本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望 > AR共和国杯・みやこS


コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年11月04日

AR共和国杯・みやこS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼AR共和国杯
 
 最近10年、充実=完成期を迎える4歳馬が、【8-4-4-26】の成績を残している。残りは、6歳馬が2勝。圧倒的に4歳馬の成績がいいのは、ほぼ普遍のパターンである。世代交代の時期なので、ベテラン勢は分が悪い。また、3歳馬の場合は菊花賞があったばかりだから、ほとんど出走してこない。
 
 ところが、今年、なんと4歳馬が1頭もいない。過去54回(この時期に移動してからは33回)、こんなケースは1度もなかった。
 
 西の「みやこS」は、レース名が変わって重賞に昇格してここまで7回、AR共和国杯と同じように4歳馬が【6-2-1-20】だった。ところが今年、みやこSにも4歳馬の出走は「0」。3日に大井でJBCクラシックが行われたが、出走していたJRAの4歳馬はわずか2頭だけ、影響は小さい。
 
 マカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティなどが代表するこの世代、つい一年前は非常にレベルの高い世代とされた。今週の2500mや、ダート1800mに合わない馬が多いのか、スランプや、体調の馬が多いのか?
 
 たまたまの巡り合わせもあり、条件再編成(4歳馬は獲得賞金半額)の影響を受けた馬が多いかもしれないが、オープン馬の層が思われていたより薄いことは否定できない。有馬記念に向け、世代レベルが問われ時期である。4歳馬に注目したいが、2重賞に、どちらも出走馬0頭では期待しようもない。
 
 3歳スワーヴリチャード[4]は、日本ダービー2着馬。スローのため時計は著しく遅いが、早めに動いたレイデオロを0秒1差に追い詰め、追い込んできたアドミラブルなどは封じている。鋭い切れ味はないが、自分から動いて速い脚が長続きすることを日本ダービーで示している。必ずしも高速ではない今秋の芝も合っている。たまたま4歳馬のいない絶好のチャンスをものにして、ハーツクライ産駒らしい成長力を発揮したい。
 
 穴馬も、現在の芝が合っているハーツクライ産駒に魅力大。3走前の好走から、サラトガスピリット、ひと叩きしたレコンダイトをピックアップしたい。
 
 
▼みやこS
 
 みやこSも、渋いベテランは怖いが狙いは3歳馬。前回は大事に控え過ぎて、動けない位置に入ってしまったスワーヴリチャード[15]が巻き返す。穴馬は、内のトップディーヴォとタガノヴェリテ。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ