本文へジャンプします。





コラム

K.ヤマモト
K.ヤマモト

基本のキだけど9割の競馬ファンができていないことを教えます!

プロフィール・関連コンテンツ


2013年11月09日

エリザベス女王杯展望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エリザベス女王杯展望

逃げ馬=エディン、セキショウ

 速い逃げ馬はいません。藤田騎手のエディンやセキショウの逃げならそれほどペースは上がらないでしょう。となると、ある程度の位置にいなければ競馬になりません。好位置で競馬が出来るヴィルシーナには有利に働くでしょう。しかも、牝馬同士なら実力は抜けています。3歳馬よりも強い4歳世代だけに人気でも仕方がないでしょう。3歳2冠馬メイショウマンボ、重賞実績のあるデニムアンドルビーらは、勢いがあるのは認めてもそもそもの能力が、現時点でヴィルシーナより強いとは言い切ることが出来ません。ジェンティルドンナと差のない勝負を続けていたヴィルシーナを上回るとは言えないのです。よって、3歳2頭はオサエで十分。少し相手を捻ってみたいと思います。
 府中牝馬Sはウルトラスローペースでした。このレースで6着に入ったゴールデンナンバーは次走の1600万下では圧勝。このレースで後ろから来た組はそれだけ価値が高いということ。その府中牝馬Sで上がり2位の脚を使ったアロマティコや決め脚が鋭いハナズゴールは着順が目立たないものの、一発あると踏んでいます。後は、古豪のオールザットジャズ、勢いのあるラキシス、ディアデラマンドレらの3歳勢を押さえればいいのではないでしょうか。

前哨戦(または出走馬による対戦が多かったレース)のポイント

京都大賞典……レースの後半で11秒台連発。着順だけを考えるとヴィルシーナはやや物足りなさを覚えますが、牡馬相手に先行して粘っているのは間違いないので、明らかにここ狙い。着順は気にすることはないでしょう。

府中牝馬S……ドスロー。ホーエルキャプチャは2番手で押し切りましたが、それほど価値は感じられません。春のヴィクトリアマイルでこの馬を楽に押し切ったヴィルシーナの強さがより際立ったということがいえると思います。むしろ、後方でスローにハマった組を買いたいところ。

秋華賞……デニムアンドルビーは外々を回る競馬でしたが、この馬は器用さにやや欠ける気がします。メイショウマンボは4コーナーまでじっくり溜めて早めに進出しての勝利。オークス馬の実力を発揮したレースです。セキショウもよく粘っていましたが……。

※注記
Kスタンダードでは以下の要素を重要視します

1. 逃げ馬
・展開上有利になる馬を探します。展開の鍵を握る逃げ馬を把握することでペースを読み解き、中心となる馬を探します。

2. 実走着順
・レースにおいて、すべての馬が必ずしも同じ距離を走っているわけではありません。着順が下でもコースロスや外を回って差がなかったなど、レースにおける様々な要因を分析し、どの馬も不利なく走った場合の結果は実際にどうなるのかを検討するのが実走着順です。

3. レースレベル
基本的にG1を目指して番組が組まれています。しかし、臨戦過程によって、レベルが高かったり、低かったりするもの。レベルの高いレースを探して、そのレースに出走していた馬を購入すればいいという考えです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ