本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 美浦トレセン追い切り注目馬 > 12/4追い切注目馬


コラム

久保木 正則
久保木 正則

美浦トレセン追い切り注目馬

プロフィール・関連コンテンツ


2014年12月04日

12/4追い切注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
☆今週の特記事項
 水曜日朝の気温は5℃だったが、風が強く体感温度はそれ以下。中山開催へ変わるためポリトラックは右回りへ。朝一番の坂路で先週に続き転倒馬が出たためコース追いへ変更する馬が続出。何か対策を考えないと…。
 
●モルジアナ(土曜日 中山1R)
 もともと稽古は動く方だが、今週は僚馬2頭を追走してWコース5F66秒2−51秒3−37秒7−12秒8を一杯に追ってマーク。内めを回ったのでタイム自体は平均点だが、最後まで集中して走りにブレがなかった点はこれまでになかったもの。使い込めない点はネックだが、精神面で大人になった感じはある。
 
●スガノデュランダル(土曜日 中山5R)
 ここまでWコースで3本の併せ馬を消化したが、いずれも先着と勝ち気な性格は目を見張るもの。タイムも詰めて今週は5F67秒4−52秒4−39秒8−13秒3。負荷をかける意味もありビシっと追われたが、反応が良く1000万下のダンディーレイを子供扱いにしてしまった。新馬戦で好調な田村康厩舎だが、この馬もそれに続きそう。
 
●ニシノオタケビ(土曜日 中山9R)
 夏のデビューから今回が6戦目になるが、馬体重の大きな変動こそないものの、ここへきて闘争心が湧いてきたように見える。小桧山厩舎はタイムにこだわらないが、それでもWコース4F53秒8は優秀で、未勝利にオルフィークに並ぶとグッと重心が沈み1馬身先着。少し毛足は伸びてきたが、馬体の張り自体は良く、調子はさらに上がっている。


◆本コラムは、メルマガ「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」(木曜版)の中から「美浦トレセン追い切り注目馬」の一部抜粋になります。


◆日曜に出走予定の追い切り注目馬ついては、メルマガにてご覧ください。

◆メルマガは、木曜、金曜、土曜の週3回配信。
木曜は、レース回顧などのコラム「酔っぱらいの独り言」と「美浦トレセン追い切り注目馬」。
金曜、土曜は、翌日のレース予想となります。これまで専門紙「日刊競馬」でも数々のビッグ配当をもたらしてきた破壊力抜群の大胆な予想です。ぜひお楽しみください。

◆なお、追い切り注目馬として取り上げた馬を予想で本命にするとは限りません。

【新おとなの学び場 「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」】
http://otomana.nifty.com/authors/kuboki/


@niftyオススメコンテンツ

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者しか知りえない“デキ”のいい馬、あるいは危険な人気馬、記者仲間から聞いた“いる、いらない”などをメルマガでこっそりお教えします。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ