本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 最強の男・大谷内泰久の重賞分析 > アルビアーノが無敗継続で桜候補に! ファルコンSはタガノアザガルがV


コラム

大谷内 泰久
大谷内 泰久

最強の男・大谷内泰久の重賞分析

プロフィール・関連コンテンツ


2015年03月23日

アルビアーノが無敗継続で桜候補に! ファルコンSはタガノアザガルがV

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルビアーノが無敗継続で桜候補に! ファルコンSはタガノアザガルがV

■先週は阪神7R(3/22)で3連単1万6,790円をヒット! スプリングSは▲◎○で3連複1,180円、馬連1,090円をズバリ。1月にはアレキサンドライトSで3連単99万850円、3連複13万1,910円(200円購入)のビッグヒットを達成しました。15年は高配当ヒットを連発しています。
※詳しい的中実績は当ページの下部に掲示しています

■PCサイトもメルマガも入会月無料
・高配当狙いの【最強3連単予想】、回収率重視の【厳選勝負レース予想】など、多彩なコンテンツを用意しています
入会月無料です(適用には条件があります。詳しくはサイト内でご確認ください)
・料金は月額3,240円(税込)です
・どなたでもに簡単に入会できます

★PCサイト『大谷内泰久の最強3連単予想
★メルマガ『大谷内泰久の厳選勝負レース予想
※PCサイトとメルマガの予想の内容、および料金は同じになります
※継続利用で入会月無料になります。3月28日までに登録すると、3月(残り2日間)+4月(8日間)の開催10日間の予想を1ヵ月の料金で見ることができます(日曜にも登録できます)。高松宮記念、大阪杯、桜花賞、皐月賞など、注目のレースが目白押しです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【フラワーC(GIII)】 中山芝1800m・良
1着 ×アルビアーノ     1分49秒4
2着  アースライズ     1馬身1/2
3着 ▲ディアマイダーリン   ハナ

 中山の芝1800mで争われた3歳の牝馬によるGIII競走。トライアルには指定されていないが、2着に入れば賞金が加算されて桜花賞に出走できる可能性が出てくる。芝はAコース使用4週目。内めは少し荒れていて、さらに週中に降った雨が残っていたが、内を通った勢力が活躍するケースが多く見られた。

 ハナを奪ったのは1番枠を引いた東のアルビアーノ。2戦2勝の戦績で1番人気に推されていたが、これがマイペースで運んでそのまま逃げ切った。次走は今後の状態を見つつ決められるようだが、桜花賞に進むなら注目される存在になる。

◆1着 アルビアーノ(1番人気・1番枠) 柴山雄一
 最内の1番枠、ヤネは前2戦で手綱を取っていた柴山雄一。ゲートが開いてポンと好スタートを切り、気持ちも乗ってスッと出ていく。1コーナーで単騎の形が確定し、軽く抑えつつといった感触の逃げになった。

 3ハロン通過は36秒5で、1000mは61秒7。4ハロン目には12秒9という大きいラップがあり、ゆったりとしたペースで体力を残すことができた。後半のコーナーに入っても楽で、直線の入り口に来て無理せず後ろが離れる。ここで勝負ありといったムードだった。

 直線に向いて柴山にしごかれ、後続をさらに離していく。少し内にモタれていて、これまでにもあった尻尾を振るという若さを見せたが、危なく見えるシーンはなく、1馬身半差で押し切る結果となった。

 勝ち時計は1分49秒4(良)。上がりの3ハロンは、12秒0−11秒4−12秒0の35秒4となっている。ペースが緩かったので数字面での評価は下しづらいところはあるが、強い競馬だったのは間違いない。

 当日の馬体重は前走比12キロ減で506キロだった。細い感じはなく、これぐらいでいいだろう。ただ、まだ筋肉が付き切っていないように見えた。

 米国産のマル外馬。父はストームキャットの系統で、フロリダダービーを勝つなどしたハーランズホリデイになる。3代母のアルセア(Althea)はアーカンソダービーなどGIを3勝していて、祖母のオーロラ(Aurora)は日本で2歳女王になったヤマニンパラダイスの全姉にあたる。

 体型的にはマイラーといった印象だが、遊んで走るところがあるし、今回のようにリズム良く走ることができれば2000mまではこなせそうだ。順調なら桜花賞(4月12日)に挑戦することになるだろう。存分にレースを盛り上げてくれそうだ。なお、管理する木村哲也師は、開業3年目での重賞初勝利となった。

◆2着 アースライズ(12番人気・5番枠) 三浦皇成
 5番枠からのスタート、ヤネはテン乗りで三浦皇成。ゲートを出て外からぶつけられたが、すぐにダッシュがついて流れに乗る。道中はバラけた中位の追走で、ストレスなく折り合って進むことができた。

 4コーナーに差しかかって馬群に入る形になり、前が密集していたので外に動かしていく。直線に向くと内に戻ってきて、ロスのある誘導になった。三浦は捌きがうまくなく、仕方ないところではある。残り200mを過ぎて狭いところを割って伸び、最後で2着に上がった。

 12月の初めに阪神で初勝利を挙げ、今回は3ヵ月半ぶりの実戦。栗東の坂路でビシビシとはやれないまでも入念に乗られていて、動きはしっかりしていた。当日は2キロ増の438キロ。もう少しボリュームアップしたいのは確かだが、毛ヅヤが良くて力を出せる仕上がりだった。これから強くなっていきそう。

◆3着 ディアマイダーリン(2番人気・12番枠) M・デムーロ
 外めの12番枠からのスタート、ヤネはテン乗りでミルコ・デムーロ。ゲートが開いてダッシュは遅く、そのまま抑えて後方の追走になる。向正面では外に構えていて、半ばから少し気持ちが乗ってスーッと中団まで上がった。後半のコーナーは無理に動かさず、4コーナーに来てミルコが追いに入った。

 直線に向いてグッと伸び、早めに2番手に上がる。が、アルビアーノは4馬身ほども前にいて、とても追いつけそうにない。頑張ってはいたものの、最後は少し苦しくなり、そこをアースライズに差し込まれた。

 11月に500万下を勝って以来で4ヵ月ぶりの実戦。疲れが出てクイーンC(2月14日)の予定を延ばしていたが、その後は熱心に乗り込み、美浦のウッドと坂路で速めの時計が出ていた。当日は10キロ増の486キロ。充実した馬体で太いことはなく、パドックで力強い歩様を見せて好仕上がりに映った。

 向正面でポジションアップし、コーナーで外を回ってきたことを考えると中身の濃い競馬である。しかし、賞金を加算できなくては意味がない。何とも痛い3着だった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【ファルコンS(GIII)】 中京芝1400m・稍重
1着  タガノアザガル   1分22秒9
2着  アクティブミノル   ハナ
3着 ×ヤマカツエース    ハナ

 中京の芝1400mで争われたGIII競走。芝はAコース使用2週目になり、週中に降った雨が残ってタフな馬場状態だった。外めからの差しが決まりやすくなるかなと思ったが、内めを攻めた勢力が好走するケースが多かった。

 ハナを奪ったのは3番枠から好ダッシュを見せたアクティブミノル。3コーナーまでは単騎の形だったが、セカンドテーブルが上がってきて、これが前に出るシーンがあった。3ハロン通過は34秒4で、4ハロン目は11秒6。馬場を考えると、速めのペースだっだと言っていい。

 直線最後は3頭が流れ込む接戦の勝負になった。勝ったのは14番人気の伏兵馬タガノアザガル。2着は4番人気のアクティブミノル、3着は5番人気のヤマカツエースで、3連単は63万馬券になった。

◆1着 タガノアザガル(14番人気・1番枠) 松田大作
 最内1番枠からのスタート、ヤネはテン乗りで松田大作。ゲートの出は五分で、松田がうながして流れに乗せる。好位4番手のインの追走になり、軽く抱えるぐらいの行きっぷりだった。

 コーナーもじっくりと脚をタメ、直線の立ち上がりでアクティブミノルとセカンドテーブルの外に持ち出す。松田は右後ろチラッと見てから追いに入った。急坂でさすがに少し頭が高くなったが、しっかりと脚を使い、残り300mでアクティブに並んだ。

 そこからは熾烈な追い比べが繰り広げられる。展開を考えるとアクティブは止まって不思議はなかったのだが、これが渋太く抵抗してきた。せめぎ合いは最後まで続き、ちょうどハナだけ出たところがゴールだった。

 勝ち時計は1分22秒9(稍)。レースの上がりは12秒0−12秒1−12秒8の36秒9で、自身の上がりは36秒7だった。ロスなく運べたのも力があればこそで、渋った馬場の中で内容ある勝利だった。

 アザガル自身は重賞初制覇で、手綱を取った松田はデビュー19年目での重賞初V。さらに管理する千田輝彦師も開業5年目の重賞初勝利となった。

 今後の予定を確認できていないのだが、NHKマイルC(5月10日)を目指すことになるだろう。血統からスタミナは潜在しているはずで、気性と体型からはマイルはギリギリかなといったところである。

◆2着 アクティブミノル(4番人気・3番枠) 藤岡康太
 3番枠からのスタート、ヤネは同馬に跨って函館2歳Sを勝っている藤岡康太。ゲートが開いて康太が気合をつけ、一気にスピードに乗ってハナに行く。抑えて単騎が確定し、道中は軽快な逃げっぷりだった。

 3コーナーに来るとセカンドテーブルが絡んでくる。ここで康太は無理に手を押さず、セカンドを前に出させて息を入れることに専念した。抑えたまま下がってしまう危険性もあったが、抵抗すれば直線で脚が上がることになるだろう。康太の判断は冷静だった。

 直線残り300mからはアザガルと長く叩き合った。最後でハナだけ交わされたが、中身の濃い走りだった。朝日杯フューチュリティSでも厳しいペースの逃げになって5着に踏ん張っていたし、なかなか渋太い。

 3ヵ月ぶりの実戦で6キロ減の476キロと馬体を増やせていなかったが、栗東のCWで迫力ある動きを見せていたし、しっかりと成長しているようだ。今後が楽しみである。

◆3着 ヤマカツエース(5番人気・8番枠) 藤田伸二
 8番枠からのスタート、ヤネは初勝利時に手綱を取っていた藤田伸二。トモに力が入らなかったか、ゲートが開いてアオッて出る。すぐに行き脚がつき、流れに乗ってインに入れていった。タテ位置は中位の後ろになった。

 コーナーはじっくりとタメ、直線の立ち上がりでコーナリング乗りがあって前との差が少し詰まっていた。直線は内めを捌きながら脚を使い、最後で前の2頭におそいかかる。が、ハナ+ハナ差の3着に終わった。

 道中も直線も少し走りがしっかりしていない感じがあったのだが、藤田がレース後に「何度もノメッていた」と話していて、馬場の影響があったようだ。地味な印象があるものの、確実に力をつけている。

◆4着 フミノムーン(1番人気・13番枠) 幸英明
 外めの13番枠からのスタート、ヤネは新馬勝ちの時に跨っていた幸英明。ゲートの出は上々で、無理に出さずに自然とポジションが下がる。中位の後ろの外の追走で、適度な闘争心を見せていた。

 3コーナーを過ぎて外からジワジワと差を詰めていったが、外に逃げる素振りを見せていた。直線に向いて争覇圏内に入りそうだったが、坂で頭が上がって推進力が出ない。苦しくなってからバタッとはこなかったが、前の3頭から離された4着に終わった。

 中京で500万下を快勝したことで人気になっていたが、まだトモに緩いところがあり、重賞で外を回しては厳しかった。それでも4着しているわけだから、悲観するような内容ではなかった。今後の成長を待ちたい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆最近の的中実績
メルマガ『大谷内泰久の厳選勝負レース予想』&PCサイト『大谷内泰久の最強3連単予想

スプリングS(3/22)
3連複 1,180円
馬 連 1,090円
▲◎○でヒット
阪神大賞典(3/22)
馬 連 1,720円

阪神7R(3/22)
3連単 1万6,790円
<最強3連単予想>

韓国馬事会杯(3/21)
3連複 4,910円
◎○▲で本線ズバリ

須磨特別(3/21)
馬連 6,510円

なにわS(3/21)
3連複 4,500円

中山12R(3/15)
3連単 4,820円
<最強3連単予想> 200円購入

フィリーズレビュー(3/15)
3連複 4,790円
馬 連 3,260円
◎○×でヒット

中山牝馬S(3/15)
3連複 4,410円

房総特別(3/15)
3連複 3万640円

中日新聞杯(3/14)
3連単 5万580円
3連複 9,580円
馬 連 1,810円
<プロ馬券師S・T> ◎○※

潮来特別(3/8)
3連複 3,300円
▲△◎でヒット

千里山特別(3/7)
3連複 1万7,210円
馬 連  1,670円
◎○×で高配当ヒット

チューリップ賞(3/7)
馬 連 5,780円
3連複 4,020円
<3連単は不的中>

阪急杯(3/1)
馬 連 3,390円
◎ダイワマッジョーレ1着

中山記念(3/1)
3連単 7,520円
3連複 1,860円
馬 連  880円
<プロ馬券師S・T>

伊丹S(3/1)
3連複 9,440円

アーリントンC(2/28)
3連複 3万6,580円

皿倉山特別(2/28)
3連複 1万2,770円

阪神12R(2/28)
馬 連 4,550円

ダイヤモンドS(2/21)
3連複 6,780円
馬 連  960円
△◎○でヒット

斑鳩S(2/21)
3連複 8,850円
馬 連  990円
◎○×でヒット

調布特別(2/21)
3連複 2万1,040円

京都記念(2/15)
3連複 2,940円
馬 連 3,040円
◎○△でズバリ

共同通信杯(2/15)
3連複 2,380円
馬 連  710円
○▲◎でズバリ

京都8R(2/14)
3連単 9,960円
<最強3連単予想>

太宰府特別(2/14)
3連複 6,060円

アルデバランS(2/14)
3連単 2万5,220円
3連複  4,970円
<プロ馬券師S・T>

クイーンC(2/14)
3連複 2,700円
<プロ馬券師S・T>

早春S(2/8)
3連単 4万5,700円
<最強3連単予想>
3連複 9,610円

東京12R(2/8)
馬 連 1万1,290円
◎プラントハンター(4番人気)

東京新聞杯(2/8)
馬 連 1万4,690円
◎ヴァンセンヌ(3番人気)

きさらぎ賞(2/8)
3連複 420円
馬 連 260円
◎○▲で本線ズバリ

春菜賞(2/8)
3連複 1万140円

橿原S(2/8)
馬 連 1万220円

東京12R(2/1)
3連複 1万3,680円

根岸S(2/1)
3連単 4万8,330円
3連複 1万3,290円
<プロ馬券師S・T>
馬連   710円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

シルクロードS(2/1)
馬連 1,620円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

節分S(2/1)
3連複 4,140円

乙訓特別(1/31)
3連単 3万670円
<最強3連単予想> 200円購入
3連複  5,780円

京都12R(1/31)
3連複 2万1,130円

白富士S(1/31)
3連単 6,390円
<プロ馬券師S・T>

京都12R(1/25)
3連複 3,600円
馬 連 1,410円
○◎▲で本線ズバリ

中山12R(1/25)
3連複 7,260円

アレキサンドライトS(1/24)
3連単 99万 850円
3連複 13万1,910円 
<最強3連単予想>

中山12R(1/24)
3連複 9,870円 

京成杯(1/18)
3連複 3,700円
<プロ馬券師S・T>

大和S(1/17)
馬 連 4,460円

京都8R(1/11)
3連単 5,190円
<最強3連単予想> 200円購入

許波多特別(1/11)
3連複 4,330円12:18 2015/01/19
◎○△でヒット・200円購入

寿S(1/10)
3連複 4万4,130円
<最強3連単予想>

京都12R(1/10)
馬 連 1万4,240円

中山7R(1/5)
3連単 4万4,080円
△◎○でヒット・200円購入

@niftyオススメコンテンツ

大谷内泰久の厳選勝負レース予想

大谷内泰久の厳選勝負レース予想

厳選勝負レース予想、最強3連単予想、メインレース予想、後半&最終レース予想など、多彩な情報を具体的な買い目とともにお届けします。

大谷内泰久の最強3連単予想

大谷内泰久の最強3連単予想

専門紙『競馬研究』で本紙予想をつとめた大谷内泰久が展開する、予想&情報提供サイト。大谷内が破壊力ある3連単の買い目を伝達する【最強3連単予想】含め、5つのコンテンツで構成されます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ