本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬 > AJCCの馬場傾向&気候注目馬


コラム

棟広良隆・三宅誠
棟広良隆・三宅誠

馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬

プロフィール・関連コンテンツ


2015年01月22日

AJCCの馬場傾向&気候注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メルマガ『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
10月発行〜先週まで予想回収率106%達成!
先週は日経新春杯3連単20万馬券&長篠S3連単5万馬券的中!

───────────────────────────────────
【1】「馬場レベルで見る先週の振り返り&今週の重賞展望(棟広良隆)」
───────────────────────────────────

<中山>
日曜日12R平場戦(芝二二)のキネオワールドが2.15.5。
このレース、ひとつ前の京成杯と、連続して大外からの豪快な差し切り勝ち。
時計を要す馬場レベルで差し馬が台頭しました。
今週も雨が残りそうなだけに、同様の傾向になる可能性が強いと推測しています。

・AJCC<G2>展望
ゴールドシップが登場。有馬記念はSペースで瞬発力勝負になってしまいましたが、
その中で0.1秒差・<3>着まで追い込んだ内容はさすがでした。
体調面さえしっかり伴っていれば、格好は付けるでしょう。

昨年重賞を2勝し、今年が飛躍の一年になる可能性があるエアソミュール。
札幌記念ではゴールドシップに完敗でしたが、どこまで差を詰めるのか注目です。
フェイムゲームは、有馬記念で除外。出走が叶いませんでした。
昨年のこのレースの<3>着馬でしたが、今年はもっと上に来てもおかしくないでしょう。

オーシャンブルー、クリールカイザー、ショウナンラグーン、ダークシャドウ、
ディサイファ、パッションダンス、フラガラッハ、マイネルディーン、
マイネルメダリスト、ミトラ、ユニバーサルバンクあたりの一発に期待しています。

───────────────────────────────────
【2】気候で見る先週の振り返り&今週の重賞展望(三宅誠)
───────────────────────────────────

先週は開催を通じて好天に恵まれました。
中間雨が降りましたが、特に風が強かった中京は比較的早い段階で馬場が回復。
その風についてですが、土曜に中山・中京で強風が目立っていました。
風の影響か、低く見積もっても通常より約1秒程度は時計がかかっていた印象です。

今週は中間水〜木にかけて雨が降りました。
週末は好天が見込まれまるものの、馬場悪化は間違いないところでしょう。

【AJCC<G2>展望】
・クリールカイザー
2200mは6戦して(1212)、馬場問わず好走しています。
寒くなるほど好走率を高めています。暖(1.1.1.5)涼(1.1.1.1)寒(3.5.2.4)

・ダークシャドウ
寒〜涼(3.4.0.6)天皇賞(秋)AC着はいずれも涼、
現状では涼しい寒い季節が良いと捉えます。
函館記念2着から冬場の芝にも適性ありそうです。8歳ですが鞍上含め穴です。

・フェイムゲーム
寒(2.0.1.1)着外の6着は半年以上空いた初戦でした。
アルゼンチン共和国杯は叩き台と思われましたが、涼でも寒に近い14℃でのレースでした。
典型的な冬馬で首位争えます。

厳冬期に行われる重賞で季節馬が多数参戦しています。
半数以を気候適性馬で占められた感、その意味でも冬馬の中から厳選する楽しみがあります。
ゴールドシップ、フェイムゲーム、エアソミュールは人気ですが上位争い必至の状況、
穴はクリールカイザー、ダークシャドウ

・フェイムゲームの気候別成績
寒(12℃未満)【2−0−1−1】
涼(12℃以上〜18℃未満)【2−0−0−1】
暖(18℃以上〜25℃未満)【0−0−0−3】
暑(25℃以上〜30℃未満)【0−0−0−3】
酷暑(30℃以上)【0−0−0−0】

--------------------

◆本コラムは、メルマガ【『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析】(木曜配信版)の中からの一部抜粋になります。
メルマガではこのほか、東海S・京都牝馬Sの展望やAJCCのその他注目馬もお届け。
馬場読み&天気のスペシャリストによるコラボレーションをお楽しみいただけます!

『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
http://otomana.nifty.com/authors/munehiromiyake/


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ