本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望 > 札幌記念・NST賞


コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年08月19日

札幌記念・NST賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼札幌記念

 秋のビッグレースに展望をかかげたいトップクラスの登場する定量GIIだが、GIで連対記録(2歳戦は別)があるのは、6歳サウンズオブアース(菊花賞2着、有馬記念2着、ジャパンC2着)のみ。5歳ヤマカツエースの重賞5勝が光るものの、ビッグネームの出走はなかった。

 マイル路線に転向していた4歳エアスピネルが、気性の成長も見られるということで、C.ルメール騎手との初コンビで再び2000mへ。ベテランとなった6歳サウンズオブアースは横山典弘騎手との初コンビ。マウントロブソンの鞍上はJ.モレイラ騎手。注目のGIIとあって見どころは多いが、GI馬のいないこの組み合わせなら…という伏兵にもチャンスがありそうである。

 58キロのトップハンデだった函館記念(4番人気、重馬場)で11着に沈んだため、一気に人気落ちの7歳マイネルミラノ[12](父ステイゴールド)に魅力がある。

 昨年、6歳にして初重賞制覇となったが(函館記念、3番人気)、父ステイゴールドの初重賞も6歳時だった。7歳の今春57.5キロで福島民報杯2000mを1分58秒5で快勝しているから、陰りが出たり衰えているわけではない。7歳になってから、GI香港ヴァーズなど重賞を3つも勝った父ステイゴールドの伝える最大の長所は、タフな活力と遅咲きの産駒が珍しくないこと。代表産駒のオルフェーヴルは5歳末の有馬記念を制したが、8馬身差の独走となった引退レースが一番強かったくらいである。

 速いペースで飛ばしそうな馬は見当たらず、有力どころは秋の展望を広げたいここで積極策を取ってくる可能性は低い。楽に2番手追走か、1分59秒0「60秒0-59秒0」で逃げ切り勝ちした昨年の函館記念と同様の単騎逃げもある。気楽な立場の伏兵であり、次の目標のために折り合って大事に…などという状況ではない。強気に先行するしかない。マイネルミラノを目標に速めにつぶしにスパートしてくる有力馬はいないはずである。丹内騎手とは5歳夏からコンビが成立し、ここまで【3-0-0-9】。勝つか、凡走か、はっきりしている。

 1着固定の3連単、馬単。連は崩れない5歳ヤマカツエース本線。


▼NST賞

 ベテランに注目したついでに、新潟のNST賞は、8歳カジキ[1]を買う。もまれる内枠は歓迎ではなかったが、ベテラン柴田善臣騎手とは【1-1-2-2】。凡走の多い馬なのになぜかウマが合う。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ