本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 西田式スピード指数週末情報 > 2戦2勝馬から


コラム

西田 和彦
西田 和彦

西田式スピード指数週末情報

プロフィール・関連コンテンツ


2017年12月08日

2戦2勝馬から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春のクラシックを目指す2歳牝馬のG1、阪神ジュベナイルFが今週のメインレース。
キャリアの浅い2歳牝馬のレースとはいえ、指数上位馬たちが毎年連対しており、連軸の中心は指数上位馬から取るのがセオリーだろう。もちろん、スローペースで楽勝してきたランク外の馬たちや、上がり指数の高い馬たちに注意が必要だ。1番人気は過去10年で4勝、2着1回、3着1回。連対率は50%。

(阪神ジュベナイルF)
       1着    2着    3着
07年    BZa   −     CY
08年    D       b   −
09年    −     A b   D b
10年    A a   −     DYd
11年    −     B     −
12年    B a   −     −
13年      d   C     B
14年    D     D c   D
15年    A     DZ    DXb
16年    −      Yb   AXc
(スローペース調整−20/−10)

今年は、マドモアゼル、ラッキーライラック、サヤカチャン、トーセンアンバー、コーディエライト、モルトアレグロ、ラテュロスなどが指数の上位馬たち。

2歳の牝馬戦で、加えて直線の長い阪神の外回りのマイル戦なら、スローペースは必至だ。当然、長く使える上がりの脚が問われることになるだろう。スローペースでの差し脚上位といえるのは、ロックディスタウン、トーセンアンバー、コーディエライト、ラッキーライラック、マウレア、トーセンブレスなどだ。
なかでも、デビューから2戦2勝、前走は重賞を勝っているロックディスタウン、ラッキーライラックの2頭が最有力候補だろう。

ロックディスタウンは、ルメール騎手の手綱で、新潟の新馬戦、札幌2歳Sを連勝。ともに1800メートル戦で、長くいい脚を使っており、スタミナも十分ありそう。
片や、ラッキーライラックは、新潟の新馬戦、東京のアルテミスSを快勝。マイル戦で2勝をあげている。直線、反応良く抜け出す鋭いスピードが持ち味のようだ。

2頭ともに、新種牡馬オルフェーヴルの産駒。成績だけでなく、指数上も甲乙つけがたい素質馬だが、今のところ、マイルのスピードにキレがあるラッキーライラックを中心に取ろうかと思っている。

他では2戦2勝のマウレア、リリーノーブルに加え、マイルの瞬発力が鋭いコーディエライトなどにもチャンスがあるだろう。



中山のダート重賞カペラSは、08年に創設されて以来、1番人気は一度も勝てず、2着が1回、3着も1回あるだけ。指数上は平均指数上位馬が健闘している。
今年は、ブルドッグボス、ディオスコリダー、ブルミラコロ、ニットウスバル、ノボバカラ、モンドクラッセなどが指数の上位馬たち。

安定した重賞成績ではブルドッグボスが目につく。浦和に転厩後、今年の夏は公営の重賞戦で1着、3着、2着。前走は後方から差し脚を伸ばして大井のJBCスプリントで3着に好走している。中央所属時には90を超す指数でオープン特別を勝っており、納得の活躍振りだろう。

全体として、先行馬に粘るスタミナがある馬が見当たらず、ここは差し馬に向く流れになりそう。差し脚の鋭い3歳馬ディオスコリダー、スノードラゴン、ニットウスバル、キクノストームなどにも注目したい。

(カペラS) 1着    2着    3着
08年    D c   −     −
09年     Zd   D d   −
10年    A a   −     B b
11年    −      Zc   −
12年     Za   B c   −
13年    D d   D d   D
14年    −     −     −
15年    BZc    Y    A a
16年     Zc   B d   −
(公営、海外の成績は減戦して集計)



中日新聞杯は芝2000メートルのハンデ戦。
開催時期が落ち着かないが、今年は、昨年までの3月開催から12月開催に変わった。
指数上位はケントオー、パドルウィール、ヴォージュ、クィーンチャーム、メートルダール、ミッキーロケット、レコンダイト、マウントロブソン、フルーキーなど。
トップハンデは57.5キロのミッキーロケットとマウントロブソン。57キロでフルーキーが続く。

恵ハンデで差し脚が生かせそうなのは、54キロのストーンウェアだろう。前走、1600万条件を勝ったばかりで、重賞も初挑戦だが、中京コースは3戦2勝、2着1回と相性が良いし、2000メートル戦は自己ベストの高指数を示している距離で、成績は(1201)。距離適性は高いだろう。

他では差し脚のあるケントオー、クィーンチャーム、レコンダイト、ミッキーロケット、フルーキー、マウントロブソン、ヴォージュなど。中心馬不在で波乱もありそうだ。


@niftyオススメコンテンツ

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

異なる条件で走った馬たちのタイムを、同じ物差しで比較することを可能にした指数予想の元祖とも言える「西田式スピード指数」を手軽に利用できるサービスです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ