本文へジャンプします。





コラム

K.ヤマモト
K.ヤマモト

基本のキだけど9割の競馬ファンができていないことを教えます!

プロフィール・関連コンテンツ


2014年05月17日

ヴィクトリアマイル展望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
逃げ馬=クロフネサプライズ、ケイアイエレガント

 人気上位馬が差し、追い込みタイプに集中しました。かといって逃げ切るのは至難の業なのが東京マイルコース。先週こそミッキーアイルが逃げ切ったものの、差はわずか。むしろ、今までの強さが嘘だったかのような僅差の勝利でした。ヴィクトリアマイルもクロフネサプライズが枠順を利して逃げると思います。それをケイアイが追い掛ける形か。それほど速いペースではないでしょうが、密集すればキツイペースかも知れません。
 スマートレイアの破壊力は認めますが、大外をぶん回す展開で勝ち切るほど強いかどうかがポイントでしょう。東京マイルなら安定性のあるホーエルキャプチャはある程度前でも競馬が出来るので無難に攻めるならこの馬が複軸向きかも知れません。ただ、私の中で馬券打ちとしての何かが無難にいってはいけないと囁いています。かといってどの馬を取り上げるのかは大変難しいところなのでギリギリまで悩みたいと思ってはいますが、ストレイトガールは距離さえこなせれば、十分勝負になるでしょうし、ラキシスはスピード負けさえしなければこちらも可能性はある。重賞戦線では結果が出ていませんが、レイカーラも差はわずか。重賞で3戦連続2着のキャトルフィーユは現時点で単勝40倍以上……。ちょっと名前を挙げただけでも穴馬は複数いるのです。ギリギリまで判断に迷うレースとなりそうです。

※前哨戦

阪神牝馬S……スマートレイアの出遅れは致命的に映りましたが、結果は華麗なる切れ味を発揮し1着。ウリウリは相手が悪かったとしかいいようがありません。

中山牝馬S……牡馬相手に好勝負をしていたフーラプライドが先行したケイアイ、キャトルを差し切りました。ケイアイ、キャトルは次走でもワンツー決着を果たすのでそれなりにレベルが高かったレースかも知れません。

福島牝馬S……逃げたケイアイ、先行したキャトルが1、2着。前残りの決着でこのレースそのもののレベルはそれほど高くないかも知れません。


※注記
Kスタンダードでは以下の要素を重要視します

1. 逃げ馬
・展開上有利になる馬を探します。展開の鍵を握る逃げ馬を把握することでペースを読み解き、中心となる馬を探します。

2. 実走着順
・レースにおいて、すべての馬が必ずしも同じ距離を走っているわけではありません。着順が下でもコースロスや外を回って差がなかったなど、レースにおける様々な要因を分析し、どの馬も不利なく走った場合の結果は実際にどうなるのかを検討するのが実走着順です。

3. レースレベル
基本的にG1を目指して番組が組まれています。しかし、臨戦過程によって、レベルが高かったり、低かったりするもの。レベルの高いレースを探して、そのレースに出走していた馬を購入すればいいという考えです。

前の記事へ 次の記事へ


もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ