本文へジャンプします。





コラム

K.ヤマモト
K.ヤマモト

基本のキだけど9割の競馬ファンができていないことを教えます!

プロフィール・関連コンテンツ


2013年09月14日

ローズS展望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
逃げ馬=ピクシーホロウ、ノボリティアーナ

 明日は阪神競馬場の天気も微妙なので非常に難解なレースになりました。ただ、基本はどんな状況でも能力が高い馬を買うことというのがKスタンダードの根底です。そういった意味ではエバーブラッサムが最上位だと考えています。オークスはメイショウマンボがはまったレース。オーソドックスな競馬で2着したことはもっと評価されていいでしょう。一応、逃げるだろう2頭ですが、ともに外目の枠なのでそれほど速くならないのも魅力的。後は馬場状態ですが、こればっかりは直前まで見極めるしかありません。当然、逃げるピクシーホロウも面白い1頭。函館で古馬に混じっての3着なら価値はあるでしょう。
 展開ひとつでいくらでも変わってしまいそうなレースではありますが、安定して走れそうなエバーブラッサム、桜花賞を考えるとまだまだ見捨てられないローブティサージュ、当然、桜花賞で2着に食い込んだレッドオーヴァル辺りも評価しなければなりません。
 トライアルレースということで賞金を持っている組よりは夏の上がり馬を狙った方がいいのかという思いもよぎりますが、これだけ春の実績馬が揃えば話は別。あくまでも中心視するのは桜花賞やオークスで高パフォーマンスだった馬が中心となります。
 ただ、3連単や単勝系の馬券で決めるほど簡単なレースではないのは説明するまでもありません。3連複で春の実績馬に夏の上がり馬などを絡めながら人気薄を待つという、いわゆる当て物的なレースとして楽しむのがいいと思っています。


前哨戦(または出走馬による対戦が多かったレース)のポイント

オークス……3歳春の時点で芝2400m戦を乗り越えた1〜3着馬は当然評価する必要があります。ただ、メイショウマンボはハマった感が強い。デニムアンドルビーは最後寄れていたところをみると、実質的に安定しているのはエバーでしょう。

桜花賞……レッドオーヴァルは線の細さがどれだけ解消されているのかがポイントではないでしょうか。オークスは明らかにスタミナ切れ。


その他条件戦……ノボリティアーナが白百合Sを勝利し2着だったウリウリが夏の小倉で500万下を卒業。ウリウリは1000万下を勝利してこのレースに臨んで来れば面白かったとは思いますが、この2頭はヒモで押さえておいた方がいいのは間違いありません。



※注記
Kスタンダードでは以下の要素を重要視します

1. 逃げ馬
・展開上有利になる馬を探します。展開の鍵を握る逃げ馬を把握することでペースを読み解き、中心となる馬を探します。

2. 実走着順
・レースにおいて、すべての馬が必ずしも同じ距離を走っているわけではありません。着順が下でもコースロスや外を回って差がなかったなど、レースにおける様々な要因を分析し、どの馬も不利なく走った場合の結果は実際にどうなるのかを検討するのが実走着順です。

3. レースレベル
基本的にG1を目指して番組が組まれています。しかし、臨戦過程によって、レベルが高かったり、低かったりするもの。レベルの高いレースを探して、そのレースに出走していた馬を購入すればいいという考えです。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ