本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬 > 天皇賞(秋)の馬場傾向&気候注目馬


コラム

棟広良隆・三宅誠
棟広良隆・三宅誠

馬場&気温データが導く週末重賞の狙い馬

プロフィール・関連コンテンツ


2014年10月30日

天皇賞(秋)の馬場傾向&気候注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
★メルマガ『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
先週予想回収率113%達成!ブラジルカップ1着マイネルバイカ穴馬1番手推奨!

───────────────────────────────────
【1】「馬場レベルで見る先週の振り返り&今週の重賞展望(棟広良隆)」
───────────────────────────────────

<東京>
日曜日10R甲斐路特別<1600万以下>(芝千八)のヒュウマが1.46.4。
京都よりは遥かにその程度は低いですが、それでも良好な状態です。

ただ仮柵が出現し、今週からA→Bコース使用に変更となります。
これによって馬場レベルが更に上がります。
時計面にどのような変化が見られるのか、しっかりと観察しましょう。

・天皇賞(秋)<G1>展望
菊花賞を回避し、こちらに矛先を向けてきた
3歳馬のイスラボニータが人気の中心となるでしょう。

一方古馬勢では、天皇賞(春)を連覇しているフェノーメノ、
ジャパンC3連覇を目指すジェンティルドンナが人気を集めます。
春はどうも体調面が伴っていなかったように映るエピファネイアの
立て直しの効果も気になります。

カレンブラックヒル、サトノノブレス、スピルバーグ、ダークシャドウ、ディサイファ、
デニムアンドルビー、トーセンジョーダン、ヒットザターゲット、フラガラッハ、
ペルーサ、マイネルラクリマ、マーティンボロ、ラブイズブーシェあたりの
食い込みが叶えば高配当も期待出来ます。

【お知らせ】
棟広良隆新刊『予想以上に大事な“馬券の買い方”の教科書』(ガイドワークス)発売中!詳細はこちら

───────────────────────────────────
【2】気候で見る先週の振り返り&今週の重賞展望(三宅誠)
───────────────────────────────────

先週は土日を通じて好天。
特に日曜京都は気温が気候「暑」分類まで上がり、まるで夏競馬の気候。
菊花賞<1><3>着に夏競馬を好走してきた馬が入ったのも頷ける結果です。

今週は週末に各地で雨予報も、降る時間帯は微妙なところ。
この雨を境に気温はグっと下がりそうです。

【天皇賞・秋<G1>展望】
・エピファネイア
デビュー以来馬券を外したのは前走の香港G1と寒の弥生賞いずれも4着、
3着も寒だった大阪杯。寒(1011)以外は(4200)いまの気候はベスト、
高速馬場でこそ持ち味発揮、手ごろな人気になれば楽しみが増えます。

・スピルバーグ
前走毎日王冠は逃げ馬が2着に残ったレースですが、後方からよく追い込みました。
デビュー以来まだ13戦目、5歳でも今年に入っての連勝、G2<3>着に充実度が光ります。
暖(2010)秋(3010)得意な気候で要注意です。

・ラブイズブーシェ
注目は有馬記念のレース結果、
いろいろな意味でタフなレースで地力がそのまま着順に現れたレースでした。
その中での結果4着は、このメンバーでも戦えます。
季節的にも暖(3023)が最も良い。

現時点では、寒冷前線が通過するのは当日レース後になりそうです。
穴候補として、いずれも気候面に注目して、有馬の善戦からラブイズブーシェ、
今年の充実からスピルバーグ

・スピルバーグの気候別成績
寒(〜12℃)【0−1−2−1】
涼(12〜18℃)【0−0−0−0】
暖(18〜25℃)【2−0−1−0】
暑(25〜30℃)【3−0−0−2】
酷暑(30℃〜)【0−0−0−0】

【お知らせ】
11月7日(金曜日)に競馬天気本紙・三宅の新刊
『気温を見れば勝ち馬が分かる〜気象予報士が教える革命的データ〜』(競馬王新書)が発売されます!詳細はこちら

--------------------

◆本コラムは、メルマガ【『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析】(木曜配信版)の中からの一部抜粋になります。
メルマガではこのほか、スワンSの展望や天皇賞(秋)のその他注目馬もお届け。
馬場読み&天気のスペシャリストによるコラボレーションをお楽しみいただけます!

『KEIBAコンシェルジュ』と『気象予報士』による科学的競馬分析
http://otomana.nifty.com/authors/munehiromiyake/


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ