本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 東邦出版主宰 競馬義塾大学Keiba@nifty校 > 単勝二頭流が冴え渡る! 東京新聞杯を勝つのはこの馬だ!


コラム

東邦出版
東邦出版

東邦出版主宰 競馬義塾大学Keiba@nifty校

プロフィール・関連コンテンツ


2013年01月30日

単勝二頭流が冴え渡る! 東京新聞杯を勝つのはこの馬だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『単勝二頭流 大穴馬券をゲットする単勝2頭買いの極意』

『単勝二頭流 大穴馬券をゲットする単勝2頭買いの極意』
『単勝二頭流』担当編集者(以下、編) 石橋さん、寂しいことにこのコラムも今日で最終回なんですよ。

石橋 武(以下、石) そうなんですよね。もともと1月一杯というのは決まっていたことではあるんですけど、名残惜しいですね。

編 なんか先週はすごかったらしいじゃないですか。そういうのを聞くともっと続けたいな〜と(笑)。

石 ああ、土曜日ですか。

編 ええ。推奨した4レースのうち、3レースで結果を出したと。京都最終では6番人気のマルコフジの単勝もズバリだったんですよね。

石 そうでしたね。

編 単勝14.1倍ですか。ほら〜、やっぱり続けたいなぁ(笑)。

石 そう言っていただけるとありがたいですね。わかりました。僕がブログ( http://keibat.blog.fc2.com/ )をやっているというのはお話していますよね?

編 ええ。特別戦の「単勝二頭流」該当馬を発表しているというサイトのことですよね。

石 そうです。そのブログのようにこういった注目馬をお話する機会を作ろうと思います。

編 ホントですか!?

石 ええ。せっかくそこまでおっしゃっていただいたので。ただ、システムなんかも確認しないとマズいので、そのブログ内でやるのか、他の既存サイトでやるのか、あるいは新たに立ち上げるのかはまだ未定とさせて下さい。あとは開始時期も。やるとなればできるだけ早くご覧いただきたいので、公開場所と合わせて決まり次第、ブログ( http://keibat.blog.fc2.com/ )のほうでお知らせしますので。

編 お〜、やった! 言ってみるものですね(笑)。

石 どういう形で進めるのか、色々とご相談させて下さい。

編 いえいえ、僕なんかでよければいつでも。さて、これで安心して進められます(笑)。さて、今週は東京新聞杯ときさらぎ賞が行なわれますけど、どちらのレースにスポットを当てましょうか?

石 やはり東京新聞杯じゃないでしょうか。『単勝二頭流』としては、きさらぎ賞よりも力が入るレースですよ。

編 おお、いいですね。ではさっそく現時点での石橋さんの注目穴馬を教えて下さい。

石 わかりました。では、まずはレッドスパーダに注目です。一昨年の東京新聞杯の勝ち馬ですし、コース実績は抜群。それに今回が休み明け2走目で上積みも期待できます。人気になりがちな馬ですけど、当日のオッズを見極めつつ、勝負したいですね。

編 たしかに単勝二頭流は人気が重要ですもんね。穴馬と人気サイドを勝ってこその「二頭流」ですから。

石 そうなんですよ。週末はレースの予想を配信しているんですけど、その際も穴馬だろうなと思っていた馬が人気だったり、その逆もありますし。まあ、読み間違えても勝ってくれているので助かっているんですけど。

編 事前に予想を配信するのは苦労があるんですね(笑)。

石 ええ、ようやく慣れつつあるところです(笑)。

編 しかもこの対談は実は月曜日に行なっているという(笑)。

石 もどかしいところですね(笑)。

編 では、もどかしいながらも続いての注目馬を教えていただければと。

石 続いて注目しておきたいのはヤマニンウイスカーですね。

編 ここ2走で逃げる競馬をするようになってから、復活しましたよね。

石 ええ。2走前には同コースの東京芝1600mで結果を出していますし、今回は叩き3走目でもあります。ここも期待したいと思います。

編 なるほど。

石 あとはドナウブルーですね。

編 ヴィクトリアマイル2着がありますし、同コース実績に注目ですね。

石 仰る通りです。牝馬限定戦のイメージが強い馬ですけど、前走(マイルCS)で結果を出したのは好材料ですね。というか、やはりもどかしいですね。

編 人気がわからないと、ということですか?

石 それももちろんなんですけど、登録馬も多いので、もうちょっと触れておきたい馬がいても除外対象なんですよね。

編 ああ、たしかに。

石 かといって名前を挙げつつも出走しなかったら、皆様にご迷惑をおかけしてしまいますし。

編 でもそのあたりはブログの「単勝二頭流」該当馬とか、事前の予想配信でカバーしていらっしゃるので。

石 そうですね。今後もさらに充実した内容でお届けできればと思っています。

編 では石橋さん、お忙しいなか一カ月以上もお付き合いいただき、ありがとうございました。

石 とんでもありません。こちらこそお時間を割いていただき、ありがとうございました。先ほどご提案いただいた、注目穴馬発表の件は、さっそく動いてみたいと思います。

編 ぜひ、お願いします! できれば来週からスタートして下さい(笑)。

石 そうですね。がんばってみます。かならずお知らせしますので、ブログ( http://keibat.blog.fc2.com/ )をチェックしておいて下さい。

編 もちろんです。というか、毎週「単勝二頭流」該当馬を見にいってますので(笑)。それにしてもあれを無料で公開するのはすごいですよね。

石 そう言っていただけると報われます。

編 では、楽しみにお待ちしております。ありがとうございました。

前の記事へ 次の記事へ


今回の教科書

『単勝二頭流 大穴馬券をゲットする単勝2頭買いの極意』

『単勝二頭流 大穴馬券をゲットする単勝2頭買いの極意』


単勝二頭流の威力は単勝的中だけにあらず! 3連単(2頭軸)でも簡単に大穴馬券を的中! 単勝穴馬から3連単超高額配当まで、華麗なる的中理論を完全収録!



各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ