本文へジャンプします。





コラム

K.ヤマモト
K.ヤマモト

基本のキだけど9割の競馬ファンができていないことを教えます!

プロフィール・関連コンテンツ


2014年04月05日

ダービー卿CT展望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
逃げ馬=トリップ、カオスモス、ブレイアズトレイル

 カレンブラックヒルが脚質転換をしたため、純粋な意味での逃げ馬はいません。ただ、前で競馬をした方が味のいいタイプは少なくないため、それなりに流れることにはなりそうです。
 一線級のいないレースなので、大波乱も考えられますが、コディーノは2、3歳時から常にトップクラスと戦って来た馬です。成長力に対する疑問はあると思いますが、Kスタンダードは走った事実を重視する馬券術。そうなると、ここでも上位評価ということになります。前走の東京新聞杯も差はわずか。5着だったサトノギャラントが次走で馬券になっていることからもレベルはそれなりだったということでしょう。普通に走ればここでは上位の馬だと思います。
 先週、高松宮記念を勝利したコパノリチャードとも差のない競馬をしていたカオスモス、エールブリーズ、レッドアリオンというようなところは、本質的に力を持っているので注意が必要でしょう。近走こそ冴えませんが、ジャスタウェイともいい勝負していたレオアクティブ、凡走続きですが、GI馬でもあるカレンブラックヒルなどを絡めて馬券を買いたいと思っています。

※前哨戦

阪急杯……コパノリチャードの強さだけが目立ったレース。プルムラブルガリス、カレンブラックヒルはレース内容が冴えません。

京都金杯……内目の差し、追い込み馬が上位となったレースでした。そのような中、外枠、前目で競馬をして粘ったブレイズアトレイルはそれなりに粘った4着だったと評価することはできます。

ニューイヤーS……レッドアリオンが完勝したレース以外は取り立てて見所はなかったレースでした。レオアクティブは後ろから過ぎましたが。

東京新聞杯……前で競馬をしていた組が全滅しましたが、そもそも状態の落ちていた馬ばかりが先行していたので、それを持って展開の有利、不利を論じるのは無理です。ただ、コディーノは詰めは甘かったですが、後一歩のところまで上位を追いつめました。


※注記
Kスタンダードでは以下の要素を重要視します

1. 逃げ馬
・展開上有利になる馬を探します。展開の鍵を握る逃げ馬を把握することでペースを読み解き、中心となる馬を探します。

2. 実走着順
・レースにおいて、すべての馬が必ずしも同じ距離を走っているわけではありません。着順が下でもコースロスや外を回って差がなかったなど、レースにおける様々な要因を分析し、どの馬も不利なく走った場合の結果は実際にどうなるのかを検討するのが実走着順です。

3. レースレベル
基本的にG1を目指して番組が組まれています。しかし、臨戦過程によって、レベルが高かったり、低かったりするもの。レベルの高いレースを探して、そのレースに出走していた馬を購入すればいいという考えです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ