本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 西田式スピード指数週末情報 > ホウオウパフューム中心


コラム

西田 和彦
西田 和彦

西田式スピード指数週末情報

プロフィール・関連コンテンツ


2017年04月21日

ホウオウパフューム中心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 初夏の暑さが続くこの頃。競馬は今週から東京と京都に舞台が移って、クラシック戦線の本番に向かう。
 東京の開幕週はオークスの出走権を争うフローラSがメイン。3歳重賞戦だけに前走指数上位の馬が連軸の中心になるが、牝馬限定戦はスローペースが多く、指数が低くても上がりの脚がある馬たちには注意が必要だろう。

(フローラS)1着    2着    3着
07年    CY    −     AXa
08年    AY     Z    −
09年     Zc   D     −
10年    −     AYb   DYc
11年    −     −     CZc
12年    A b   −     −
13年    C     −     A a
14年    A      Zc    Yb
15年     Xa   A      Y
16年    −     −     −
(スローペース調整−20/−10)

 今年の指数上位馬は、フローレスマジック、アロンザモナ、ホウオウパフューム、レッドミラベル、ビルズトレジャー、ディーパワンサなど。

 3歳牝馬の2000メートル戦ならスローペースは必至で、直線の差し脚比べになるのだろう。スローペースで長く使える上がりの脚なら、フローレスマジック、ニシノアモーレ、ドリームマジック、ホウオウパフューム、タガノアスワド、モズカッチャンなどが上位だ。
とりわけ、2000メートルの距離をこなすスタミナも豊富なホウオウパフュームが連軸の中心になりそう。ホウオウパフュームはここまで3戦2勝。2勝とも牡馬相手の2000メートル戦であげたものだ。前走の寒竹賞は、スローペースで先行馬に有利な流れをものともせず、4コーナー最後方から直線一気に差し切って勝ち、素質の高さは明らか。1月初旬以来のレースになるが、3カ月の時間があれば、さらに大きな成長も期待できるだろう。あえて桜花賞に向かわず、距離適性を重視して、フローラSからオークスに向かう路線を選んだ陣営の判断にも期待したい。

 京都の開幕週は読売マイラーズCがメイン。京都開催になった2012年以降、1番人気は2着1回、3着1回と、まだ勝利はない。
 今年の指数上位はプロディガルサン、フィエロ、クルーガー、イスラボニータ、ダッシングブレイズ、エアスピネル、ヤングマンパワーなどが指数の上位馬たちだ。

 休み明けのイスラボニータ、クルーガーの調整具合は気になるが、この冬を順調に使われてきた馬たちのなかでは、マイルの京都金杯、同じくマイルの東京新聞杯組が中心になりそう。

 京都金杯はエアスピネルが直線早め先頭に立ち、ブラックスピネルの追撃をきわどくかわして勝利をつかんだ。3着はフィエロ。
 続く東京新聞杯はブラックスピネルが超スローペースで逃げ切って勝ち、中団から追い上げたプロディガルサンとエアスピネルは2、3着だったが、超スローペースの流れでは精一杯。致し方ない結果だった。

 いずれにしても、マイルの両レースを好走したエアスピネル、ブラックスピネル、プロディガルサンの4歳馬たちが、勢いもあり中心になりそう。
 なかでもマイル戦は(3110)、京都のマイルは(2000)と、成績も安定しているエアスピネルが距離適性は最上位。ここは連軸に推したい。3歳クラシック戦線では皐月賞4着、ダービー4着、菊花賞3着と世代トップに並ぶ成績を収め、素質の高さを示しており、改めて得意なマイルで頂点を目指す走りを期待したい。

(マイラーズC)
       1着    2着    3着
12年    A     −     D d
13年    AXa   −      Za
14年     X    BYb   CZc
15年      d   D     A b
16年    −      Yc    Xb

 福島牝馬Sは前走指数や平均指数の上位馬が有力。ここ3年、3連単は20万越えの高配当が続く。
 今年は、トウカイシェーン、ロッカフラベイビー、ギモーヴ、クロコスミア、ウキヨノカゼ、ウインファビラス、エテルナミノル、ペイシャフェリスなどが指数の上位馬だ。

 牝馬限定戦だけに、スローペースで差し脚比べが基本。連軸になった馬たちの上がり指数は+15以上が標準で、その条件を満たすのはウキヨノカゼ、ロッカフラベイビー、フロンテアクイーン、ギモーヴ、クインズミラーグロ、デンコウアンジュなど。

 差し脚最上位はウキヨノカゼだが、牝馬の7歳は気にかかるところ。ここは若い4歳馬のギモーヴ、フロンテアクイーンに期待する手だろうか。

 小回りの福島だけに先行馬の前残りもありそうで、クロコスミア、トウカイシェーン、ブリガアルタからの組み立てもありそうだ。

(福島牝馬S)1着    2着    3着
07年    −     B     C d
08年    D     B     A
09年    −     D b   −
10年    A     C b   C
11年(新潟)−     D b   −
12年    B     AZ     Yb
13年    D b    X    BYc
14年      d   −     −
15年     Ya     c   −
16年    C     A     B


@niftyオススメコンテンツ

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

西田式スピード指数SUPER PADDOCK STATION

異なる条件で走った馬たちのタイムを、同じ物差しで比較することを可能にした指数予想の元祖とも言える「西田式スピード指数」を手軽に利用できるサービスです。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ