本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 日刊競馬南関東版 地方競馬重賞レース展望 > 12月6日・船橋 第63回クイーン賞(JpnIII・1800m)


コラム

日刊競馬
日刊競馬

日刊競馬南関東版 地方競馬重賞レース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年12月05日

12月6日・船橋 第63回クイーン賞(JpnIII・1800m)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
牝馬ダート戦線は先月のJBCレディスクラシックでひと区切り。しかし、ここから来年の秋に向けて再び一本道の牝馬戦線が始まる。このクイーン賞はハンデ戦ともあって、女王ララベルは回避。そこで敗戦を喫した組と他路線からの参戦組とのレースとなりそうだ。

プリンシアコメータは前走JBCレディスクラシック2着。叩きあいの末ララベルに競り負けたものの、直線受けた不利を含めて実力自体は伯仲していた。そこまでのJRA実績は準オープン好走までだが、その水準の実力があればメーデイアが示すように牝馬交流戦での通用は十分可能。昨日からのレースを見るに、中間行われた馬場改修で馬場はかなりの高速傾向に変わり、おそらく今開催は前有利。今回推されるであろう1番人気は、過去10年で9連対ならまず逆らえない。

ラインハートは8番人気のJBCレディスクラシックで3着好走、三連単134万馬券の立役者となった。元JRA5勝を思えばむしろ評価が低すぎた印象もある。その前走もただ一頭38秒台の上がりを使って直線馬群をさばく好内容。今回少頭数でその必要はなくなるものの、むしろ流れが向くかどうかの心配はある。アンジュデジールは3歳馬ながら、すっかりこの路線の安定株に成長した。前走こそ1〜3着には離されたものの、レースにならなかった印象でまともなら巻き返せる。

昨年3着のタイムビヨンドはその後南関A2を勝利。昨年の道営記念勝ちというローテーションには及ばないが、今年も夏場休養の後、道営でオープンを叩いて上向き加減は確実。ハンデも昨年より1キロ減の51キロなら侮れない。アンデスクイーンは前走1000万勝ちをあげた。前走の勝ちタイム1分51秒0は、翌々日のみやこステークス3着と4着のちょうど間にあたる好時計。牝馬戦のここなら十分通用のメドはたつ。

前の記事へ 次の記事へ


@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のA4サイズ、ネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!使いやすいPDF形式で、中央競馬と南関東、地方交流重賞のレースを1R単位で販売中!


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ