本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬 > 京成杯の馬場傾向&気候注目馬


コラム

棟広良隆・三宅誠
棟広良隆・三宅誠

馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬

プロフィール・関連コンテンツ


2015年01月15日

京成杯の馬場傾向&気候注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
───────────────────────────────────
【1】「馬場レベルで見る先週の振り返り&今週の重賞展望(棟広良隆)」
───────────────────────────────────

<中山>
月曜日5R平場戦<未勝利>(芝千六)のグランシルクが1.35.1。
例年のこの時期と比較すると早い走破時計です。
しかし、それは重い芝での範囲内での話です。
先々週よりも差し馬の台頭は可能になってきました。
また、引き続き展開面に注目しなければいけません。

・京成杯<G3>展望
エリカ賞の勝ち馬ベルーフ、2戦2勝と無敗で連勝続けるタケルラムセス、
同舞台のホープフルSの<3>・<4>着馬であるブラッグバゴ・ソールインパクト、
東京スポーツ杯2歳Sは案外な内容に終わったものの巻き返しに注目される
クラージュシチーあたりが人気の中心でしょう。

イーデンホール、オトコギイッポン、コスモナインボール、
ザイディックメア、ダノンリバティ、ディアコンチェルト、
ナスノセイカン、バルビエール、ブライトバローズ、
マイネルシュバリエあたりの食い込みが叶えば、高配当も期待出来ます。

───────────────────────────────────
【2】気候で見る先週の振り返り&今週の重賞展望(三宅誠)
───────────────────────────────────

3日間開催を通じて好天に恵まれました。
ただ、京都は土・日とも中間雨の影響を受けて渋ったダート。
中山は風が強く、ダートは乾いた馬場も相まって相当時計がかかっていました。

中間は木曜日にかなりの雨が降りました。
土日の馬場への影響は間違いないところです。
気温は日中でもひと桁台と、この時季らしく厳しい寒さが続きます。

【京成杯<G3>展望】
・クルーガー
エリカ賞は初芝と直線急坂のコースで持ち味発揮か。
先行力あり、内枠引けば楽しみです。前走は「寒」

・コスモナインボール
アイビーSの速い流れを最後まで粘った内容は◎。
中山の舞台では注意が必要。積極策が光ったフェアリーSを参考に

・ナスノセイカン
初芝でしかもスローな展開を後方から一気の追込みを決めました。
6度台の厳しい寒さも味方したか。不気味な存在

寒さと芝で一変したナスノセイカンの追込みと先行タイプのクルーガーが穴候補

・ナスノセイカンの気候別成績
寒(12℃未満)【1−0−0−1】
涼(12℃以上〜18℃未満)【0−0−0−1】
暖(18℃以上〜25℃未満)【0−0−0−0】
暑(25℃以上〜30℃未満)【0−0−0−0】
酷暑(30℃以上)【0−0−0−0】

--------------------

◆本コラムは、メルマガ【『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析】(木曜配信版)の中からの一部抜粋になります。
メルマガではこのほか、日経新春杯の展望や京成杯のその他注目馬もお届け。
馬場読み&天気のスペシャリストによるコラボレーションをお楽しみいただけます!

『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
http://otomana.nifty.com/authors/munehiromiyake/


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ