本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント > 3週連続WIN5的中! 今週から「サマーWIN5」で波乱が起こる?


コラム

小渕高慶
小渕高慶

現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント

プロフィール・関連コンテンツ


2017年07月29日

3週連続WIN5的中! 今週から「サマーWIN5」で波乱が起こる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秘書(や)先週のWIN5は3-3-1-5-2番人気で決着して54万8110円の払戻金。小渕さんは見事にWIN5的中でした。振り返っていただけますか?


小渕:古馬1000万下の戦いとなった中京10Rと、福島10Rは、やはり上位人気馬たちの攻防となりましたが、どちらも3番人気が競り勝って、WIN5的にはいい形で突破。ところが先週最も波乱を期待した函館2歳Sで、結局1番人気のカシアスに勝たれて配当が少し落ち着いてしまいましたね。中京記念も上位人気の戦いとなりながら5番人気のウインガニオン、福島11Rも人気2頭の一騎討ちで2番人気のマウントロブソンが競り勝ち、当てやすくて配当の美味しい週だっただけに、函館さえもう少し荒れてくれればなぁという結果でした。

秘書(や)今週からはサマーWIN5ということで、各場のメインレースから始まり、最終レースが対象レースに加わりますが、傾向にどういった変化が起こると思われますか?


小渕:夏場の最終レースは500万下の番組が組まれることが多く、1000万下が組まれることが多い10Rよりもメンバーが手薄になりがちで、その分、波乱の余地は大きいと言えるでしょうね。小倉や新潟の場合は、最終レースは特別戦ではないので、見習い騎手には減量の恩恵があり、3歳牝馬に3キロ減の騎手が乗れば最大8キロの斤量差が生まれます。短距離戦であればこれは非常に有効で、減量ジョッキーの一発にも警戒が必要となってくるでしょう。


秘書(や):今週は新潟と小倉と札幌にそれぞれ開催地が変更します。どんなところに注意が必要でしょうか?オススメの1頭なども挙げていただけると嬉しいのですが。


小渕:技術介入が入るようになった今の馬場造園では、開幕週だからと言って内枠断然有利とは言い切れず、少し様子を見る必要がありますが、土曜前半の競馬を見る限りでは、どの場もわりと順当に内目がやや有利な状況のように見受けました。ダートは新潟も小倉も時計の速い高速ダートとして知られ、前が有利なので気をつけてください。札幌のクイーンSはクロコスミア、新潟のアイビスサマーダッシュはアクティブミノルの逃げ切りに期待です。

@niftyオススメコンテンツ

競馬道OnLine

競馬道OnLine

ケイバブック社提供のデータベースや情報検索、多彩な予想コンテンツなどが、たったの525円から楽しめます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ