本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬 > 阪神ジュベナイルフィリーズの馬場傾向&気候注目馬


コラム

棟広良隆・三宅誠
棟広良隆・三宅誠

馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬

プロフィール・関連コンテンツ


2014年12月11日

阪神ジュベナイルフィリーズの馬場傾向&気候注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メルマガ『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
先週予想回収率166%達成!チャンピオンズカップ2着ナムラビクター穴馬1番手推奨!

───────────────────────────────────
【1】「馬場レベルで見る先週の振り返り&今週の重賞展望(棟広良隆)」
───────────────────────────────────

<阪神>
先週日曜日11RタンザナイトS(芝千四)のサトノルパンが1.21.7。
レースの上がりも34.6秒とともに平凡な数字。時計の掛かる重い芝となっています。

・阪神ジュベナイルフィリーズ<G1>展望
今年は抜けた馬が不在。
かなり難解ですが、それだけ驚愕高配当の可能性もあり得ると言えます。
アルテミスS組のココロノアイ&レッツゴードンキが人気の中心でしょうか。

2戦2勝のコートシャルマン、新馬戦の勝ちっ振りを評価されてのロカ、
ファンタジーS組では<2>着馬のダノングラシアスあたりが続く形でしょうか。

アルマオンディーナ、オーミアリス、ダイワプロパー、
トーセンラーク、ムーンエクスプレスあたりの一発に魅力を感じています。

───────────────────────────────────
【2】気候で見る先週の振り返り&今週の重賞展望(三宅誠)
───────────────────────────────────

先週は中京で雪が降る時間帯あり。
その気候が示すように、開催が替り各場で日中でも気温ひと桁台まで下がりました。
阪神ダートは土日通じて稍重ということで、馬場の回復スピードは遅くなっています。

今週は週中木曜日に広い範囲で雨が降りました。
この時季の雨はダートを中心に週末まで馬場悪化を引きずる可能性があります。
気温は週末ひと桁台の予報で、すっかり冬競馬といった寒さです。

【阪神ジュベナイルフィリーズ<G1>展望】
・コートシャルマン
2戦2勝、いずれも着差は僅かも内容に注目します。
2戦ともタイトな流れをしっかりと伸びてきっちり差しています。
現在の阪神に近い重め芝の中京で、上がり最速を記録、この舞台は歓迎です。

・ムーンエクスプレス
前走秋明菊賞勝ちタイムは、ファンタジーSよりはるかに上。
今回6戦目、秋深まって更なる上昇を期待します。

・ロカ
レベルが高い時期の新馬戦を圧勝しています。
前が残る展開も、中団後方から良く追い込んでいます。抽選突破で、侮れません。

厳しい競馬で連勝中のコートシャルマン、冬の芝が味方します。
ムーンエクスプレスは前走重賞から一変しました。
レコード決着でしたが、重めの芝でも楽しみです。抽選突破でロカ。

・ムーンエクスプレスの気候別成績
寒(12℃未満)【0−0−0−0】
涼(12℃以上〜18℃未満)【0−0−0−0】
暖(18℃以上〜25℃未満)【1−0−0−1】
暑(25℃以上〜30℃未満)【1−1−1−0】
酷暑(30℃以上)【0−0−0−0】

--------------------

◆本コラムは、メルマガ【『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析】(木曜配信版)の中からの一部抜粋になります。
メルマガではこのほか、カペラSの展望や阪神ジュベナイルフィリーズのその他注目馬もお届け。
馬場読み&天気のスペシャリストによるコラボレーションをお楽しみいただけます!

『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
http://otomana.nifty.com/authors/munehiromiyake/


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ