本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬 > 根岸Sの馬場傾向&気候注目馬


コラム

棟広良隆・三宅誠
棟広良隆・三宅誠

馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬

プロフィール・関連コンテンツ


2015年01月29日

根岸Sの馬場傾向&気候注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メルマガ『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
10月発行〜先週まで予想回収率138%達成!
先週は石清水S3連単20万馬券&東海S3連単5万馬券的中!

───────────────────────────────────
【1】「馬場レベルで見る先週の振り返り&今週の重賞展望(棟広良隆)」
───────────────────────────────────

<東京>
野芝に洋芝をオーバーシードした状態で施行されます。
『今開催使用するDコース(昨秋開催はA→B→Cコース使用)は
傷みがほとんどなく全体的に良好な状態です。』という発表です。軽い芝の開幕週。
冬場の開催なので、どれぐらいの時計の決着になるのかをしっかり観察しましょう。

・根岸S<G3>展望
<1>着馬にフェブラリーSの優先出走権が与えられます。

G1のチャンピオンズCでもメンバー中最速の上がりを使って0.5秒差まで追い込んだ
ワイドバッハ。前走の武蔵野Sでワイドバッハに0.1秒差・<2>着だった
エアハリファは人気の中心となります。
また、初めてのダート戦に矛先を向けてきたロゴタイプは大きな目玉でしょう。

アドマイヤロイヤル、キクノストーム、キョウエイアシュラ、ゴールスキー、
サトノタイガー、サトノプリンシパル、シルクフォーチュン、ポアゾンブラック、
マルカフリート、レーザーバレットあたりの食い込みに魅力を感じています。

───────────────────────────────────
【2】気候で見る先週の振り返り&今週の重賞展望(三宅誠)
───────────────────────────────────

開催を通じて好天に恵まれました。
とはいえ中間雨が降り、気温も低かったことで馬場の回復スピードはやや遅め。
先週は風も穏やかで、時計面での極端な影響は少なかった印象です。

今週は木〜金曜日にかけて雪が降る可能性あり。
極端に雪が積もるほどの積雪ではない見込みも、馬場悪化が懸念されます。
気温は日中でもひと桁台と、この時季らしく厳しい寒さが続きます。

【根岸S<G3>展望】
・サトノプリンシパル
稍〜重(3.1.0.0)、良/水少(1.1.2.5)の成績のように乾いた馬場は割引、
不良も2戦とも2桁着順、馬場状態に合わせて出し入れしたい。距離延長、左も良いはず

・サトノタイガー
中央に限るが寒(4.2.2.4)好走が目立つ気候です。
12月寒で上がり最速2着と激走、その勢いでココも

・シルクフォーチュン
このレース12年@着、14年B着、昨秋も僅差の戦い演じており、侮れません。
寒(3.2.2.4)好走率が高い季節

・レーザーバレット
6勝中、気温下降局面で5勝、当日は前走より更に下がって注目です。
冬5勝、寒(3.0.0.4)、馬場悪化でもしっかり溜めれば差せる、鞍上信頼

厳冬期に活躍できる気候的な適性を持つ馬が多いですが、
中でも寒で連対して臨む馬からレーザーバレット、サトノタイガー。
ほかでは馬場状態からサトノプリンシパル、高齢人気薄のシルクフォーチュン

・レーザーバレットの気候別成績
寒(12℃未満)【3−0−0−4】
涼(12℃以上〜18℃未満)【2−0−0−1】
暖(18℃以上〜25℃未満)【1−2−0−2】
暑(25℃以上〜30℃未満)【0−0−0−1】
酷暑(30℃以上)【0−0−0−0】

--------------------

◆本コラムは、メルマガ【『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析】(木曜配信版)の中からの一部抜粋になります。
メルマガではこのほか、シルクロードSの展望や根岸Sのその他注目馬もお届け。
馬場読み&天気のスペシャリストによるコラボレーションをお楽しみいただけます!

『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
http://otomana.nifty.com/authors/munehiromiyake/


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ