本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント > 先週見事にWIN5的中! プロキオンSの中京は特異な馬場 あの馬に妙味?


コラム

小渕高慶
小渕高慶

現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント

プロフィール・関連コンテンツ


2017年07月08日

先週見事にWIN5的中! プロキオンSの中京は特異な馬場 あの馬に妙味?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秘書(や)先週のWIN5は2-7-1-2-2番人気で決着して107万3580円の払戻金。小渕さんは見事にWIN5的中でした。振り返っていただけますか?


小渕:先週は波乱含みのレースが多く、もっと高配当が見込めるかと思ったのですが、函館のサトノアレス、中央11Rのシャイニングレイはなんとか凌いでしまいましたね……。どちらもタイム差なしの辛勝で、この辺が入れ替わっていれば配当は大きく変わってきたでしょうから、ホント紙一重なんですけどね。まぁそれでも100万を超える配当なわけですから、このWIN5という馬券はとにかく当てることが重要です。なのであまり絞り過ぎずに、可能性のある馬は全て買うくらいでいいと思います。それだと資金がかなり必要ですが、どこかで事故れば一気に配当が跳ね上がりますから心配ないはずです。まぁ1つ2つは絞るレースも作らないと大変ではありますけどね。


秘書(や)福島11RのラジオNIKKEI賞はセダブリランテスが1着でしたが、このレースなんかはどんな見解で、結果をどう捉えているのでしょうか?


小渕:3歳限定戦で唯一のハンデ戦であり、キャリアの浅い3歳はまだクラス分けが雑でイビツで、実力通りのクラスに分けられていないので、クラスや実績でハンデをつけると、実績馬が酷な斤量を背負わされる傾向。そうなると当然波乱含みということになるので、ここも手広く買うことにしたのですが、実績馬たちが皆、斤量に苦しんで伸びを欠く中、セオリー通り、斤量に恵まれる昇級組のセダブリランテスが割と人気していて、WIN5としてはあまり美味しくない結果に。終わってみれば斤量が楽だった馬が上位を独占していましたから、決め撃ちしても良かったかも知れません。また、このレースは3歳重賞にしては珍しく、関西馬が弱い傾向。栗東から福島までの輸送は地味に時間が掛かるので、そのあたりも影響しているのかな……と考えていたりもします。


秘書(や):今週は福島と中京が2週目。そして函館が4週目です。どんなところに注意が必要でしょうか?オススメの1頭なども挙げて頂けると嬉しいのですが…。


小渕:3場とも仮柵の移動はなく、引き続きAコースを使用となります。どこもまだ馬場の傷みは目立たないので、どちらかと言えばイン有利ですが、例年と比べると、それほど極端ではないようにも思います。あまりトラックバイアスを気にする必要はないでしょう。中京のメインレースはダートのプロキオンSですが、ダートの方が今は傾向が極端で、中京はとにかく時計が速く、前が止まりません。人気馬に差し馬が多いだけに、前で戦える馬が妙味でしょう。アキトクレッセントに注目しています。




週末のWIN5予想は『競馬道OnLine 小渕高慶の「本日の3番勝負+WIN5」』で! 



@niftyオススメコンテンツ

競馬道OnLine

競馬道OnLine

ケイバブック社提供のデータベースや情報検索、多彩な予想コンテンツなどが、たったの525円から楽しめます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ