本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント > 先週惜しくもWIN4 ラインミーティアを無印にした理由とは?


コラム

小渕高慶
小渕高慶

現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント

プロフィール・関連コンテンツ


2017年08月05日

先週惜しくもWIN4 ラインミーティアを無印にした理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秘書(や)先週のWIN5は2-2-8-2-4番人気で決着して254万3730円の払戻金。小渕さんは新潟11Rのラインミーティアが外れてWIN4でした。振り返っていただけますか?


小渕:先週は「高配当のカギとなるのは千直で行われる新潟11Rのアイビスサマーダッシュ」と読みは合っていたのですが、手広く流しながらもラインミーティアは抜け。前半仕掛けず差しに賭けることはわかっていたので、着狙いとみて、1着しか用のないWIN5では要らないと判断してしまいました。先行勢が酒井学、石橋脩、杉原と重賞ではやはり気負いがあるジョッキーたちだっただけに、焦って早仕掛け→ゴール前で失速のパターンも考えるべきでしたね。

秘書(や)他のレースは概ねおっしゃっていた通りの決着でしたが、振り返っていかがですか?


小渕:札幌のクイーンSは波乱含みと見ていましたが、アエロリットが逃げ切り勝ち。距離延長の一戦だったのでどう乗るのか注目していたのですが、一番安全な乗り方をされてしまいましたね。2着が6番人気のトーセンビクトリー、3着が8番人気のクインズミラーグロだったようにやはり波乱含みの大混戦だったのは間違いなかったと思うのですが、札幌は開幕週だったためインが圧倒的に有利な馬場傾向。内枠を生かしてラチ沿いを回ってきた馬ばかりが台頭していましたね。このあたりは開催日に馬場傾向を見てからでないと断言しづらいので、申し訳ないところです。

秘書(や):今週は新潟と小倉と札幌がそれぞれ2週目になります。どんなところに注意が必要でしょうか?オススメの1頭なども挙げていただけると嬉しいのですが。


小渕:開幕週を見てわかったのは、札幌の芝は丈が短くて時計が速く、インが圧倒的に有利なこと。小倉の芝も今週台風の影響がどうかですが、先週はイン有利だったように思います。新潟は綺麗な馬場ではありますが、外からでも差せるフェアな馬場傾向のように思いますね。ダートは全場揃って前が有利なコースとして有名なので、先行勢が穴です。特に軽量の馬の一発が起こりやすい時期でもあるので注意してください。新潟のレパードSはあまり波乱の起きにくいレースですが、遠征帰りのエピカリスは6分程度の仕上がり。これの取捨選択がポイントとなりそうですね。逃げ馬タガノグルナの一発に期待しています。

週末のWIN5予想は『競馬道OnLine 小渕高慶の「本日の3番勝負+WIN5」』で! 

@niftyオススメコンテンツ

競馬道OnLine

競馬道OnLine

ケイバブック社提供のデータベースや情報検索、多彩な予想コンテンツなどが、たったの525円から楽しめます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ