本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 西田式スピード指数週末情報 > スタミナのある先行馬は


コラム

西田 和彦
西田 和彦

西田式スピード指数週末情報

プロフィール・関連コンテンツ


2017年10月20日

スタミナのある先行馬は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3歳馬最後のG1菊花賞が今週のメイン。
今年はダービー馬レイデオロ、2着スワーヴリチャード、3着馬アドミラルが不在。波乱も感じさせるレースになった。
過去10年、1番人気は5勝、2着1回、3着2回。まずまずの結果だろう。
指数上は、前走指数の上位ABC馬と、過去の指数で最上位のX馬のいずれかが毎年連対しており、連軸の有力候補には、A、B、C、X馬があがってくる。指数ランク外の馬が勝ったのは09年のスリーロールス1頭だけで、勝ち馬は指数上位馬からとるのが常道だろう。

(菊花賞)  1着    2着    3着
07年    B     −     C d
08年    A     −     −
09年    −     C      Zc
10年      d    X    −
11年     X    −     B a
12年    CX    A a   −
13年    AXa   C     −
14年    A a   A     −
15年     Z    BXa   A 
16年    AYb   −      Zc
(スローペース調整値−5/5)


今年はキセキ、サトノアーサー、ダンビュライト、ベストアプローチ、マイスタイル、アルアイン、クリンチャー、プラチナヴォイスなどが指数の上位馬たちだ。

過去の菊花賞の勝ち馬の多くは、前走、2400メートルの神戸新聞杯で3着内に好走した馬たちで、該当馬は10年で8勝をあげている。神戸新聞杯組以外では、セントライト記念の勝ち馬と1000万条件の勝ち馬が、それぞれ1勝をあげている。同世代トップ馬たちの戦いで、上位の実績馬は当然、評価が高い。

今年の神戸新聞杯ばダービー馬レイデオロが先行差し切りで完勝したが、そのレイデオロが不在。ここは2着のキセキ、3着サトノアーサー、4着ダンビュライトなどが中心になりそう。

キセキは前走指数最上位。神戸新聞杯では、直線、中団の後方から鋭い差し脚をつかって2着に浮上してきた。上がりは最速。差し脚に懸ける馬だけに、ペースに左右されるこもとあるかもしれない。2000メートルでの瞬発力の鋭さを見る限り、3000が適距離とは思えない。

サトノアーサーは後方からになったダービーで10着に大敗。神戸新聞杯は一転、積極的に先行して、レイデオロの後ろにつけ流れに乗った。直線、レイデオロには後れを取ったものの、じりじりと差し脚を伸ばして3位に食い込んだ。先行馬の内容としては上々だったし、3000メートルの菊花賞では、切れる差し脚より、スタミナのある先行力の方が武器になるはず。連軸の最有力候補としてピックアップしたい。

他路線組ではセントライト記念を勝ったミッキースワロー。セントライト記念では2着に負けたが、皐月賞馬アルアインなども連軸の有力候補だろう。

富士Sの1番人気馬は過去10年で2勝、2着1回のみ。
今年の指数上位馬は、ガリバルディ、グランシルク、イスラボニータ、レッドアンシェル、ペルシアンナイト、クラリティシチーなど。

マイルの指数の高さで、エアスピネル、イスラボニータ、グランシルクが中心になりそうだ。馬場が悪化するようなら58キロを背負うイスラボニータは苦しい。ここは力のいる馬場を先行するスタミナのあるエアスピネルに期待したい。

(富士S)  1着    2着    3着
07年    −     −       d
08年      c   −     −
09年     Yd   −     −
10年    −     −     −
11年    −     D     C
12年    −     −     −
13年    BXa    Yb   −
14年    AXa    X    −
15年    D     B c   C a 
16年    AYc    Zb   C


@niftyオススメコンテンツ

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

異なる条件で走った馬たちのタイムを、同じ物差しで比較することを可能にした指数予想の元祖とも言える「西田式スピード指数」を手軽に利用できるサービスです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ