本文へジャンプします。




現在位置: TOP > コラム > 日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望 > ラジオNIKKEI賞・CBC賞


コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年07月01日

ラジオNIKKEI賞・CBC賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼ラジオNIKKEI賞

 2006年からハンデ戦に変わり、それまでより出走馬全体のレベルは少しダウンしているかもしれない。
 
 秋に向けた飛躍の1戦ではあるが、小回りで平坦に近い福島1800m。やがてのビッグレースを展望したい期待馬にとっては、必ずしも好ましいコース、距離ではないからだろう。クラシック路線に一応乗って、路線重賞でそれなりの成績を残した馬がトップハンデとなるのは、みんなまだ実績というほどのものはなく、キャリアも浅いから当然。しかし、たとえば今年、上下7キロの差がつくほど能力に大きな開きがあるかとなると、見解は分かれる。
 
 2006年以降の11年間にトップハンデを課せられた馬は計15頭存在し、その成績は【1-1-0-13】であり、うち、57キロを課せられた馬は「14、2、8、4、8、9、5」着。さんざんな成績である。ハンデ不利で動けなかったというより、福島コースの1800mは合っていない馬が多かったから、要注意。
 
 今年はサトノクロニクル(父ハーツクライ)が背負い頭で57キロ。決してコースが合わないとは思えないが、ここまでの好走は広い京都が中心。兄の日本ダービー2着のサトノラーゼン(父ディープインパクト)も、京都、阪神、東京が中心で、そのときの状態もあるが、ローカルには良績が少ない。過信禁物か。
 
 ホープフルSを、のちに日本ダービーを快勝することになるレイデオロの2着しているマイネルスフェーン[4](父ステイゴールド)から入りたい。
 
 ホープフルS2000mの勝ち時計は、同レースが重賞に昇格して引き継いだレースが異なるから比較はできないが、中山の2歳の2000mとすると非常に中身が濃く、10ハロンすべて「12秒5」以内の厳しいペースで前後半「60秒3-61秒0」=2分01秒3。鮮やかに勝ったレイデオロが日本ダービーを快勝したのだから、レースレベルが低いわけがない。
 
 2着マイネルスフェーンは、終始中団のインに入って、直線もイン狙い。最後は割って伸びて上がり36秒0。レイデオロの35秒7につづく2位。全体の走破タイムは2分01秒5だから、負けたとはいえ立派なものである。
 
 青葉賞→日本ダービーは距離2400mも、高速上がりの左回りも合わずに凡走したが、今度は【0-1-2-0】と崩れていない中山と同じ右回りの中距離。ステイゴールド産駒向きの平坦に近いローカル戦でもあり、おそらくイン狙いに出ると思える同馬には絶好の枠を引いた。ライバルの多くは外を回って追い込んできそうな人馬が多い。ホープフルSの再現を狙いたい。体調は上々である。単・複主力に伏兵にも流したい。
 
▼CBC賞

 中京のCBC賞は、初ブリンカー装着のアクティブミノル[4]が狙える。中京は過去2戦、ファルコンS鼻差2着と、昨年の高松宮記念を1分07秒1でレコードと0秒4差の4着。コース適性は文句なしに高い。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ