本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬 > 京都記念の馬場傾向&気候注目馬


コラム

棟広良隆・三宅誠
棟広良隆・三宅誠

馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬

プロフィール・関連コンテンツ


2015年02月12日

京都記念の馬場傾向&気候注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メルマガ『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
2015年10月発行〜先週まで予想回収率125%達成!

───────────────────────────────────
【1】「馬場レベルで見る先週の振り返り&今週の重賞展望(棟広良隆)」
───────────────────────────────────

<京都>
先週日曜日10R山城S(芝千二)のシゲルカガが1.08.8。
逃げてそのまま押し切った訳ですから馬場状態は悪くないでしょうが、
走破時計は掛かっています。冬場の開催で低いレベルの軽い芝と言えます。

・京都記念<G2>展望
ハープスター・キズナの2頭のスターホースが登場します!!
ハープスターは、まだG1では桜花賞の1勝のみ。期待ほどの結果が出てはいませんが、
凱旋門賞の直線での伸びを見ても世界レベルの馬であることは間違いありません。

キズナは、天皇賞(春)で骨折。9ヶ月の休養を余儀なくされました。
今年も凱旋門賞制覇が目標とのこと。楽しみな復帰戦です。
両馬ともに今年に賭ける意気込みは大変なものでしょう。

スズカデヴィアス、トウシンモンステラ、ハギノハイブリッド、ヒラボクディープ、
レッドデイヴィスあたりの食い込みが叶えば好配当が期待出来ます。

───────────────────────────────────
【2】気候で見る先週の振り返り&今週の重賞展望(三宅誠)
───────────────────────────────────

先週は土日通じて不安定な天候。
特に日曜東京は馬場状態が悪化するほどの悪天候となりました。
気温はひと桁台で、小倉では雪が降るほどの厳しい寒さ。

風についてですが、日曜小倉でテレビ越しからもわかる強風。
京都も風が強く、標準より多少時計もかかっていた印象です。

今週は金曜日に京都で不安定な天候も、週末は3場とも好天予報。
小倉は気温が10度を超え、厳しい寒さはいったん落ち着きそうです。

【京都記念<G2>展望】
・キズナ
負けたのは骨折した天皇賞(春)とともに寒だったラジオNIKKEI杯3着、
弥生賞5着、2年前のことですが、気候成績から万全とは?
直前気配には注意を払いたい。京都3勝、メンバー中最多、コース適性は抜群。

・スズカデヴィアス
強力な差し・追い込みが人気の中心、展開的に面白い存在です。
気候的にも寒〜涼に全3勝を上げており、穴です。

・ハープスター
寒は阪神JF2着、チューリップ賞1着と問題は無さそうです。
JCは凱旋門賞の疲れもあったか5着、古馬トップホースとの差感じましたが、ココでは信頼か

・ヒラボクディープ
3歳時は2月水仙賞から青葉賞を連覇、寒い時期は悪くなく、
前走で復活の端緒をつかめたかもしれません。変われるチャンスで穴。

気候適性がある馬から、展開面で楽しみがあるスズカデヴィアス、
前走に復活の手ごたえを感じたヒラボクディープを穴候補に取り上げます。

・スズカデヴィアスの気候別成績
寒(12℃未満)【2−0−0−2】
涼(12℃以上〜18℃未満)【1−0−0−1】
暖(18℃以上〜25℃未満)【0−0−0−2】
暑(25℃以上〜30℃未満)【0−0−0−2】
酷暑(30℃以上)【0−0−0−1】

--------------------

◆本コラムは、メルマガ【『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析】(木曜配信版)の中からの一部抜粋になります。
メルマガではこのほか、共同通信杯・クイーンCの展望や京都記念のその他注目馬もお届け。
馬場読み&天気のスペシャリストによるコラボレーションをお楽しみいただけます!

『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
http://otomana.nifty.com/authors/munehiromiyake/


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ