本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 最強の男・大谷内泰久の重賞分析 > ◎ラブリーデイ、○スズカデヴィアスでズバリ的中! キズナとハープスターは敗北…


コラム

大谷内 泰久
大谷内 泰久

最強の男・大谷内泰久の重賞分析

プロフィール・関連コンテンツ


2015年02月16日

◎ラブリーデイ、○スズカデヴィアスでズバリ的中! キズナとハープスターは敗北…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◎ラブリーデイ、○スズカデヴィアスでズバリ的中! キズナとハープスターは敗北…

■京都記念は◎ラブリーデイ、○スズカデヴィアスで3連複2,940円、馬連3,040円をズバリ! 共同通信杯は○▲◎で3連複2,380円、馬連710円をヒットしました。1月にはアレキサンドライトSで3連単99万850円、3連複13万1,910円(200円購入)のビッグヒットを達成しています!
※詳しい的中実績は当ページの下部に掲示しています

■PCサイトもメルマガも入会月無料
・高配当狙いの【最強3連単予想】
・回収率重視の【厳選勝負レース予想】
入会月無料です(適用には条件があります。詳しくはサイト内でご確認ください)
・料金は月額3,240円(税込)
・どなたもに簡単に入会できます

★PCサイト『大谷内泰久の最強3連単予想
★メルマガ『大谷内泰久の厳選勝負レース予想
※PCサイトとメルマガの予想の内容、および料金は同じになります
※継続利用で入会月無料になります。2月21日までに登録すると、2月(残り3日間)+3月(9日間)の開催12日間の予想を1ヵ月の料金で見ることができます(日曜にも登録できます)。フェブラリーS、中山記念、弥生賞、フィリーズレビュー、スプリングS、阪神大賞典、日経賞、高松宮記念など、注目のレースが目白押しです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【京都記念(GII)】 京都芝2200m(外)・良
1着 ◎ラブリーデイ    2分11秒5
2着 ○スズカデヴィアス   ハナ
3着 △キズナ        クビ
3連複 2,940円
馬 連 3,040円
 キズナ、ハープスターという牡馬と牝馬のスターホースが出走して大いに盛り上がったGII競走。舞台は京都の外回り芝2200mで、芝はBコース使用3週目だった。内めは見た目に禿げているが、硬くなっているのか先行して内を通った馬も頑張れる状態だった。

 ハナを奪ったのは予想通りスズカデヴィアスで、これをラブリーデイがマークする形になった。スズカのつくったペースは3ハロンが36秒8で、1000mが61秒2。これはスローと言っていい流れである。

 坂の下りの残り800mからピッチが上がって、800m〜600mのラップは11秒7。そして、上がりの3ハロンは11秒4−11秒0−11秒6の34秒0と速い数字になった。

 結局は前の2頭が入れ替わっただけで、1着ラブリー、2着スズカで決着する。キズナ、ハープの両ディープンパクト産駒は、それぞれ3着、5着に終わった。なお、ラブリーとスズカは、どちらもキングカメハメハ産駒である。

◆1着 ラブリーデイ(3番人気・6番枠) 戸崎圭太
 6番枠からのスタート、ヤネはテン乗りで戸崎圭太。ゲートが開いてしっかりと出脚がつき、ダッシュも良くて楽に先頭に出る。外からスズカが交わし、2番手に収まる形になった。

 向正面では抱えるぐらいの手応えだったが、しっかりと息は入っていた。3コーナーに来て坂の上りと下りは慎重に走らせ、4コーナーでスズカにジワッと迫る。そして、直線に向いて2頭の叩き合いになった。

 最初は少し離れていたが、残り250mから完全に馬体が併さって見応えある攻防になった。出そうではあったが、スズカが渋太く食い下がる。そのうちに後ろからキズナが迫ってきたが、これは脚色が鈍った。最後の最後でスズカをハナだけ交わしたところがゴールだった。

 確かに理想的な競馬ができたが、それもセンスがあればこそ。スローと言っても特別に遅かったわけでなく、また、レースの後半1000mが56秒56秒1と速くて、恵まれた勝利だったわけではない。ちなみに、2分11秒5の時計はレースレコードになる。

 年初に中山金杯をレコード勝ちし、2ヵ月後にGIIを制覇。中間は栗東の坂路で順調に時計を出し、反動もなく走れる状態をキープしていた。5歳の今年が充実の1年になるのは間違いない。このあとは天皇賞(春)(5月2日)を目標に歩みを進めることになる。

◆2着 スズカデヴィアス(4番人気・9番枠) 藤岡佑介
 9番枠からのスタート、ヤネは同馬に乗って2勝していた藤岡佑介。ゲートの出は上々で、頭が高くなっているのを佑介が押して行き脚をつける。これでスイッチが入る気性ではなく、ラブリーを交わて先頭に立つと、コーナーに入ってペースを落とした。

 向正面、3コーナーからの上りと下りは12秒台前半できっちりと走った。800mからピッチを上げ、佑介は考えていたプランで進めることができたのではと思う。直線は並んできたラブリーとビッシリと叩き合い、最後でわずかに競り負けて2着に終わった。

 55キロと斤量が楽だったこともあるが、一線級を相手にこれだけの走りを見せることができたのは立派である。好走の最大の理由は、休養中に大きくパワーアップしていたことだ。

 栗東の坂路で意欲的に乗られ、僚馬で攻め駆けするアドマイヤサガスと互角に動いていた。2週前に51秒6で先着し、単走の最終追いでは51秒3−12秒2をマークした。これらは今までは出なかった時計である。

 当日は10キロ増の506キロで陣営が話していた通りの数字。もちろんパワーアップ分である。頭が高くなるのは体型的なものもあり、自身なりに首は使っていた。この点にも成長がうかがえた。まだ4歳で、今後が非常に楽しみだ。

◆3着 キズナ(2番人気・4番枠) 武豊
 4番枠からのスタート、ヤネは主戦の武豊。ゲートの中でソワソワしていたが、ほぼ五分に出ることができた。ユタカは手綱を抑えていて、自然と下がって後方2番手の追走になった。道中は息が入ってスムーズな走りだった。

 3コーナーから外を少し詰めるが、無理したわけではない。そして、直線に入る少し前からユタカが追い出しを開始した。直線でジワジワとスピードに乗り、残り250mのあたりからグッと伸びる。が、3番手に上がって残り100mのあたりで脚色が少し悪くなった。最後は前も鈍った分で差が詰まったが、ハナ+クビ差の3着に終わった。

 骨折明けで9ヵ月半ぶりの実戦。栗東の坂路とCWで意欲的に乗り込み、CWの最終追いで63秒台をマークするなどして攻め量は十分だった。当日は22キロ増の514キロ。大きくなって4歳時とは体つきが違い、腹回りもガッチリしていた。ただ、全体に余裕があり、パドックで歩く姿には重苦しさがあった。

 もう少し締まった体になっていると思ったのだが、結局は太めの体で走ることになった。直線で全力に近いスピードで走れた距離が短く、キズナらしくなかった。

 ただ、パフォーマンスが悪かったわけではない。自身の上がりはメンバー中で最も速い33秒3で、これを骨折明け、太めでマークしたと考えると、むしろ評価すべき内容だったと思う。このあと、反動が出なければ大阪杯(4月5日)に向かうことのことだ。

◆5着 ハープスター(1番人気・8番枠) 川田将雅
 8番枠からのスタート、ヤネは主戦の川田将雅。ゲートの出は上々で、川田がうながして流れに乗せていく。中位で馬群の中というポジションで、いつもより前での競馬になった。

 道中はハミを取って走っているところがあり、内にモタれもしていた。3コーナーを過ぎてからもそんな感じで、直線に向かう前に追い出した時には反応が鈍かった。

 直線は内にモタれていたので、内に入っていく。ここでトウシンモンステラの進路をカットしてしまい、川田は騎乗停止処分になった。そこからグッと伸びることはなく、5着という結果に終わった。

 当日は昨秋のジャパンカップから14キロ増えて490キロ。もともと特別に良く見せるタイプではなく、太め感はなくて、いつもと変わらないハープに映った。トモの送りが少し弱い感じもしたのだが、気にしすぎかもしれない。

 川田はレース後に「ずっと内にササッていた。初めてこういうレースをしたからなのかなという印象」と話している。前半から気持ちを乗せたことで、勝手が違ってリズムが狂ってしまったのかもしれない。このあとは予定通りドバイシーマクラシック(3月28日)に向かう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆最近の的中実績
メルマガ『大谷内泰久の厳選勝負レース予想』&PCサイト『大谷内泰久の最強3連単予想

京都記念(2/15)
3連複 2,940円
馬 連 3,040円
◎○△でズバリ

共同通信杯(2/15)
3連複 2,380円
馬 連  710円
○▲◎でズバリ

京都8R(2/14)
3連単 9,960円
<最強3連単予想>

太宰府特別(2/14)
3連複 6,060円
アルデバランS(2/14)
3連単 2万5,220円
3連複  4,970円
<プロ馬券師S・T>

クイーンC(2/14)
3連複 2,700円
<プロ馬券師S・T>

早春S(2/8)
3連単 4万5,700円
<最強3連単予想>
3連複 9,610円

東京12R(2/8)
馬 連 1万1,290円
◎プラントハンター(4番人気)

東京新聞杯(2/8)
馬 連 1万4,690円
◎ヴァンセンヌ(3番人気)

きさらぎ賞(2/8)
3連複 420円
馬 連 260円
◎○▲で本線ズバリ

春菜賞(2/8)
3連複 1万140円

橿原S(2/8)
馬 連 1万220円

東京12R(2/1)
3連複 1万3,680円

根岸S(2/1)
3連単 4万8,330円
3連複 1万3,290円
<プロ馬券師S・T>
馬連   710円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

シルクロードS(2/1)
馬連 1,620円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

節分S(2/1)
3連複 4,140円

乙訓特別(1/31)
3連単 3万670円
<最強3連単予想> 200円購入
3連複  5,780円

京都12R(1/31)
3連複 2万1,130円

白富士S(1/31)
3連単 6,390円
<プロ馬券師S・T>

京都12R(1/25)
3連複 3,600円
馬 連 1,410円
○◎▲で本線ズバリ

中山12R(1/25)
3連複 7,260円

アレキサンドライトS(1/24)
3連単 99万 850円
3連複 13万1,910円 
<最強3連単予想>

中山12R(1/24)
3連複 9,870円 

京成杯(1/18)
3連複 3,700円
<プロ馬券師S・T>

大和S(1/17)
馬 連 4,460円

京都8R(1/11)
3連単 5,190円
<最強3連単予想> 200円購入

許波多特別(1/11)
3連複 4,330円12:18 2015/01/19
◎○△でヒット・200円購入

寿S(1/10)
3連複 4万4,130円
<最強3連単予想>

京都12R(1/10)
馬 連 1万4,240円

中山7R(1/5)
3連単 4万4,080円
△◎○でヒット・200円購入

初日の出賞(1/4)
3連複 6万8,980円
○※◎で高配当ヒット

中山金杯(1/4)
3連複 3,630円
<大谷内泰久>
馬 連 1,540円
<プロ馬券師S・T>

ホープフルS(12/28)
3連複 7万6,660円
馬 連  9,330円
◎○でズバリ

江坂特別(12/28)
馬 連 7,210円

ファイナルS(12/28)
馬 連 5,510円

クリスマスローズS(12/27)
3連複 9,370円
○◎△で高配当ヒット

エリカ賞(12/27)
3連複 5,080円

師走S(12/27)
3連単 5,550円
<プロ馬券師S・T>

阪神12R(12/27)
3連複 2,040円
馬 連 3,110円
◎▲○でズバリ

朝日杯フューチュリティS(12/21)
3連単 13万3,570円
<最強3連単予想>
3連複 2万 560円
馬 連 1万4,050円

仲冬S(12/21)
3連単 4万5,620円
<最強3連単予想>
3連複 1万 690円

ディセンバーS(12/21)
3連複 9,330円
◎△○でヒット・200円購入
馬 連 6,870円

元町S(12/21)
3連複 1万4,770円
馬 連  9,230円

クリスマスキャロル賞(12/21)
馬 連 1万1,470円

中山大障害(12/20)
3連単 1万5,590円
馬 連  1,020円
<プロ馬券師S・T>
3連複  2,200円
<大谷内泰久&プロ馬券師S・T>

リゲルS(12/20)
3連複 6,900円
○◎×で高配当ヒット

クリスマスC(12/20)
馬 連 1万2,850円

樅の木賞(12/20)
3連単 3,290円
<最強3連単予想>
◎○×・200円購入

愛知杯(12/20)
馬 連 1,270円
<プロ馬券師S・T>

チバテレ杯(12/14)
3連複 7万1,240円
(×200円)
馬 連 1万9,860円
○◎▲で高配当ズバリ

@niftyオススメコンテンツ

大谷内泰久の厳選勝負レース予想

大谷内泰久の厳選勝負レース予想

厳選勝負レース予想、最強3連単予想、メインレース予想、後半&最終レース予想など、多彩な情報を具体的な買い目とともにお届けします。

大谷内泰久の最強3連単予想

大谷内泰久の最強3連単予想

専門紙『競馬研究』で本紙予想をつとめた大谷内泰久が展開する、予想&情報提供サイト。大谷内が破壊力ある3連単の買い目を伝達する【最強3連単予想】含め、5つのコンテンツで構成されます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ