本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント > 天皇賞春は「あの馬」の一発に期待!


コラム

小渕高慶
小渕高慶

現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント

プロフィール・関連コンテンツ


2017年04月29日

天皇賞春は「あの馬」の一発に期待!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秘書(や)先週のWIN5は6-2-5-2-12番人気で決着して2465万8030円の払戻金。小渕さんは京都10Rのコパノチャーリー、東京11Rのモズカッチャンが外れてWIN3でした。振り返っていただけますか?

小渕:うーん…。難しかったですね。京都11Rが堅いのは想像できましたが、少頭数の京都10Rでイキナリ波乱の決着とは…。現級実績のある実力馬がある程度前で運べる上、同型もいて楽な展開にはなりそうもなかっただけに、あんなにコパノチャーリーがスンナリ運べるとは思えませんでした。前に行く馬が断然有利な京都のダート戦であり、少頭数だと変な展開になりがちなので、単騎逃げ候補は買い目に入れておくべきでしたね。


秘書(や)東京11RのフローラSはどうでしたか??

小渕:開幕週の馬場がどうか…というのが大きなポイントでしたが、土曜の段階から内目が圧倒的に有利な状況が続いていましたからね。エアレーション作業を施すようになってからは、案外開幕週こそ外差しが利く傾向に移り変わっていただけに、イン有利をそこまで予想に徹底できなかったのが敗因だったかなと思います。牝馬の中長距離戦はとにかくペースが落ち着きますから、馬群が一団。外枠の馬は前に行くしか手がなく、差し追い込み馬はインを狙って偶然前が開くのを期待するしか手がないですからね。結果論ですが、内枠と先行馬をズラっと押さえておけば当たるレースだったように思います。


秘書(や):今週は引き続き東京と京都。そしてローカル開催は新潟に替わります。どんなところに注意が必要でしょうか?オススメの1頭なども挙げて頂けると嬉しいのですが…。


小渕:東京も京都も極端に速い馬場というわけではありませんが、どちらもイン有利の傾向ですね。仮柵の移動がないため、2週目となる今週もその傾向は変わらないとみています。新潟は開幕週になりますが、春は芝の根付きが悪いのか、あまり絶好の馬場という感じでもなく、土曜は外から差してくる馬の台頭が目立っています。日曜の新潟11Rは外回りの芝1600mですから、決め手に秀でた馬に有利な馬場と言えそうです。京都のメイン天皇賞春はサトノダイヤモンドとキタサンブラックの一騎討ちムードですが、シャケトラの一発に期待しています。

週末のWIN5予想は『競馬道OnLine 小渕高慶の「本日の3番勝負+WIN5」』で! 


@niftyオススメコンテンツ

競馬道OnLine

競馬道OnLine

ケイバブック社提供のデータベースや情報検索、多彩な予想コンテンツなどが、たったの525円から楽しめます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ