本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 久保×高中 メインレース回顧 > フィリーズRの回顧編


コラム

久保 和功
久保 和功

久保×高中 メインレース回顧

プロフィール・関連コンテンツ


2015年03月18日

フィリーズRの回顧編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
編集(以下、編): お二方、今週もよろしくお願いします。

久保(以下、久): ブログでも触れましたが、土曜の阪神1Rで3連複「598850円」が的中しまして。

高中(以下、高): 土曜日の朝イチからとんでもない大花火やったな(笑)。

久: 5番人気以下の3頭だったので、500倍程度はつくかなと思いましたが。

編: それでも十分な配当に感じますが。

久: レース後は安いオッズから順に携帯でオッズを確認していって、300倍を超えても、500倍を超えても「1−14−15」の買い目が見当たらず。

編: ずっと深いところですものね(笑)。

久: 1000倍を超えた時点でも、その買い目のオッズがなかったので、見落としたなと思って、逆に戻っていってました(汗)。

高: 59万馬券は久保先生でも想定外やったんか。

久: そうこうしてる間にターフビジョンに払い戻しが出まして、あぁ、500倍かと思いきや、何やら一桁多いが配当が…。

編: しかも300円分ですからね。179万円ですか…。凄すぎです(笑)。

久: 帰りは車とか、食べ物に当たらないよう注意しましたよ。

高: もうしばらく気を付けておいた方がエエやろな(笑)。

編: そんなわけで近々ご馳走になります(笑)。おめでとうございました。では、フィリーズRを振り返っていきましょう。まずは、レース全体のポイントからお聞きしていきたいと思います。

〜〜中略〜〜

編: 今回のレース展開について、主なポイントの解説をお願いします。

久: スマートグレイスの逃げにも期待したんですが、まさかの出遅れ…。代わってウィッシュハピネスから好ダッシュで先手を奪って、前半34秒7でした。例年より遅めのペースですよ。

編: これまで1200mを逃げて2戦2勝の馬がいましたから、もう少し早くなるかと思いましたが…。好走馬と凡走馬を分けた、ポイントなどはありましたか?

久: 上位馬でも上がり35秒を要していますし、スピードだけでは押し切れないレースでした。上がり1位、2位がワン・ツーを決めましたしね。

編: 少し流れが落ち着いたものの差し有利の流れではあったんですね。

久: 上位3頭は1600m戦での好走経験がありましたよ。

編: 単純なスピードだけでは押しきれないレースでしたか。その他、レース全体を通して何かあればお願いします。

久: 先週の雨で内が荒れていたのか、上位4頭は10番枠より外。例年より馬場が荒れて、外差しが効く印象は受けますよ。

編: 高中さん、好走馬には調教から見える傾向はありましたか?

高: 「栗東・坂路」組が上位3頭を独占や。そうはいっても、「栗東・坂路」組が15頭もおったしな。

編: 追い切りのコースだけでは絞り込むのが難しかったですね。では、ここからは上位馬を中心に個々について振り返っていきましょう。 --------------------

編: これで3戦3勝。本番でも中心となり得る存在になりました。

【 1着: クイーンズリング 】

久: あまりスタートが良くなくて、13番手の外めを追走。距離ロスが多くて、普通なら直線は脚色が鈍るところですが、デムーロ騎手が乗るとラストまで伸びますよね。

編: このあたりは流石としか言えませんね。

久: デビュー2戦が1800m、1600mでの勝利ですし、本番の距離延長は間違いなくプラスでしょう。

編: 調教からの評価はもう一つでしたか?

高: 「栗東・坂路」で4F53.4秒−1F12.5秒は水準やな。ただし、調教指数的には他にイイ馬がおったしな。

編: 他馬との比較で評価順が下がったということですね。

高: 当週を目一杯になった訳ではないのに20kg減やし。

編: 次に向けての課題は、今回減った体ですね。

高: 桜花賞まで「中3週」で馬体を戻すのは難しいと思うで。今回も決して楽なレースにはならんかったしな。

編: 久保先生はどう見ていらっしゃいますか?

久: フィリーズR組は不振ですし、1400mの速い流れを経験したことによる折り合い面の不安も出てきます。

編: 権利に向けて必勝態勢のローテでしたもんね。

久: チューリップ賞を使って、本番へ挑んで欲しかったですが…。

編: 次走に向けては不安も残る内容でしたか。

【 2着: ペルフィカ 】

久: 狭い最内をよく割ってきましたね。菱田騎手も外枠でも巧く内に潜り込みました。

編: 一瞬は勝ったかという内容でしたね。

久: 全5戦で上がり最速が2回、上がり2位が3回と末脚は堅実。1600mは2戦2連対ですから、距離延長もプラスです。

編: こちらも調教からはあまり評価されませんでした。

高: 「栗東・坂路」で併せ馬で4F54.0秒−1F12.8秒やな。同入とはいえ、併走馬に手応えで見劣ってたわ。

久: 攻め駆けしないタイプなのか、目一杯やれない体質の弱さがあるのか、いずれかという見方になりますよね。

高: デビュー戦が440kgで、一戦ごとに減り続けて424kgやし、この馬も馬体の回復がポイントとなるはずやわ。

編: では、次走に向けては不安要素も残りますね。

久: 菱田騎手はG1どころか、重賞も未勝利ですから、鞍上次第の部分は大きいと思いますよ。

【 3着: ムーンエクスプレス 】

編: 2番人気の支持を集めて見せ場は作りましたね。

久: 4角2番手から粘り込んで3着。阪神JFで4着した実力は伊達ではなかったですよ。

編: 先行した分、甘くなったかたちでしょうか。 --------------------

◆本コラムは、メルマガ「週刊ハイブリッド競馬」(水曜配信版)の中から「フィリーズRの回顧編」の一部抜粋になります。
メルマガではこのほか、「3月14日・15日出走の次走注目馬」「メルマガ限定情報!『ハイブリッド式・推定レースレベル』」もお届け。馬券検討に役立つ読み応え十分の内容です!


【新おとなの学び場 「週刊ハイブリッド競馬」】
https://otomana.nifty.com/authors/kubo/

@niftyオススメコンテンツ

週刊ハイブリッド競馬

週刊ハイブリッド競馬

「新おとなの学び場」より配信している競馬予想メールマガジン

ハイブリッド競馬新聞

ハイブリッド競馬新聞

「京大式スピード指数」の久保和功が開発した次世代型競馬新聞。

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ