本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 久保×高中 メインレース回顧 > NHKマイルCの回顧編


コラム

久保 和功
久保 和功

久保×高中 メインレース回顧

プロフィール・関連コンテンツ


2015年05月13日

NHKマイルCの回顧編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
編集(以下、編): お二方、今週もよろしくお願いします。

久保(以下、久): 先週の天皇賞(春)は3連複5万馬券の大荒れでしたが、NHKマイルCも過去10年で3連単10万馬券が7回、100万馬券が3回。

高中(以下、高): 荒れることの多いG1やったけどな。

久: 重賞2勝馬がおらず、一筋縄ではおさまりそうになかったですけど、3連複が「6200円」と思ったほど荒れませんでした。

編: 人気同士の決着にしては、そこそこついた印象もありましたが。

久: 1〜5番人気が綺麗に掲示板を独占。G1でも珍しいことだと思いますが、馬券的には荒れてくれた方がイイです。

高: ちょっと配当では物足りひんかったな。

久: 僕も高中さんも3連複フォーメーションで点数を広げる買い方ですから。

高: この決着やと当てとっても儲けられへんわ(苦笑)。

久: 軸馬が圏外に飛んでいながら、こういうのも何ですが、たとえ的中していたとしても、今回はトリガミだったとは思います。

編: 仕方ない部分もありましたね。さて、今週はそのNHKマイルCを振り返っていきましょう。まずは、レース全体のポイントからお聞きしていきたいと思います。

久: レンイングランドが先手を奪うのは想定の範囲内ですし、アルビアーノもスッと2番手に控えて、すぐに隊列が落ち着きました。

編: 好走馬と凡走馬を分けた、ポイントなどはありましたか?

久: 内めの枠から先行できた2頭での決着でした。前半3ハロン35.3秒、1000m通過が59.3秒のスローペースだったので、後方からでは届きませんし、外枠で外を回っても厳しかったですよ。

編: 前の組に有利な流れになってしまいましたね。その他、レース全体を通して何かあればお願いします。

久: 皐月賞でも5着に好走したクラリティスカイの勝利ですけど、朝日杯FSでも3着に敗れていますし。時計、上がり的にもハイレベルな一戦とは言えないと思いますよ。

編: 記録の面ではちょっと物足りない結果でしたね。高中さん、好走馬には調教から見える傾向はありましたか?

高: 「栗東・坂路」追いのクラリティスカイが勝利。マイルG1らしい特徴と言えるわな。

編: その点については戦前から言及されていましたね。

高: その点、アルビアーノも「美浦・坂路」追いやったらよかったかもな。

編: では、ここからは上位馬を中心に個々について振り返っていきましょう。
--------------------

編: 勝ったのはクラリティスカイ。皐月賞組では初勝利となりました。

【 1着: クラリティスカイ 】

久: 皐月賞は逃げましたけど、やはり今回は好位に控えました。内を立ち回って、ロスのないレース運びでした。

編: 横山典弘騎手の好騎乗も光りましたね。

久: 2歳時に東京1600m戦のいちょうSを1分33秒5のレコード勝ち。今回も全く同じ勝ち時計でした。

編: 持ち時計があった強みは大きかったのでしょうか。さて、高中さんは「相手候補」の1頭でしたね。

高: 「栗東・坂路」で併せ馬で先着して、4F53.6秒−1F13.1秒をマーク。前走時が「栗東・ポリトラック」追いやったから、今回は負荷の掛かる「栗東・坂路」で追い切ったのも勝因のひとつやろ。

編: マイル戦だけにスピード強化の調教内容も効きましたか。

久: 1600m戦ではG1を2戦含めて、4戦すべて上がり3位以内をマークして馬券絡み。今後も距離は1600m〜1800m辺りが合うでしょうね。

編: 秋のローテーションにも注目していきましょう。

【 2着: アルビアーノ 】

久: デビュー3戦とも4角先頭から押し切り勝ち。今回は2番手に控えましたけど、スムーズに折り合いました。レースセンスがよいですね。

編: 逃げない競馬にもすんなり対応できましたね。

久: 最後まで伸びていますし、勝ち馬が強かったと思います。キャリア3戦、初のG1挑戦で牡馬相手によく頑張りました。

編: 状態も良かったんでしょうね。

高: 「美浦・南W」で3頭併せで楽々と先着。内を回ったとはいえ、1F11秒台後半は秀逸やったしな。

編: フラワーC以来でも、キッチリ仕上がっていたんですね。

高: 乗り込み本数自体は少ないけど、牧場で乗り込んでたんやろな。

編: さて、今後はどの路線を歩むのでしょう。

久: 前走は2ハロン延長の1800mを楽々と克服していますし、スピード、スタミナとも兼備しています。距離は1600mがべストかもしれませんが、牝馬同士なら2000m以上でも克服できるはずですよ。

編: 秋華賞や来年のヴィクトリアマイルが目標になるのでしょうか。楽しみな1頭ですね。

【 3着: ミュゼスルタン 】

久: 骨折休養明けで7ヶ月ぶりのスプリングSで0.5秒差の7着と健闘。休み明け2戦目、距離短縮で一変の3着でした。

編: この馬だけ差してきての馬券圏内でしたね。

久: 内を回った先頭馬2頭の決着でしたから、仮に1000mが57秒台で流れていれば楽に2着はあったはずですし、勝っていたかもしれませんよ。

編: 追い切りからは判断の難しい1頭だったのでしょうか。 --------------------

◆本コラムは、メルマガ「週刊ハイブリッド競馬」(水曜配信版)の中から「NHKマイルCの回顧編」の一部抜粋になります。
メルマガではこのほか、「5月9日・10日出走の次走注目馬」「メルマガ限定情報!『ハイブリッド式・推定レースレベル』」もお届け。馬券検討に役立つ読み応え十分の内容です!


【新おとなの学び場 「週刊ハイブリッド競馬」】
https://otomana.nifty.com/authors/kubo/

@niftyオススメコンテンツ

週刊ハイブリッド競馬

週刊ハイブリッド競馬

「新おとなの学び場」より配信している競馬予想メールマガジン

ハイブリッド競馬新聞

ハイブリッド競馬新聞

「京大式スピード指数」の久保和功が開発した次世代型競馬新聞。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ