本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 美浦トレセン追い切り注目馬 > 11/6 美浦追い切り注目馬


コラム

久保木 正則
久保木 正則

美浦トレセン追い切り注目馬

プロフィール・関連コンテンツ


2014年11月06日

11/6 美浦追い切り注目馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
☆今週の特記事項
 今週から調教開始が7時に。明るい中で馬の走りを見ることができるのは何より。久しぶりに雨の影響は受けなかったが、坂路は追い切り頭数が少なく、Wコースに集中。調教ラッシュの中で事故が起きないことを祈るのみ。
 
●リンカーンハート(土曜日 東京2R)
 馬体が絞れた前走で変わり身を見せたが、この中間はさらに意欲的な乗り込み。1週前に1000万下のセミニョンをアオルと、今週はWコース5F66秒0−52秒0−38秒9−13秒2を一杯に追ってマーク。馬場の8分を回ってこのタイムは立派だし、背中に力がついて走りも大きくなっている。
 
●コスモキーマン(土曜日 東京5R)
 トレセンでの追い切りは馬なり中心だが、牧場でもしっかり乗ってきたようで馬体のメリハリはしっかりしている。タイキシャトル産駒で丸みのあるスピード型。併せ馬では常に優勢を保ち、闘争心もかなり。距離面には限界がありそうだが、マイルまでならかなり走りそうだ。
 
●サフィロス(京王杯2歳S)
 カンナSは直線で他馬と接触する激しいレースだったが、中間の動きを見ているとその反動は皆無。勝った気性で調教では速い時計を出さないが、今週は前回時のそれを2秒詰めるWコース5F68秒0−52秒2−38秒2−13秒2を楽に計時。3馬身前を走る新馬のアジアンテーストに並びかける勢いは2歳とは思えないものだった。傑出馬不在のメンバーだけに、連勝を伸ばす可能性は高い。


◆本コラムは、メルマガ「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」(木曜版)の中から「美浦トレセン追い切り注目馬」の一部抜粋になります。


◆日曜に出走予定の追い切り注目馬ついては、メルマガにてご覧ください。

◆メルマガは、木曜、金曜、土曜の週3回配信。
木曜は、レース回顧などのコラム「酔っぱらいの独り言」と「美浦トレセン追い切り注目馬」。
金曜、土曜は、翌日のレース予想となります。これまで専門紙「日刊競馬」でも数々のビッグ配当をもたらしてきた破壊力抜群の大胆な予想です。ぜひお楽しみください。

◆なお、追い切り注目馬として取り上げた馬を予想で本命にするとは限りません。

【新おとなの学び場 「競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』」】
http://otomana.nifty.com/authors/kuboki/


@niftyオススメコンテンツ

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者・久保木正則の『これで飲む!』

競馬記者しか知りえない“デキ”のいい馬、あるいは危険な人気馬、記者仲間から聞いた“いる、いらない”などをメルマガでこっそりお教えします。


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ