本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬 > マイラーズカップの馬場傾向&気候注目馬


コラム

棟広良隆・三宅誠
棟広良隆・三宅誠

馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬

プロフィール・関連コンテンツ


2015年04月23日

マイラーズカップの馬場傾向&気候注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
───────────────────────────────────
【1】「馬場レベルで見る先週の振り返り&今週の重賞展望(棟広良隆)」
───────────────────────────────────

<京都>
野芝に洋芝をオーバーシードした状態で施行されます。
京都は全12日間開催で、前半6日間がCコース使用・後半6日間がDコース使用です。
東京は2開催連続の全20日間開催。

前半6日間がAコース使用・中間(前)4日間がBコース使用・中間(後)
6日間がCコース使用・後半4日間がDコース使用です。
ともに『芝の生育は順調で全体的に良好な状態です。』という発表で、
時計面がどこまで早くなるのかをしっかり観察しましょう。

・マイラーズカップ<G2>展望
<1>着馬に安田記念への優先出走権が与えられます。
勝ち味に遅いものの、安定性に関しては抜群のフィエロ。
香港帰りというのがポイントにはなってきますが、
間隔を十分取って入念に乗り込んできています。

昨年、そのフィエロを敗ってマイルCSを制したダノンシャーク。
叩き2走目で真価を問われます。重賞でも<2>・<4>・<3>着と
崩れを知らないフルーキーあたりが人気の中心となりそうです。

クラレント、サンライズメジャー、シャイニープリンス、
タガノグランパ、テイエムタイホー、マイネルホウオウ、レッドアリオン、
ロサギガンティアあたりの食い込みを期待しています。

───────────────────────────────────
【2】気候で見る先週の振り返り&今週の重賞展望(三宅誠)
───────────────────────────────────

先週は比較的好天に恵まれました。
また、小雨が降った日曜中山も、
極端な馬場悪化をもたらす雨量ではありませんでした。

風についてですが、土曜中山は強風が吹き荒れました。
直線追い風ということで、時計面に風の影響を多少加味したいところです。

今週は週中〜週末にかけて好天予報。
気温も20度を超えるところが多くなりそうです。

【マイラーズカップ<G2>展望】
・サンライズメジャー
マイル(5.0.4.2)距離適性に注目、春(2.1.2.0)気候的な適性も十分。
もちろん京都コースも良く(4.2.0.2)、楽しみな一頭

・フルーキー
暖〜酷暑(4.1.1.0)と馬券外なしも寒〜涼(1.1.1.3)と苦戦気味、
ここ2戦苦手の寒での好走を評価、一変可能です。

・マイネルメリエンダ
前走ダービー卿では金杯と同じく1枠引くも敗退、
渋った馬場(良/水多)が影響したか?
パンパンの馬場で内枠なら京都金杯の再現も。暖〜暑(3.1.0.1)

京都のマイル適性と気温上昇で変わってくる馬に注目したい。
サンライズメジャー、マイネルメリエンダを穴馬推奨

・マイネルメリエンダの気候別成績
寒(12℃未満)【1−2−2−2】
涼(12℃以上18℃未満)【0−0−0−4】
暖(18℃以上25℃未満)【2−0−0−0】
暑(25℃以上30℃未満)【1−1−0−1】
酷暑(30℃以上)【0−0−1−0】


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ