本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント > 先週の大万馬券はお手上げ? 今週東京芝は外差しが決まる傾向


コラム

小渕高慶
小渕高慶

現役レーシングマネージャーのWIN5マネジメント

プロフィール・関連コンテンツ


2017年02月11日

先週の大万馬券はお手上げ? 今週東京芝は外差しが決まる傾向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秘書(や)先週のWIN5は4-3-16-6-3番人気で決着して7402万2700円の払戻金。小渕さんは東京9Rのハッピーモーメント、東京10Rのライズスクリュー、京都11Rのアメリカズカップが外れてWIN2的中でした。振り返っていただけますか?


小渕:先週は散々な結果でしたが、とにもかくにも東京10Rのライズスクリューが取れたかどうかがみなさん肝だったのではないでしょうか?ローカル開催のない週で、わりと力勝負になりやすい東京と京都の開催だったので、堅い決着が多いかなと思ったのですが、やはり冬場の調整の難しさが出てしまったのでしょうかね。特に東京10Rは3歳1勝クラスの牝馬戦で芝1400mと、一応東京コースの中では屈指の荒れやすい条件。スローペースの上がり勝負となって乗り方ひとつで力差を埋められる展開になりましたし、ここだけでも全部買うつもりでWIN5を構成しても良かったかも知れません。

秘書(や)京都のきさらぎ賞、東京の東京新聞杯も中波乱といった感じでしたが、そのあたりについてはどうですか?



小渕:きさらぎ賞はサトノアーサーが単勝1.4倍の支持を受けていましたが、戦ってきた相手が弱く、初戦でかなりズブいところを見せていたので、道悪馬場でちょっと心配だなとは思っていたんですけどね。期待したスズカメジャーがスタート直後に逃避して落馬とツキもなく、アメリカズカップに関しては能力を過小評価していました。東京新聞杯は休み明け不振のデータから京都金杯組の2頭でだいたい大丈夫とみていて、まぁ概ね当たっていますが、プロディガルサンの猛追には驚かされましたね。1週前のオープン特別を除外されて思ったより仕上がりが進んだこともあるのでしょうが、この速い上がり勝負で目立つ伸びを見せれる決め手は、今後の活躍を期待できるものとみていいでしょう。


秘書(や):今週は引き続き東京と京都。そして小倉が開幕です。どんなところに注意が必要でしょうか?オススメの1頭なども挙げて頂けると嬉しいのですが…。

小渕:京都や小倉は雪の影響が心配されており、開催が順延となればWIN5は中止となりますが、まぁ開催されることを前提としてハナシを進めていきましょう。東京はDコースに替わって3週目。当初からDコースにしては外から差し込む馬の台頭が目立つなぁと思っていましたが、週が進むに連れて更にその傾向が顕著になってきている印象です。京都は先週が道悪で今週も天候が微妙ですから、当日みてみないことには何とも言えません。小倉は初日から雪で中止となりましたが、WIN5の対象レースはダートの1700m。そもそも小倉のダートは行ったもん勝ちのコースで、脚抜きのいいダートであれば更にその傾向が顕著になりそうです。今週のメインは京都記念と共同通信杯。京都記念は順調さを重視してミッキーロケットを、共同通信杯は対戦比較を重視してスワーヴリチャードをオススメします。


週末のWIN5予想は『競馬道OnLine 小渕高慶の「本日の3番勝負+WIN5」』で! 


@niftyオススメコンテンツ

競馬道OnLine

競馬道OnLine

ケイバブック社提供のデータベースや情報検索、多彩な予想コンテンツなどが、たったの525円から楽しめます。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ