本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬 > アルゼンチン共和国杯の馬場傾向&気候注目馬


コラム

棟広良隆・三宅誠
棟広良隆・三宅誠

馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬

プロフィール・関連コンテンツ


2014年11月06日

アルゼンチン共和国杯の馬場傾向&気候注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メルマガ『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
先週予想回収率344%(先々週は113%)達成!アルテミスS9番人気1着ココロノアイ、
天皇賞(秋)5番人気1着スピルバーグを穴馬推奨!

───────────────────────────────────
【1】「馬場レベルで見る先週の振り返り&今週の重賞展望(棟広良隆)」
───────────────────────────────────

<東京>
先週日曜日9R国立特別<1000万以下>(芝千四)のピークトラムが1.21.2。
走破時計は目立ちませんが、そういった際は上がり33秒台を要求されるのは当たり前。
多少水分を含んでいた馬場レベルだったかもしれませんが、
相変わらず決め手は要求されました。
パンパンの『良』になれば、走破時計はもっと早くなるでしょう。

・アルゼンチン共和国杯<G2〜ハンデ〜>展望
ホッコーブレーヴが登場!天皇賞(春)では<3>着も、メンバー中最速の上がりでクビ差。
大金星まであと少しでした。ハンデは重くなるでしょうが、再度G1へ向けての大切な一戦です。

G1の強敵メンバー相手でも大崩れしていないフェイムゲーム、
3走前に東京二四で勝っているラブリーデイが続く形でしょう。

アドマイヤケルソ、コスモロビン、スーパームーン、セイクリッドバレー、
ネオブラックダイヤ、リキサンステルスあたりの食い込みに期待しています。

【お知らせ】
棟広良隆新刊『予想以上に大事な“馬券の買い方”の教科書』(ガイドワークス)発売中!
詳細はこちら

───────────────────────────────────
【2】気候で見る先週の振り返り&今週の重賞展望(三宅誠)
───────────────────────────────────

先週は土日を通じて不安定な天候。
特に土曜東京は雨が降ったことで稍重まで悪化、気温も気候「涼」分類まで下がりました。
この時季はひと雨降ることで気温低下が著しくなる点に注意が必要です。

今週末は関東地方で土曜日の夕方〜雨の可能性あり。
気温は京都を除いて「涼」分類を想定します。

【アルゼンチン共和国杯<G2〜ハンデ〜>展望】
・クリールカイザー
夏場の出走少なく、涼(1011)寒(3514)が示すように気温低下とともに好走が多い馬です。
スタミナの背景あり、楽しみが持てます。

・デスペラード
寒〜涼(8-3-2-6)暖〜酷暑(0-0-0-13)、気候成績が示すように典型的な冬馬です。
気温低下で先物買いなら

・ネオブラックダイヤ
前走前半スローとはいえ、逃げて上がり最速で後続を突き放す内容○。
条件戦を勝ち上がったばかりも、ハンデ戦で伏兵、もっとやれる印象です。

レース本番は、秋深まり「涼」に入る可能性が大きくなりました。
気温低下で狙いたいのは、クリールカイザー、デスペラード、
条件戦勝ちから参戦のネオブラックダイヤを穴候補とします。

・クリールカイザーの気候別成績
寒(12℃未満)【3−5−1−4】
涼(12℃以上〜18℃未満)【1−0−1−1】
暖(18℃以上〜25℃未満)【1−1−1−5】
暑(25℃以上〜30℃未満)【0−0−0−1】
酷暑(30℃以上)【0−0−0−1】

【お知らせ】
11月7日(金曜日)に競馬天気本紙・三宅の新刊
『気温を見れば勝ち馬が分かる〜気象予報士が教える革命的データ〜』(ガイドワークス)が発売されます!
詳細はこちら

--------------------

◆本コラムは、メルマガ【『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析】(木曜配信版)の中からの一部抜粋になります。
メルマガではこのほか、みやこSの展望やアルゼンチン共和国杯のその他注目馬もお届け。
馬場読み&天気のスペシャリストによるコラボレーションをお楽しみいただけます!

『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
http://otomana.nifty.com/authors/munehiromiyake/


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ