本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 美浦トレセン追い切り注目馬 > 3/12美浦トレセン追い切り注目馬


コラム

久保木 正則
久保木 正則

美浦トレセン追い切り注目馬

プロフィール・関連コンテンツ


2015年03月12日

3/12美浦トレセン追い切り注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
☆今週の特記事項
 水曜日はスカっと晴れたが、朝イチは0℃。その後は風が強くなり、気温も上がらず肌寒い一日。月曜日の雨が残り坂路とウッドは時計がかかりぎみ。『坂路は屋根をつけないとダメですよね…』とはある調教助手さん。
 
 
●ツェッペリン(土曜日 中山3R)
 この中間も4Fから終い重点という調整だが、馬場が悪いにもかかわらずこの馬としては速いタイムを出しており、着実に力をつけていることがわかる。今週は同じ未勝利のブランニューを3馬身追走してWコース53秒0−39秒5−13秒2。軽く仕掛けると素早く反応し、アッという間に3馬身突き抜けてしまった。舌を出すような面もなく走りに集中。変わり身がありそう。
 
 
●モアザンソニック(土曜日 中山5R)
 デビュー前と同様でビシっと攻め切れないでいるが、バネが効いてリズムの良い走り。実戦を使われたことで馬体も引き締まったし、季節が進んで毛ヅヤも良化している。その新馬戦はペースに恵まれた面もあったが、すんなり先行力できたあたりはセンスの高さ。再度注目。
 
 
●マイネルジェイド(土曜日 中山10R)
 近走は着が精一杯という内容だが、稽古の動きには鋭さが出てきている。この中間もプールを併用しての調整だが、馬体のムダが取れてカチっとしたライン。日曜日にも時計を出すなど意欲的に乗られ、馬に走る気も戻っている。そろそろ駆け頃か。
 
 
●テンダリーヴォイス(アネモネS)
 Wコースで70−40程度の追い切りはこれまでと同じだが、無理に使ってこなかった効果がここへきて表れ、馬体に厚みを増してきた。冬毛が抜けて肌ツヤも良くなってきたし、バネの良さは相変わらず。ここは相手関係にも恵まれた印象。桜花賞への権利は取れるだろう。


◆本コラムは、メルマガ「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」(木曜版)の中から「美浦トレセン追い切り注目馬」の一部抜粋になります。


◆日曜に出走予定の追い切り注目馬ついては、メルマガにてご覧ください。

◆メルマガは、木曜、金曜、土曜の週3回配信。
木曜は、レース回顧などのコラム「酔っぱらいの独り言」と「美浦トレセン追い切り注目馬」。
金曜、土曜は、翌日のレース予想となります。これまで専門紙「日刊競馬」でも数々のビッグ配当をもたらしてきた破壊力抜群の大胆な予想です。ぜひお楽しみください。

◆なお、追い切り注目馬として取り上げた馬を予想で本命にするとは限りません。

【新おとなの学び場 「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」】
http://otomana.nifty.com/authors/kuboki/



@niftyオススメコンテンツ

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者しか知りえない“デキ”のいい馬、あるいは危険な人気馬、記者仲間から聞いた“いる、いらない”などをメルマガでこっそりお教えします。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ