本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬 > 高松宮記念の馬場傾向&気候注目馬


コラム

棟広良隆・三宅誠
棟広良隆・三宅誠

馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬

プロフィール・関連コンテンツ


2015年03月26日

高松宮記念の馬場傾向&気候注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
───────────────────────────────────
【1】「馬場レベルで見る先週の振り返り&今週の重賞展望(棟広良隆)」
───────────────────────────────────

<中京>
日曜日10R豊橋特別(芝千四)のコウセンが1.23.0。
阪神と同じぐらいかなり重い芝です。
外を回って差し込んでくる馬も、先々週よりも多く見られました。

・高松宮記念<G1>展望
前走で折り合い面の進境を見せ、初めての千二で新味発揮して
全く不思議ないミッキーアイル、昨年出走したG1でも<3>・<3>・<2>・<3>着と
全て馬券に絡んでいるストレイトガールが人気の中心でしょう。

また、昨年の覇者=コパノリチャード、
阪急杯を強い競馬で勝ち復活を見せたダイワマッジョーレ、
香港からの刺客=エアロヴェロシティあたりが続く形でしょうか。

アンバルブライベン、オリービン、サクラゴスペル、サドンストーム、
トーホウアマポーラ、ハクサンムーン、リトルゲルダ、レッドオーヴァル、
ローブティサージュあたりの食い込みに期待しています。

───────────────────────────────────
【2】気候で見る先週の振り返り&今週の重賞展望(三宅誠)
───────────────────────────────────

3場とも先週は好天。
気候「涼〜暖」と、春らしい暖かさを感じられる週でした。
風は多少出ていましたが、極端に時計がかかるほどの強風ではありません。

今週は週末の雲行きが怪しくなってきました。
気温は10度台を飛び越えて20度台まで上がる可能性があります。
ガラリと季節が変わったことで、冬実績馬の思わぬ凡走も増えてくるとみます。

【高松宮記念<G1>展望】
・コパノリチャード
昨年は不良馬場(暖)で圧勝後、初夏〜秋に苦戦、一昨年も同様でした。
寒〜涼(5.2.0.1)暖(1.0.0.5)暑(0.0.0.1)、基本は寒い時期がベストです。

・レッドオーヴァル
阪急杯は久々の1400m戦(不良)で敗退。
桜花賞2着、洋芝実機から中京の時計を要する馬場はぴったり、巻き返し十分。
前走中団からの競馬がここに生きそう。

・ローブティサージュ
洋芝キーンランドCは牡馬相手に勝利、洋芝や冬の重い芝での活躍を期待しましたが、
前走3着に食い込みました。中京の馬場に適性が高いのは明らか

穴はレッドオーヴァル、ローブティサージュ。
展開的には差しも、先週の前残りの馬場も考慮して、
時計を要する馬場でも差し脚鋭く、中団から差せるタイプを選びます。

・レッドオーヴァルの気候別成績
寒(12℃未満)【2−0−1−2】
涼(12℃以上18℃未満)【0−2−0−1】
暖(18℃以上25℃未満)【0−0−1−4】
暑(25℃以上30℃未満)【1−2−0−1】
酷暑(30℃以上)【0−0−0−0】

--------------------

◆本コラムは、メルマガ【『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析】(木曜配信版)の中からの一部抜粋になります。
メルマガではこのほか、日経賞・マーチSの展望や高松宮記念のその他注目馬もお届け。
馬場読み&天気のスペシャリストによるコラボレーションをお楽しみいただけます!

『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
http://otomana.nifty.com/authors/munehiromiyake/


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ