本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 西田式スピード指数週末情報 > 素軽いスピード比べ


コラム

西田 和彦
西田 和彦

西田式スピード指数週末情報

プロフィール・関連コンテンツ


2017年09月08日

素軽いスピード比べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素軽いスピード比べ

 すっきりしない天気が続くが、今週からいよいよ秋競馬が始まる。
 中山の開幕週は京成杯オータムハンデ。1番人気馬は過去10年で1勝、3着が1回と不振続きのレースだ。指数上もランク馬が8勝をあげているものの、ハンデ戦らしくというか、傾向はつかみどころがない。

(京成杯オータムハンデ)
       1着    2着    3着
07年    −     CZc   −
08年    B     −     D d
09年    −     A      Z
10年    A     −     A d
11年    −     −     D a
12年      d   DY    A c
13年    A b   AXa   −
14年(新潟)AXa   A     −
15年     Z    −     −
16年     Xa   −     −

 今年は、マルターズアポジー、ダノンリバティ、ダノンプラチナ、ロサギガンティア、ウキヨノカゼ、マイネルアウラート、トーセンデューク、グランシルク、ガリバルディなどが指数の上位馬たちだ。

 苦戦の続くトップハンデを背負うのは58キロのマルターズアポジーとダノンプラチナ。開幕週とはいえ、指数上位で好調のマルターズアポジーといえども、58キロを背負って逃げ切るのは難しいのではないか。

 長く使える差し脚なら、ミッキージョイ、ウキヨノカゼ、トーセンデューク、マイネルアウラート、グランシルクなどが浮上してくる。また、高速馬場への対応力がありそうなのはオールザゴー。

 ここは53キロとハンデに恵まれた3歳馬オールザゴーに期待したい。NHKマイルCは後方から追い込んで5着に好走。前走の関屋記念は先行したものの、直線失速して13着に大敗してしまった。レース後「コーナーでかぶせられて、他馬とぶつかった」と内田騎手は敗因を語っており、ここは今一度、見直す手もあるのではないか。
 他では、牝馬ウキヨノカゼの鋭い差し脚にも注目したい。

 阪神のセントウルSは芝1200メートル戦。短距離戦だけに、最近の6年間は、前走指数上位馬が連軸の中心になっている。
 今年は、ダンスディレクター、ラインミーティア、フィドゥーシア、スノードラゴン、ツィンクルソード、ファインニードル、ミッキーラブソング、ワキノヒビキなどが指数の上位馬だ。

 1200メートルの短距離重賞で実績を残しているのはダンスディレクター、スノードラゴン、メラグラーナなど。ただ、3頭とも後方一気の脚質だけに、素軽いスピードが求められる野芝オンリーの高速馬場が合うかどうか。

 素軽いスピード馬場に対応できそうなのは、フィドゥーシア、ラインミーティア、ファインニードルなどだろう。

 注目は54キロで乗れる5歳牝馬フィドゥーシア。近走は、3戦2勝、2着1回。成績も安定している。前走のアイビスサマーダッシュは楽々と先頭に立って押し切りをはかったが、ゴール手前、内から伸びてきたラインミーティアに不覚を取ってしまった。ただ、内容は上々。セントウルSは過去10年で、牝馬が6勝をあげており、その点からも中心になる1頭だろう。
 切れる差し脚があるラインミーティアにもチャンスはありそう。

(セントウルS)
       1着    2着    3着
07年    −     −     A a
08年    −       c   −
09年    −     CXa   −
10年    −     外     C
11年    A     外     D a
12年    D      Yc   −
13年    BXc   AXa    Zb
14年    B      Xa   B d
15年    −     CXb   −
16年    CXa   −     −


 秋華賞トライアルレースの紫苑Sは、昨年から重賞に格上げされた。
 指数上位はブラックオニキス、マナローラ、ディアドラ、ホウオウパフューム、ライジングリーズン、カリビアンゴールド、ガジュマルなど。

 オークスで上位に好走したディアドラ、ブラックオニキス、マナローラなどが指数でも上位にあり、連軸の中心になりそう。

 中でも、オークスでは後方から直線、最内に入れて4着にまで上がってきたディアドラに注目したい。前走は、中団から早めに仕掛け、直線に向くと馬なりで先頭にたち、そのまま押し切って勝った。どこからでもレースができる自在性もありそうで、ここでも最有力だろう。

 相手はオークス出走組のブラックオニキス、マナローラ、カリビアンゴールド、ホウオウパフュームに加え、近走、スローペースの差し脚が光ったナムラムラサキ、プリンセスルーラーなどにも要注意だ。

(紫苑S)  1着    2着    3着
16年    A     D a   BYa



@niftyオススメコンテンツ

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

異なる条件で走った馬たちのタイムを、同じ物差しで比較することを可能にした指数予想の元祖とも言える「西田式スピード指数」を手軽に利用できるサービスです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ