本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 美浦トレセン追い切り注目馬 > 2/26美浦トレセン追い切り注目馬


コラム

久保木 正則
久保木 正則

美浦トレセン追い切り注目馬

プロフィール・関連コンテンツ


2015年02月26日

2/26美浦トレセン追い切り注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
☆今週の特記事項
 水曜日朝は7℃で少し寒さも和らいできた。中山開催に伴い、ポリトラックは右回りに。Wコースは少し走りやすい状態で1Fはこれまでより早め。
 
 
●グランアラミス(土曜日 中山2R)
 今週のWコース5F69秒3−52秒7−38秒1−13秒1は、馬場の3分どころを回ってきたものとすると平凡だが、併せた同格のトウショウカプリスを“おいでおいで”。相手がもう少し動けばタイムも詰まっただろう。デビュー時は少し余裕残りの馬体で3着だったが、一度使われてグンと良化した。
 
 
●オンタケハート(土曜日 中山8R)
 大とびで調教では馬場の大外を回ってくるため、タイムはWコース5F68秒台が主だが、迫力満点で、その動きには目を奪われる。先週の時点であらかた仕上がったため今週は同70秒6−54秒3−38秒8−12秒9と終い重点だったが、2馬身先行したとはいえ、1600万下のイーグルカザンをアオった。走りが不器用で素質を生かし切れない現状だが、前走時よりは動ける仕上がりだ。
 
 
●カカドゥ(土曜日 中山9R)
 葉牡丹賞2着後はこのレースを目標に調整。1週前に横山典騎手が追い切りに騎乗してから気合いがさらに乗り、今週はWコース5F70秒7。タイム自体は平凡だが、1秒6も前を走る未勝利のワイドリーザワンにあっさり並びかけると馬なりのままゴール。馬体のメリハリが効いて、走りも実にシャープだった。相手は揃ったが、前走だけ走れれば上位争いだ。
 
 
●フィールザスマート(総武ステークス)
 この中間は短期放牧でリフレッシュしたが、帰厩後は坂路とコースで調整は入念に。2月の中旬から追われるごとに時計を詰め、今週はWコースで6Fから82秒8−66秒7−51秒8−38秒5−13秒3。馬体がひと回り大きくなり、動きに迫力を増している。この感じなら、今年は重賞制覇も夢ではない。


◆本コラムは、メルマガ「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」(木曜版)の中から「美浦トレセン追い切り注目馬」の一部抜粋になります。


◆日曜に出走予定の追い切り注目馬ついては、メルマガにてご覧ください。

◆メルマガは、木曜、金曜、土曜の週3回配信。
木曜は、レース回顧などのコラム「酔っぱらいの独り言」と「美浦トレセン追い切り注目馬」。
金曜、土曜は、翌日のレース予想となります。これまで専門紙「日刊競馬」でも数々のビッグ配当をもたらしてきた破壊力抜群の大胆な予想です。ぜひお楽しみください。

◆なお、追い切り注目馬として取り上げた馬を予想で本命にするとは限りません。

【新おとなの学び場 「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」】
http://otomana.nifty.com/authors/kuboki/



@niftyオススメコンテンツ

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者しか知りえない“デキ”のいい馬、あるいは危険な人気馬、記者仲間から聞いた“いる、いらない”などをメルマガでこっそりお教えします。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ