本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント > 今週からクラス再編成 無理な穴は狙わず堅めで勝負?


コラム

小渕高慶
小渕高慶

現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント

プロフィール・関連コンテンツ


2017年06月03日

今週からクラス再編成 無理な穴は狙わず堅めで勝負?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秘書(や)先週のWIN5は1-2-4-6-2番人気で決着して100万6580円の払戻金。小渕さんは京都10Rのシャイニングレイが外れてWIN4でした。振り返っていただけますか?


小渕:ローカル開催がなくなった先週は、それほど高配当が望めないと思い、買い目をあまり広げすぎないように気を使ったことが裏目になってしまいました。「波乱があるとすれば京都の10R」という読みはあっていたのですが、脚部不安で2年も休んでいたシャイニングレイを嫌ったのは失敗でしたね。



秘書(や)東京10Rのダービーはレイデオロが勝ちましたが、このレースについてはいかがですか?


小渕:青葉賞の勝ち馬が1番人気になるほど、今年の3歳牡馬戦線は混戦模様だったわけですが、WIN5的には、結局1着を当てるだけですから、その候補はある程度限られているかなとみていました。ただ、前の週のオークスが急に前残りの馬場になった影響を受けましたし、先週もCコースに替わるだけに馬場傾向が大きく影響するだろうと考えていて、当日の傾向をみるまではやはりそのあたりを決めつけるのは危険でしたからね。結局、あまり内外の差は少ない馬場ではあったのですが、今度はペースが極端に遅くなり、馬券を買う側にとっては予測のしにくいレースとなってしまったように思います。1番人気のアドミラブルが大外強襲で3着と、ペースを考えると負けて強しのレース内容ではありましたが、どのような展開でも器用に立ち回り勝利をモノにしたレイデオロも評価を下げる内容ではありません。個人的には5着のアルアインも仕掛けどころひとつで食い込めていたように思いますし、先に楽しみが残る好レースだったかなと思いますね。


秘書(や):今週はクラス再編成が行われ、東京と阪神での開催です。どんなところに注意が必要でしょうか?オススメの1頭なども挙げて頂けると嬉しいのですが…。


小渕:今週から下級条件は4歳降級馬と3歳馬の戦いとなることがほとんどで、自然と買い目は絞りやすくなるはずです。その分、高配当は期待しづらいのですが、オープンクラスは有力馬が夏休みに入りがちで手薄な組み合わせが多く、波乱を期待するなら後半のオープンクラスで狙うのがいいでしょう。暑くなり、体調が良化してくる馬と、逆に疲れが見え始める馬が出てきますから、そのあたりの調子の善し悪しを重視するのもいいと思います。東京は引き続きCコースで外が有利、阪神は2開催ぶりでインが有利という馬場傾向。あまり無理な穴を狙わず、しばらくは少額投資でちょこちょこ儲けるという戦いになりそうです。



週末のWIN5予想は『競馬道OnLine 小渕高慶の「本日の3番勝負+WIN5」』で! 


@niftyオススメコンテンツ

競馬道OnLine

競馬道OnLine

ケイバブック社提供のデータベースや情報検索、多彩な予想コンテンツなどが、たったの525円から楽しめます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ