本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント > 今年のダービー 外からでは差し届かない?


コラム

小渕高慶
小渕高慶

現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント

プロフィール・関連コンテンツ


2017年05月27日

今年のダービー 外からでは差し届かない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秘書(や)先週のWIN5は10-11-2-3-1番人気で決着して2901万3050円の払戻金。小渕さんは京都10Rのローズプリンスダム、東京10Rのノットフォーマルが外れてWIN3でした。振り返っていただけますか?

小渕:先週は初っぱなの京都10Rで、注目していた爆弾穴馬9番人気のリヴェルディがハナ差2着で悶絶。単勝、馬単が外れるとともに、WIN5も一発終了という憂き目に。砂を被って道中もがき続け、4角では前が塞がり、直線に入る頃には殿まで下がるデタラメな競馬ながら、一旦は交わしたかというところまで伸びてきただけに、悔しい限りですね。WIN5的には結局、次の東京10Rでも外れてしまったので、どうということはなかったのですが、この東京10Rは東京コースでは最も波乱率が高いと言われる芝1400m戦。ここはもっともっと手広く構えるべきでしたし、先週は突如イン有利の馬場になったので、前に行く馬には警戒しておかねばならなかったですね。


秘書(や)たしか先週までは高配当の期待値が高い週とおっしゃっていましたが、今週からは堅い決着が多くなるということですか?

小渕:その通りです。だからこそ先週先々週で仕留め切れなかったのは痛いですよね。高配当が出ると読み、波乱率の高いレースはかなり手広くいったのですが、なかなかうまくいかないものです。来週からはクラス再編成が行われ、下級条件戦は降級した4歳馬と斤量の軽い3歳馬の天下がしばらく続きますから、波乱の余地はほとんどないですからね。今週はローカルがなく、ダービーデーで東京は条件戦も好メンバーが集まりますから、波乱を期待するなら京都しかないでしょう。


秘書(や):今週はローカル開催の新潟が終わり、東京と京都のみでの開催です。どんなところに注意が必要でしょうか?オススメの1頭なども挙げて頂けると嬉しいのですが…。

小渕:東京は今週から仮柵が移動されてCコースになります。先週の傾向を加味すれば、更にイン有利となりそうな見立てとなりますが、どういうことか土曜の競馬を見る限り、またまた外が伸びる馬場に変貌しています。木曜金曜に予想以上に雨が降ったことで、馬場が乾かず、内目が特に下が緩い馬場になったようですが、であれば乾き切るであろう明日はどうなるのでしょう?レースを見ながら検証するしかないですね。京都は引き続きDコース使用ですが、最終週のわりに馬場の傷みは目立たず、中間芝を刈ったこともあって前残りが横行していますね。今週の日曜はダービー。外からでは差し届かない馬場を予想していたため、ちょっと組み直さないといけない気がしますが、今のところ、皐月賞馬アルアインが最も確率が高いと踏んでいます。



週末のWIN5予想は『競馬道OnLine 小渕高慶の「本日の3番勝負+WIN5」』で! 

@niftyオススメコンテンツ

競馬道OnLine

競馬道OnLine

ケイバブック社提供のデータベースや情報検索、多彩な予想コンテンツなどが、たったの525円から楽しめます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ