本文へジャンプします。





コラム

柏木 集保
柏木 集保

日刊競馬 柏木集保の日曜メインレース展望

プロフィール・関連コンテンツ


2017年02月25日

中山記念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 もう良く知られるように、中山の1800mこそベストのスペシャリストの時代ではなくなりつつある。ヴィクトワールピサ、ジャスタウェイ、ドゥラメンテ、リアルスティールなどの歩んだ「中山記念→ドバイシリーズ」路線の重要なステップレースに変化している。と同時に、今年からGIに昇格した「大阪杯」の最重要な前哨戦にもなり、さらには香港のクイーンエリザベス二世Cを展望する馬にも、日程の合うステップレースでもある。
 
 前哨戦だからといって、ビッグレース前のひと叩きのレースでもない。結果を出さなければ、次の目標に進めない危険もある。長い歴史を持つ伝統の中山記念は、距離体系の変化と、もともと芝のこの距離にはGIレースが組まれていないことも関係し、中距離型にとってはG?の格付け以上に春シーズンの重要な1800mになりつつある。
 
 昨年のこのレースを追い込んでドゥラメンテの首差2着しているアンビシャス[7]から入りたい。GI競走【1-3-0-3】のリアルスティールには実績で少し見劣り、対戦成績も1勝2敗だが、今回はリアルスティールが57キロに対し、1キロ軽い56。リアルスティールが戸崎騎手のテン乗りになるのに対し、アンビシャス=ルメールのコンビは【3-2-0-0】。昨年先着しているこの中山記念なら、互角以上だろう。
 
 リアルスティールも、アンビシャスも、ネオリアリズムも、出走距離を1600〜2000mに絞って短縮しながら成功しているが、アンビシャスにはまだこれから距離の幅が進展する可能性がある。父ディープインパクトはそれこそさまざまな活躍馬を輩出しているが、アンビシャスの母方は欧州のタフな中距離〜長距離色が濃いファミリー。ここまでの最長出走距離は2200mだが、本物になると2400m級も平気でこなせる可能性がある。母の父はエルコンドルパサー。4代母にも、3代母にも凱旋門賞馬レインボウクウェストが一度ならず配されて、祖母カルニオラがレインボウクウェスト産駒なら、3代母カーニバルスピリットは、凱旋門賞馬ソーマレズ(父レインボウクウェスト)の半姉にあたるというややこし図式である。
 
 展開の読みは難しいが、先手を主張して不思議ないのが、内枠のネオリアリズム、マイネルミラノ。外のクリールカイザーもすでに8歳の春、いまさら下げても意味がない。思い切って気合を入れ、先手を主張するかもしれない。スローにはならず、1800mらしい平均ペースか。差すアンビシャスに不利はないと思える。
 
 ここ2戦はマイルのネオリアリズム(父ネオユニヴァース)は、1800mになって本来のしぶとさがフルに生きるだろう。馬券は、同馬をアンビシャスの相手筆頭にしたい。

@niftyオススメコンテンツ

日刊競馬A4ネット版

日刊競馬A4ネット版

あの専門紙「日刊競馬」のネット版。読み込むほどに味が出る専門紙。見やすい馬柱・調教はもちろん、時計以上に重要な調教解説穴の発掘に重宝する展開予想は必見。充実の紙面は文句無し!

もっと見る

バックナンバー


各レースの成績、払戻金などのデータは、必ず主催者発表のものでご確認ください。

JRAホームページ