒット

千里山特別(3/7)
3連複 1万7,210円
馬 連  1,670円
◎○×で高配当ヒット

チューリップ賞(3/7)
馬 連 5,780円
3連複 4,020円
<3連単は不的中>

阪急杯(3/1)
馬 連 3,390円
◎ダイワマッジョーレ1着

中山記念(3/1)
3連単 7,520円
3連複 1,860円
馬 連  880円
<プロ馬券師S・T>

伊丹S(3/1)
3連複 9,440円

アーリントンC(2/28)
3連複 3万6,580円

皿倉山特別(2/28)
3連複 1万2,770円

阪神12R(2/28)
馬 連 4,550円

ダイヤモンドS(2/21)
3連複 6,780円
馬 連  960円
△◎○でヒット

斑鳩S(2/21)
3連複 8,850円
馬 連  990円
◎○×でヒット

調布特別(2/21)
3連複 2万1,040円

京都記念(2/15)
3連複 2,940円
馬 連 3,040円
◎○△でズバリ

共同通信杯(2/15)
3連複 2,380円
馬 連  710円
○▲◎でズバリ

京都8R(2/14)
3連単 9,960円
<最強3連単予想>

太宰府特別(2/14)
3連複 6,060円

アルデバランS(2/14)
3連単 2万5,220円
3連複  4,970円
<プロ馬券師S・T>

クイーンC(2/14)
3連複 2,700円
<プロ馬券師S・T>

早春S(2/8)
3連単 4万5,700円
<最強3連単予想>
3連複 9,610円

東京12R(2/8)
馬 連 1万1,290円
◎プラントハンター(4番人気)

東京新聞杯(2/8)
馬 連 1万4,690円
◎ヴァンセンヌ(3番人気)

きさらぎ賞(2/8)
3連複 420円
馬 連 260円
◎○▲で本線ズバリ

春菜賞(2/8)
3連複 1万140円

橿原S(2/8)
馬 連 1万220円

東京12R(2/1)
3連複 1万3,680円

根岸S(2/1)
3連単 4万8,330円
3連複 1万3,290円
<プロ馬券師S・T>
馬連   710円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

シルクロードS(2/1)
馬連 1,620円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

@niftyオススメコンテンツ

大谷内泰久の厳選勝負レース予想

大谷内泰久の厳選勝負レース予想

厳選勝負レース予想、最強3連単予想、メインレース予想、後半&最終レース予想など、多彩な情報を具体的な買い目とともにお届けします。

大谷内泰久の最強3連単予想

大谷内泰久の最強3連単予想

専門紙『競馬研究』で本紙予想をつとめた大谷内泰久が展開する、予想&情報提供サイト。大谷内が破壊力ある3連単の買い目を伝達する【最強3連単予想】含め、5つのコンテンツで構成されます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ