本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 最強の男・大谷内泰久の重賞分析 > 牝馬のラキシスがキズナを撃破! ダービー卿CTはモーリスが豪快にV


コラム

大谷内 泰久
大谷内 泰久

最強の男・大谷内泰久の重賞分析

プロフィール・関連コンテンツ


2015年04月06日

牝馬のラキシスがキズナを撃破! ダービー卿CTはモーリスが豪快にV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牝馬のラキシスがキズナを撃破! ダービー卿CTはモーリスが豪快にV

■先週は阪神12R(4/5)で馬連6万3,790円をヒット。◎を打った12番人気(単勝6,190円)のサンライズネガノが見事に逃げ切りました。船橋Sでは◎のサトノデプロマット(4番人気)が勝ち、3連複3万9,550円が的中しています。1月にはアレキサンドライトSで3連単99万850円、3連複13万1,910円(200円購入)のビッグヒットを達成しました。15年は高配当ヒットを連発しています!
※詳しい的中実績は当ページの下部に掲示しています

■PCサイトもメルマガも入会月無料
・高配当狙いの【最強3連単予想】、回収率重視の【厳選勝負レース予想】など、多彩なコンテンツを用意しています
入会月無料です(適用には条件があります。詳しくはサイト内でご確認ください)
・料金は月額3,240円(税込)です
・どなたでもに簡単に入会できます

★PCサイト『大谷内泰久の最強3連単予想
★メルマガ『大谷内泰久の厳選勝負レース予想
※PCサイトとメルマガの予想の内容、および料金は同じになります
※継続利用で入会月無料になります。4月11日までに登録すると、4月(残り6日間)+5月(10日間)の開催16日間の予想を1ヵ月分の料金で見ることができます(日曜にも登録できます)。桜花賞、皐月賞、天皇賞(春)、オークス、ダービーなど、注目のレースが目白押しです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【大阪杯(GII)】 阪神芝2000m(内)・不良
1着  ラキシス     2分02秒9
2着 ◎キズナ       2馬身
3着 △エアソミュール   3馬身
3連複 1,980円
馬 連  840円

 阪神の内回り芝2000mで争われた春のGIにつながるGII競走。芝は連続開催で6週目になり、この週からBコースに替わっていた。芝はさすがに荒れ気味で、さらに当日は雨が降って馬場が悪化。不良馬場にまで進行することになり、正直、興味はそがれた。

 レースを引っ張ったのはゼロスで、ムキになって走ってスイスイと飛ばしていく。離れた2番手の好位組は少し固まり、あとはバラけてタテに長い展開になった。3ハロン通過は36秒6で、1000mは61秒1だった。

 4コーナーに差しかかってゼロスの脚色が鈍り、カレンブラックヒル以下の2番手勢力が一気に差を詰める。全体にペースが緩まず、この好位組でも競馬は厳しかった。結局は差しが決まることになり、勝ったの5歳の牝馬ラキシスだった。大きな注目を集めたキズナは2着に終わった。

◆1着 ラキシス(4番人気・3番枠) ルメール
 3番枠からのスタート、ヤネはテン乗りでルメール。ゲートが開いて前脚を少し上げて出て、ダッシュ自体も速くなかった。ルメールは自然に任せて押すことはせず、中団より後ろで後方4番手を進む形になった。

 内を避けて少し外に構えていて、囲まれずにプレッシャーを受けることはなかった。馬場にノメッてはいなかったし、のんびりと走るぐらいで体力を残すことができた。3コーナーから少し押して気持ちを乗せたが、まだスイッチは入れていなかった。

 4コーナーに来て少し外に動かし、直線の立ち上がりで前が開いてスムーズに追い出すことができた。外からマクッてきていたキズナが先を越す形になったが、仕掛けたのはラキシスの方があと。残り200mを過ぎて内からグッと先頭に出、最後までしっかりと脚を使って1着でゴール板を駆け抜けた。2馬身差の完勝で、勝ち時計は2分02秒9(不)。上がりは35秒9で、ラスト1ハロンは12秒7か12秒8で駆けている。

 今回は有馬記念(6着)以来で3ヵ月ぶりの実戦。最終追い(栗東のCW)では3頭併せで2頭に遅れていたが、角居勝彦流の調整で熱心に乗り込まれていて、角居師も「動ける仕上がり」というコメントを出していた。

 当日は10キロ増の468キロ。馬体増でもスッキリと見せていて、もう少しボリュームが出ても良さそうなぐらいの体つきだった。まだ成長余地が残っているということである。

 それにしても、久々、不良馬場という条件下でこれだけのパフォーマンスを見せたのはスゴイ。3歳時に重馬場のエリザベス女王杯を2着しているが、今回ほど悪い馬場ではなかった。

 さらに驚くのは、ゴールした時に脚取りが確かで余力が残っていたことである。2着のキズナ以下、みなが最後は苦しくなってアップアップだったのに、ラキシスだけが違っていた。

 正式決定はしていないが、天皇賞(春)(5月3日)に進むことになる模様。血統面からは3200mでという感じはしないが、折り合いを欠くところはなく、対応できそうな気がする。また、今回は力の要る馬場で結果を出したが、京都で切れることは33秒4の上がりで差し切ったエリザベス女王杯で証明済みだ。5歳の今年は大変な活躍を見せるかもしれない。 

◆2着 キズナ(1番人気・7番枠) 武豊
 7番枠からのスタート、ヤネは主戦の武豊。ゲートが開いて少し左にヨレたが、ダッシュ自体はついていた。ユタカは抑えて自然と下がり、後方3番手でラキシスから3馬身ほど後ろを進む形になった。前半から中盤は適度な闘争心を見せていた。

 3コーナーの前あたりで少し置かれる感じになり、ユタカが手を動かしていた。コーナーに入って徐々に詰めにかかり、4コーナーに来てユタカが強めに押してムチを抜いた。

 キズナはすぐにスピードアップし、大外をマクッていく。直線に入ってムチが入り、グッと伸びて残り250mのあたりで早くも先頭に出た。しかし、早く動いた分で少し苦しくなり、内からラシキスに交わされてしまう。地力と根性がある分でバタッとはこなかったが、2馬身差の2着に終わった。

 骨折明けだった京都記念は22キロ増でボテッとした体つきだった。その後は栗東のの坂路とCWで意欲的に攻められ、CWの最終追いでは63秒台−11秒台の一番時計で先着していた。当日は京都記念から8キロ減って506キロ。もうひとつ迫力がないようにも見えたが、体は少し良くなっていた。

 結果は2着だったが、内容が悪かったわけではない。道悪の中で早めに外を動けば厳しくなるのは当然だし、マクッていけたこと自体が脚力が上であることの証明である。次は予定通り天皇賞(春)。反動が出る可能性はあるので、今後の調整ぶりを注視したい。

◆3着 エアソミュール(6番人気・4番枠) M・デムーロ
 4番枠からのスタート、ヤネはテン乗りでミルコ・デムーロ。ゲートの出はまずまずで、掛かる気性を考えてミルコが抑えにかかる。それでもソミュールは気持ちが入ってしまい、好位に上がった。

 囲まれて前が壁になっている分で暴走するまではいかなかったが、ずっと完全には息が入っていなかった。後半のコーナーに来ても、まだミルコがなだめていた。

 直線に向いて追い出しに入ろうとしたところ、前が密集してスペースがない。そこでロゴタイプの外に回しにかかる。が、出したところで後ろから来たラキシスに締められて少し引いてしまった。

 それまで力んで走っていたこともあり、普通ならそこで気持ちが切れて後退している。が、頑張って脚を使って3番手に上がり、苦しくなりながらも3着で入線した。

 決して、というかまったくスムーズな競馬でなく、それで馬券に絡むのだから能力は素晴らしいものがある。ラキシスと同じ角居勝彦師の管理馬。攻めでは爆発的な動きを見せていて、抜群にデキが良かったことも好走因の1つである。

 6歳になっても折り合い面で成長が見られないが、闘争心があるのは競走馬にとって大事なことではある。角居師にも考えがあるのだろう。でも、どうしても「マイルを使ったもらいたい」と思ってしまう。

◆4着 スピルバーグ(2番人気・12番枠) 北村宏司
 12番枠からのスタート、ヤネは主戦の北村宏司。ゲートが開いてトモに力が入り切らず、ダッシュは遅めだった。置かれて最後方の追走になり、道中は頭が上がって行きっぷりもひと息だった。

 3コーナー前から早めに北村が押していくが、やはり頭が上がって脚を使えない。直線は外を通ってジリジリと伸びてきたが、内にモタれていてギュンとはこず、最後は脚が上がって4着までだった。

 トモの入りが悪い追い込み馬。予想されたことではあったが、やはり道悪は良くなかった。全兄のトーセンラーも道悪は不得手である。次はイギリスのアスコットに飛んでプリンスオブウェールズS(GI・芝2000m)。施行日は6月17日になる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【ダービー卿チャレンジT(GIII)】 中山芝1600m・良
1着 ×モーリス       1分32秒2
2着  クラリティシチー   3馬身1/2
3着  インパルスヒーロー   クビ

 トリッキーなコース形態の中山芝1600mで争われたGIII競走。ハンデ戦で4.5キロの上下差があった。芝は連続開催の6週目で、この週からBコースに替わっていた。

 当日は朝から雨が降っていた。午後になって雨足が弱くなって馬場は良だったが、水を含んだ状態だったのは間違いない。ただ、当日は速い時計と速い上がりが出るレースが多かった。

 先導したのは予想通りラインスピリット。3ハロン通過は35秒6と遅めだったが、その分だけ掛かった後続が突いてくることになり、中盤でラップが上がってしまった。

 4ハロン目からの3ハロンは、11秒1−11秒3−11秒6の34秒0という速さ。結果、差しがハマる競馬になり、1番人気に推されていた4歳のモーリス(55キロ)が外から突き抜けて戴冠した。

 ちなみに、最後の2ハロンは11秒7−10秒9。モーリスが強かった分があるが、マイルの重賞でラストが11秒を割るというのは、ちょっと記憶にない。

◆1着 モーリス(1番人気・10番枠) 戸崎圭太
 ハンデは55キロ。10番枠からのスタートで、ヤネは準オープン勝ちの前のレースから手綱を取っている戸崎圭太だった。ゲートが開いてアオッて出て後手に回る。ゲートの出方自体がうまくないことと、緩さがあってトモの入りが遅いことの両方があるだろう。

 タテ位置は後方2番手。前半はタイトではない馬群の中で、気持ちが乗っているのを戸崎が慎重に抑えていた。3コーナーを過ぎて外が抜けてからも、戸崎は前に馬を置く形をとって折り合いに専念する。その甲斐あって、しっかりと体力を残すことができた。

 4コーナーに来て少し外に動かし、直線に入る前から戸崎が手を動かしていく。ただ、遊びを入れて持続的に本気ではしごいてはいなかった。直線は少し内にモタれていたものの、グッと脚を使って最外から差を詰める。残り200mを過ぎて先頭に立ち、100mからもの凄い切れ味で一気に突き放して勝利を決めた。

 後続につけた着差は3馬身半で、勝ち時計はレースレコードとなる1分32秒2(良)。自身の上がりは33秒0になり、ラスト1ハロンはおそらく10秒8で駆けている。相変わらず粗削りな感じではあったが、強烈なインパクトを与える勝利だった。

 次走は決まっておらず、春の大目標は安田記念(6月7日)に置くことになった。府中だと少し競馬が難しくなるが、抑えが利けば瞬発力をフルに活かせるコースではある。まだ4歳、さらなる飛躍に期待したい。

◆2着 クラリティシチー(4番人気・9番枠) 三浦皇成
 ハンデは56キロ。9番枠からのスタートで、ヤネはテン乗りで三浦皇成だった。ゲートの出は上々で、三浦は抑えて下げにかかる。後方の外めで少し上げ下げがあったが、三浦はずっと抱えて脚を残すことに専念していた。

 4コーナーに来て手綱を緩めて外を動かしていき、直線入り口から本気の追いに入る。しっかりと脚を使ったが、外から楽にモーリスがやってきて、抜かれると一気に離されてしまった。それでも渋太く2番手に上がり、最後は鈍りながらも2着に頑張った。

 モーリスが目立ってしまったが、クラリティも外を回ってレベルの高い競馬をしている。やはりタメる形ならしっかりと脚を使うし、成長しているのも確かだ。モーリスと同じ4歳世代で、まだ強くなるだろう。

◆3着 インパルスヒーロー(9番人気・4番枠) 田中勝春
 ハンデは56キロ。4番枠からのスタートで、ヤネは主戦の田中勝春だった。ゲート内で少しうるさくしていて、何とか五分に出たものの大きく左にヨレてしまう。態勢が整うまで待ったことで中位の少し後ろまで下がり、外めを進む形になった。

 道中はリズム重視でしっかりと抑えていた。3コーナーを過ぎるとクラリティが外から被せてきて、勝春は例によって腰が引けて手綱を引いたまま、どうしたらいいのかわからないような状態になってしまう。

 4コーナーでは最後方に近いところまで下がっていて、ここで外を回して仕掛けていった。非常にロスの多い競馬になったが、脚が溜まっていたのとインパルス自身に力があることで、直線は外からグイグイ伸びてクラリティとクビ差の3着に上がった。

 3歳時にはNHKマイルCで内にモタれながらクビ差の2着に駆けているインパルス。その後は不振におちいっていたが、東風S(3着)に続けての好走になり、ようやく本来の力を発揮できるようになった。

 とにかく残念だったのが勝春の騎乗である。勝春は土曜の安房特別(レオニーズ)でも気持ち悪いぐらいインパルスと同じ競馬をしていた。勝負どころで被されて引っ張って下げ、大きく外に回した。直線で伸びたものの、やっぱり3着までだった。

 まあ、満足な騎乗ができないのは、今に始まったことではない。狙いたい馬に乗っていると、買うべきなのか押さえに回すぐらいにするのかヒドく悩まされる。

 ご存知のように、JRAのジョッキーは競馬学校に入る段階で“素人の寄せ集め”。優勝劣敗も何もなしに基本的に全員がデビューでき、年に2、3勝でも2,000万円ぐらいの収入を得ることができる。このあたりのシステムを変えないことには、世界的に見て低いレベルのままだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆最近の的中実績
メルマガ『大谷内泰久の厳選勝負レース予想』&PCサイト『大谷内泰久の最強3連単予想

阪神12R(4/5)
馬連 6万3,790円
◎サンライズネガノ1着(12人気)

大阪杯(4/5)
3連単 1万6,620円
<プロ馬券師S・T>
3連複  1,980円
馬 連   840円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

ダービー卿CT(4/5)
馬 連 1,640円
<プロ馬券師S・T>

伏竜S(4/5)
3連複 2,120円
   2,330円
馬 連 2,310円
○◎×・○◎▲

船橋S(4/4)
3連複 3万9,550円
◎サトノデプロマット1着(4人気)

阪神12R(4/4)
3連複 1万5,000円

コーラルS(4/4)
3連単  5,640円
<プロ馬券師S・T>

鹿島特別(3/29)
馬 連 3万1,270円

阪神12R(3/29)
馬 連 8,490円

マーチS(3/29)
3連複 7,410円
<プロ馬券師S・T>

毎日杯(3/28)
3連複 6,280円
馬 連 5,690円
◎△▲でヒット

日経賞(3/28)
馬 連 2,190円
<3連単は不的中>

スプリングS(3/22)
3連複 1,180円
馬 連 1,090円
▲◎○でヒット

阪神大賞典(3/22)
馬 連 1,720円

阪神7R(3/22)
3連単 1万6,790円
<最強3連単予想>

韓国馬事会杯(3/21)
3連複 4,910円
◎○▲で本線ズバリ

須磨特別(3/21)
馬連 6,510円

なにわS(3/21)
3連複 4,500円

中山12R(3/15)
3連単 4,820円
<最強3連単予想> 200円購入

フィリーズレビュー(3/15)
3連複 4,790円
馬 連 3,260円
◎○×でヒット

中山牝馬S(3/15)
3連複 4,410円

房総特別(3/15)
3連複 3万640円

中日新聞杯(3/14)
3連単 5万580円
3連複 9,580円
馬 連 1,810円
<プロ馬券師S・T> ◎○※

潮来特別(3/8)
3連複 3,300円
▲△◎でヒット

千里山特別(3/7)
3連複 1万7,210円
馬 連  1,670円
◎○×で高配当ヒット

チューリップ賞(3/7)
馬 連 5,780円
3連複 4,020円
<3連単は不的中>

阪急杯(3/1)
馬 連 3,390円
◎ダイワマッジョーレ1着

中山記念(3/1)
3連単 7,520円
3連複 1,860円
馬 連  880円
<プロ馬券師S・T>

伊丹S(3/1)
3連複 9,440円

アーリントンC(2/28)
3連複 3万6,580円

皿倉山特別(2/28)
3連複 1万2,770円

阪神12R(2/28)
馬 連 4,550円

ダイヤモンドS(2/21)
3連複 6,780円
馬 連  960円
△◎○でヒット

斑鳩S(2/21)
3連複 8,850円
馬 連  990円
◎○×でヒット

調布特別(2/21)
3連複 2万1,040円

京都記念(2/15)
3連複 2,940円
馬 連 3,040円
◎○△でズバリ

共同通信杯(2/15)
3連複 2,380円
馬 連  710円
○▲◎でズバリ

京都8R(2/14)
3連単 9,960円
<最強3連単予想>

太宰府特別(2/14)
3連複 6,060円

アルデバランS(2/14)
3連単 2万5,220円
3連複  4,970円
<プロ馬券師S・T>

クイーンC(2/14)
3連複 2,700円
<プロ馬券師S・T>

早春S(2/8)
3連単 4万5,700円
<最強3連単予想>
3連複 9,610円

東京12R(2/8)
馬 連 1万1,290円
◎プラントハンター(4番人気)

東京新聞杯(2/8)
馬 連 1万4,690円
◎ヴァンセンヌ(3番人気)

きさらぎ賞(2/8)
3連複 420円
馬 連 260円
◎○▲で本線ズバリ

春菜賞(2/8)
3連複 1万140円

橿原S(2/8)
馬 連 1万220円

東京12R(2/1)
3連複 1万3,680円

根岸S(2/1)
3連単 4万8,330円
3連複 1万3,290円
<プロ馬券師S・T>
馬連   710円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

シルクロードS(2/1)
馬連 1,620円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

節分S(2/1)
3連複 4,140円

乙訓特別(1/31)
3連単 3万670円
<最強3連単予想> 200円購入
3連複  5,780円

@niftyオススメコンテンツ

大谷内泰久の厳選勝負レース予想

大谷内泰久の厳選勝負レース予想

厳選勝負レース予想、最強3連単予想、メインレース予想、後半&最終レース予想など、多彩な情報を具体的な買い目とともにお届けします。

大谷内泰久の最強3連単予想

大谷内泰久の最強3連単予想

専門紙『競馬研究』で本紙予想をつとめた大谷内泰久が展開する、予想&情報提供サイト。大谷内が破壊力ある3連単の買い目を伝達する【最強3連単予想】含め、5つのコンテンツで構成されます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ