本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年09月09日

京成杯AH

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 昨年が1分33秒0(レース上がり35秒0)。15年が1分33秒3(レース上がり34秒6)。芝のクッション性を保つためのエアレーション作業による効果(影響)は、この初秋の中山がもっとも大きい。数年前より、だいたい全体の走破タイムは1秒5遅くなり、とくに上がりが高速ではないから、差し=追い込みも、先行馬崩れでなくとも決まる。ここ2年の馬券に関係した6頭の4コーナーの通過順は「15、4、9、6、8、10」だった。逃げ残りの難しい芝にといえる。
 
 阪神は6月末の宝塚記念まで開催されていたが、中山は4月中旬の皐月賞以来なので、約5カ月も間があいている。2場は馬場整備の工程からして少し異なり、シャタリング(芝に切れ目を入れ少し掘り起こす)作業など、中山では間隔があるので、こころおきなく行えるらしい。
 
 ダノンプラチナを中心に考えていたが、繰り上げてグランシルク[6](父ステイゴールド)から入る。善戦止まりがつづき詰めが甘いが、タフなタイプらしく入念な乗り込みをこなし、いつにも増して動きが鋭い。快速系ではないので、1分33秒0前後になりそうな芝は大歓迎だろう。この馬、芝のマイル戦は14戦もして、オープン馬ながら最高タイムが1分33秒1である。エアレーション効果の芝を味方にできること必至だ。東京なら1400mベスト。中山なら1600mベストがグランシルクである。
 
 また、田辺騎手は最近5回の京成杯AHで、4回も馬券圏内(2勝)に入っている京成杯AH男だった。
 
 理想のインを引いた軽ハンデの3歳馬ボンセルヴィーソと、まだマイル戦に勝ち星はないが中京1400mにレコードをもち、前回の関屋記念でも上がり32秒7で差を詰めていたトーセンデューク(父ディープインパクト)が相手本戦。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ