本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 美浦トレセン追い切り注目馬 > 2/19美浦追い切り注目馬


コラム

久保木 正則
久保木 正則

美浦トレセン追い切り注目馬

プロフィール・関連コンテンツ


2015年02月19日

2/19美浦追い切り注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
☆今週の特記事項
 雪にこそならなかったが、前日から雨が降り続けた。しかし、坂路は“少し時計がかかったかな”という程度で、思ったほどの悪化はなかった。Wコースは1Fが若干タイムを要していた。美浦からのフェブラリーS出走馬は0。
 
 
●キングイマデショウ(土曜日 東京6R)
 1週前にPコース5F62秒0の一番時計をマークしたため、今週は馬なりで同67秒4−51秒9−38秒1−13秒1にとどめたが、それでも道中は手応えで抜群で、走りも実にリズミカル。前走は乱ペースに巻き込まれたが、今度はクラス2戦目。調子もグングン上向いているし、大駆けもある。
 
 
●メイスンキャプテン(土曜日 東京8R)
 今回は中1週のローテーション。それでもPコースで6Fから併せ馬で82秒9−67秒8−53秒9−40秒3−13秒7をマークしたのは、馬体を絞りたい意味合いもあるのだろう。稽古は動く方ではないが、それでも道中の加速は前回以上。このクラスの安定勢力が好調となれば目を離せない。
 
 
●ステラウインド(ダイヤモンドS)
 万葉S快勝後はこのレースを目標に調整。ここ2週はWコースで6Fからしっかり追われ、マラソンレースへ向け態勢は万全だ。以前ほど力む面がなく、冬場でも動きに硬さはない。ハンデも56sなら恵まれた部類。上位争いに食い込んでくる。
 
 
●アテーナーズブレス(土曜日 東京12R)
 不振のここ数戦から一転して、この中間はPコースで速いタイムは出さずに落ち着かせることに重点を置く調整。しかし、日曜日にも追い切りを行い、乗り込み量が不足していることはない。時季的に毛ヅヤは平凡だが、馬体のラインはメリハリが効いて見栄えは良い。この工夫がプラスに出そう。


◆本コラムは、メルマガ「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」(木曜版)の中から「美浦トレセン追い切り注目馬」の一部抜粋になります。


◆日曜に出走予定の追い切り注目馬ついては、メルマガにてご覧ください。

◆メルマガは、木曜、金曜、土曜の週3回配信。
木曜は、レース回顧などのコラム「酔っぱらいの独り言」と「美浦トレセン追い切り注目馬」。
金曜、土曜は、翌日のレース予想となります。これまで専門紙「日刊競馬」でも数々のビッグ配当をもたらしてきた破壊力抜群の大胆な予想です。ぜひお楽しみください。

◆なお、追い切り注目馬として取り上げた馬を予想で本命にするとは限りません。

【新おとなの学び場 「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」】
http://otomana.nifty.com/authors/kuboki/


@niftyオススメコンテンツ

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者しか知りえない“デキ”のいい馬、あるいは危険な人気馬、記者仲間から聞いた“いる、いらない”などをメルマガでこっそりお教えします。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ