本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント > 先週見事にWIN5的中! 宝塚記念断然人気のあの馬に死角あり?


コラム

小渕高慶
小渕高慶

現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント

プロフィール・関連コンテンツ


2017年06月24日

先週見事にWIN5的中! 宝塚記念断然人気のあの馬に死角あり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秘書(や)先週のWIN5は2-1-3-1-2番人気で決着して28万8410円の払戻金。小渕さんは見事にWIN5的中でした。振り返っていただけますか?


小渕:先週はどれも人気馬がキッチリ勝っての結果ですから、的中と言ってもそう誉められたものではないですが、堅く収まりそうなことを考慮して、いつもより点数を絞っての的中だったことは、マズマズだったかなと思います。波乱を期待した函館11Rでは、レコード連発の馬場を意識したのかシュウジが3ハロン32秒2で逃げてセイウンコウセイがこれを追いかける形。人気馬が潰し合って大波乱のお膳立てが整いながら、それでも3番人気のジューヌエコールで決まってしまうのですから、ちょっと他の馬では地力が違い過ぎましたね。


秘書(や)東京11RのユニコーンSでは、断然人気のリエノテソーロを軽視していましたよね?


小渕:4連勝の相手関係が超手薄でしたし、叩き台にしてもアネモネSが地味。NHKマイルC2着で人気に祭り上げられましたが、中央のダートでは全く実績がありませんでしたからね。青竜S組の方が余程信頼できると見ていました。ただ、リエノテソーロが飛びそうだと思っていただけに、もっと大波乱を期待して手広く流し過ぎましたね。よくよく振り返ればユニコーンSは後々のダート王が頭角を表す出世レース。フロックで勝てるような甘いレースではないので、素質上位の数頭で良かったかなと思いました。



秘書(や):今週は引き続き東京と阪神、そして函館が2週目です。どんなところに注意が必要でしょうか?オススメの1頭なども挙げて頂けると嬉しいのですが…。


小渕:東京と阪神は最終週で、仮柵の移動はありません。東京はDコース、阪神はBコースですが、東京は5月からの連続開催の最終週のわりには時計が速く、内外もそれほど差のないフェアな馬場傾向のように映ります。阪神は最終週とは言っても4週目で、Bコースとなってからは2週目。この開催は極端に速い馬場となっていますから基本は前と内が有利です。但し、明日は雨がかなり降ると予想されており、そうなるともう当日傾向を探るしかないでしょう。函館は開幕週の先週が歴史的なくらいの速い馬場でしたが、今週は週中雨がかなり降ったようで、少し時計が掛かりだしています。ペースもありますが、傾向としては差しが決まり始めていることに注目です。宝塚記念はキタサンブラックが断然人気ですが、過去の名馬たちもこの宝塚で崩れたケースが多く、そろそろ疲れが心配なところ。稽古は動いていましたが、レースへ行ってドッと疲れが出ることはよくあることですからね。条件好転のゴールドアクターが今回は逃げそうな気配なので、注目しています。



週末のWIN5予想は『競馬道OnLine 小渕高慶の「本日の3番勝負+WIN5」』で! 




@niftyオススメコンテンツ

競馬道OnLine

競馬道OnLine

ケイバブック社提供のデータベースや情報検索、多彩な予想コンテンツなどが、たったの525円から楽しめます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ