本文へジャンプします。





コラム

K.ヤマモト
K.ヤマモト

基本のキだけど9割の競馬ファンができていないことを教えます!

プロフィール・関連コンテンツ


2013年11月23日

ジャパンカップ展望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
逃げ馬=ヴィルシーナ

 行きたい馬がいません。となると、ヴィルシーナが枠を考えて押し出される形になるような気がします。2〜3番手にジェンティルドンナか。今年勝利していないことでいろいろと言われますが、昨年の3冠プラスこのレースの覇者、敗れたとはいえ、天皇賞秋や宝塚記念の内容を考えると、このメンバーでは1枚上でしょう。強いものは強い。と本来ならこの馬を本命にしていたのですが、どうしても気になる馬がいます。デニムアンドルビーです。凱旋門やそれこそ昨年のこのレースをはじめ、斤量の軽い馬というのは競馬で非常に有利に働きます。確かにこの馬はG1を取っていません。しかし、オークス、秋華賞と内容はありました。
 スタートが良くなく強引なレースで敗れてしまいましまったゴールドシップとジェンティルドンナのどちらかに本命を打たなければいけないレースだとは思いますが、あえて配当的妙味のある3歳馬から入ってみることにしました。もちろん、今まで3歳馬は世代レベルが低いということを主張してきましたので、ここで走らなければ大恥をかくことがわかりながらの本命です。ジェンティル、ゴールド以外ならエイシンフラッシュ、ルルーシュ、アンコイルドらを。ジェンティルとの能力差や展開を考えるとヴィルシーナも一応押さえます。

前哨戦(または出走馬による対戦が多かったレース)のポイント

京都大賞典……ゴールドシップは出遅れて強引なレースが全て。基本的に後ろからいった馬の決着になりましたが、スローペースだったレースです。

天皇賞秋……前で競馬をしたジェンティルドンナはよく2着に粘ったというのが本当の所。4着だったアンコイルドは力を付けているのが分かるレースでした。エイシンフラッシュは相手なりのところもあるので、3着は仕方ないと思いますが、展開的に恵まれていました。

秋華賞……デニムアンドルビーは外々を回る競馬。確かにどう乗ってもメイショウマンボには勝てなかったかも知れませんが……。

アルゼンチン共和国杯……勝利したアスカクリチャンがいないのは残念ですが、2着アドマイヤラクティ、3着ルルーシュはこのコースが走るというのを再確認したレース。距離こそ100m違いますが、広いコースの中距離は向いていることでしょう。

※注記
Kスタンダードでは以下の要素を重要視します

1. 逃げ馬
・展開上有利になる馬を探します。展開の鍵を握る逃げ馬を把握することでペースを読み解き、中心となる馬を探します。

2. 実走着順
・レースにおいて、すべての馬が必ずしも同じ距離を走っているわけではありません。着順が下でもコースロスや外を回って差がなかったなど、レースにおける様々な要因を分析し、どの馬も不利なく走った場合の結果は実際にどうなるのかを検討するのが実走着順です。

3. レースレベル
基本的にG1を目指して番組が組まれています。しかし、臨戦過程によって、レベルが高かったり、低かったりするもの。レベルの高いレースを探して、そのレースに出走していた馬を購入すればいいという考えです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ